映画まとめ 8月
●●●は最大3つ。
たまに★付ける。
だいたい50音順。
ネタバレあり。



●G-ORU(伏せ字)
前半一気に見れた。後半はウツ設定なうえに演出がツギハギでイマイチ。資料として見なきゃいけない映像をやっと見終わって一区切り。

●イレイザー
シュワの古いアクション。全てが予想通り。懐かしい。

●ウッドジョブ
邦画。題材は興味あるんだけど、演出と役者が酷すぎる。酷すぎる。

●グッバイレーニン
実は初めて見る。でも毎回寝ちゃう。面白そうなんだけど、本題に入る前に寝ちゃう。就寝前にベッドで見るから寝ちゃう。観たいのに寝ちゃう。

●幸せへのまわり道
パトリシア・クラークソンが中東オジサンと教習所。

●ジュラシックワールド
このシリーズは一本も観てない、興味ない。たまたま流れてたので観てたら、あまりにも酷くて最後まで見てしまった。この程度でヒットしてしまうのなら、映画業界が落ちぶれるのも当然だな。

●そんな彼なら捨てちゃえば?
ラブコメディ。男が真面目で、女がわがままで結婚にコダワリすぎ。っていうテーマ?

●ニック・オブ・タイム
ジョニー・デップの若い頃。犯罪巻き込まれ。編集がガタガタでテンポ悪い。30分で諦め。

●ビフォア・サンライズ
イーサン・ホークがイケメン役。トーク映画。

●ビフォア・サンセット
イーサン・ホークの後日談。前作と比べるとテーマがあいまいで見所ない。

●PK
インド映画でよく見るようになったアミール・カーンは生理的に嫌悪感を持っていた。今回PK観てて気がいつた、この人、Mr.ビーンが好きだったのかなって。演技も脚本も似てるし、嫌悪感まで同じ(笑)。あと役柄は嫌われ役だけど、実物はイイ男ってのも同じだな。

●ファンダンゴ
10回以上観てると思う。たいした映画じゃないんだけど、若いときにたまたまツボに入った。いい曲が使われてるのでサントラ探してるけど無くて、同じような事考えてる人が「自分で集めてサントラ作った」ってサイトを観ながら、久々に曲聞いた。この映画が好きなのは曲なのかも。エルトンジョンのCD買ったのもこの映画がキッカケだし。あと画も綺麗だな。学生のときにコレを「良い」と思った僕は意外とセンスいいな。ただ内容がタイトルどおり「馬鹿騒ぎ」なバカ内容なのでオススメはしない。

●マイ・プライベート・アイダホ
実は初めて観た。男二人は臭いがするくらいイイ男。でもストーリーは合わない。あ、シェイクスピアか、シェイクスピアは嫌いじゃないけど、僕には合わない。あとガス・ヴァン・サントも合いそうで合わない。リバーフェニックスは死んでしまったから伝説になるけど、もし生きてたら本作の評価も違ったのでは?合えばマイベストに入る作品なのに、なにもかも微妙に合わない。

●マーヴェリック
メルギブソンのポーカー。安定のドタバタ。

●ロレンツォのオイル
信頼できる友達からのオススメで。障害子供を家族愛で奇跡。実話ベース。なんだけど、家族愛っていうか、もともと研究者だからね。愛じゃなくて実力だね。

●17アゲイン
人生失敗した中年が17歳にタイムスリップ。まぁ予想通りで。30分で諦め。



●今月の「抱かれてもいい男」
アミール・カーン(インドの役者のほうね。イギリスのプロボクサーは別人)
リバー・フェニックス
パトリシア・クラークソン



by nopain-nogain | 2017-08-31 23:01 | 映像・音楽・本 | Comments(0)


<< 待ちぼうけ ウツ期を悪用してインスピレーシ... >>