ひらがな の べんきょう



アシスタントに経営面も含めた仕事を任せるにあたって、
引き継ぐのが「カタカナ」と「すうじ」と「アルファベット」。

例えば英数字にしても、ISO、JIS、ミルスペック、OCR、チェックライター
などなど様々な規格がある。その中から、仕事のジャンルによって
ベストチョイスしていく。

特に数字は、書いた人の職歴はもちろん性格や生き様までも
解ってしまう。達筆とかそういうことではない、書くこと読まれることの
意味をどれだけ考慮しているか。いくつの規格を理解して身に
つけているか。それを上手く使い分けているか。


d0002320_2029975.jpg
この辺は、規格に沿った描き方。
ただし古い知識なので、最新は変わってるかも。


d0002320_20291755.jpg
また、何度もコピーしても、何度もFAXしても、字が潰れない
ようにするといった「使われ方」も考慮しなければならない。
インクも紫外線に強いモノを。紙もそう。何十年たっても、
読めるように最善を尽くさなければならない。



d0002320_2029249.jpg
ま、僕も最近はほとんどパソコン入出力、
あまり字を書かなくなったので、下手になってる^^;
漢字なんて忘れまくりで、手書きじゃまともな文にならないw



・・・・・

僕は学生の頃、字が超下手だった~ぁ。

上手に書ける人が羨ましくて、でもどうやったら上手に
書けるのかサッパリわからなかった。

・・・・・

18歳の時にOCR(文字認識ソフト)のプログラムを組むことに
なったんだけど、当時は文字認識技術も発展途上だったので、
専用のOCRシートに「認識できるように数字を書く」という
めんどくさい方法しか取れなかった。

なので、必然的に数字をキレイに書けるようになった。
そこでやっと文字をキレイに書くコツをつかんだ。
プログラムも書くので、アルファベットはISOに習って
整って書けるようになった。

といっても
日本語は「ひらがな」からはじまって漢字なんて無限にあるし
そもそも日本語って論理的じゃない(規格化出来ない)ので、
それから十数年間はとにかく試行錯誤の繰り返し。

・・・・・

そんで、独立のために仕事を転々としてる時期に、
沢山の字体を身につけることが出来た。

アメリカ陸軍AH1S攻撃ヘリコプターの武装設計の仕事に
就いたときミリタリースペックの文字を習う。

小切手を任されたときに、チェックライターの独特な数字を習う。
商工会の社長さん達から、商売用の数字を。
製図の仕事でJIS文字を。等々

それでも日本語だけはなかなか整えられなかった。
アルファベットの美しい合理性にくらべて、
日本語のなんといい加減なことよ!しかも当て字だの
旧漢だのと、一生懸命練習すればするほど「日本語って
汚いなぁ」と八つ当たりしちゃう。よくない、よくない・・・

・・・・・

30歳くらいの時かな。職場の新人の女の子の字が非常に
合理的で読みやすくて書きやすくて、ビビッと来た。論理的にも
感性にも、これだ!と思った。それは日本語だけど、日本の
文字の描き方の常識を打ち破っていた。眼からウロコ。

それからその女の子に字を習いながら、ひたすら
トレースした。したした。今の字は、その字である。

その子がいなかったらあと何年何十年と、日本語文字が
理解できないというコンプレックスから脱出できなかったと
思うと、いくらお礼をしても足りないくらい勉強させてもらった。

日本語には、まだ不可解な字は沢山ある。なにしろ象形文字だから。
その上、書道なんていう感性の押し付け(僕の書道の先生はみんな
そうだった、単なる自己満足と押し付け)が「至上の美しさ」みたいな
風潮で凝り固まってるから、いわゆる「達筆」で書かれた手紙なんて
読めたモノではない。趣味の範囲にとどめて欲しい。

日本語の識字率を上げるより(ってゆうか、そういう意識さえ薄いが)
少しずつでも、でも早めに英語にシフトしていかないと、国際国家としては
先が暗いよね。と思う。

アジア圏の物価の安さ、勤勉さ、人の多さ、そして最近のネットや
パソコンを扱う能力の伸びをみていると、彼らはまだ自国の言語を
基調にしてるけど、彼ら英語を習いだしたら、あっと言う間に日本は
後進国になるとおもう。国外と取引してると、アジア圏のパワーを
スゴイ感じるよ。遊びも仕事も。


あ、でも文化としての日本語や古文?は正しく美しく、残して欲しいと思う。
それは価値あるモノなので、その分野の人たちに頑張ってもらいたい。
by nopain-nogain | 2008-06-29 20:45 | 落書き | Comments(7)
Commented by 41yuki at 2008-06-29 21:29
うぅむ、英語にシフトすべきだ、とまでは思いません(志賀直哉がフランス語を公用語にしろと言っていたときもありましたね)。けれども確かに、「読みやすい字」というのは大事です。わたしの属する業界でも、「読めない字」に起因するトラブルはあとを絶ちません。最近はパソコンが普及してきたのでかなり事態はマシになってきましたけれど・・・。
ミリタリースペック文字らしきものは、高校時代に留学していたころ身につけました。学校で強制されていた筆記体よりずっと読み間違いにくいではないか、と。以来その字体です。「字がきれい」とはついぞ言われませんけれど、「読みやすい」「読み間違えないタイプの字だ」とは常に言われます。そうか、ほめられていたのですね。コミュニケーションは、まず正しく伝えることから、ですから。
Commented by もち at 2008-06-29 21:58 x
●yukiさん、こんばんは。
英語化は、僕も海外取引する以前は理想論と思ってましたが、
市場や技術や熱意を目の当たりにすると、年金問題どころ
じゃないぞ、経済がひっくり返る、という危機感を感じました。

けど実際、PCやネットの普及で英字タイピングも当たり前に
なってるし、長い目で見て英語化は経済のタイミングの問題かなぁ。
もっとグローバルに国際標準語を考えると、フランス語なのかな?

うおっ!ミルスペックを知ってる人が身近にいるとは!
何の為に書くのかを考えると、誰が観ても読み間違えない、
というのがプライオリティになりますよね。

学校の勉強、ぬるい職場、は・・・思い出したくないや(笑)

Commented by 41yuki at 2008-06-29 22:21
難しいところですね。確かに、わたしのいる業界では、英語が読み書きできないと基本的に「話になりません」。最新の情報は常に英語で供給され、また、もし最新の情報を発信しようとしたら、英語で発信しないと、聴いてももらえません。日本ローカル、というのが、(まあ、業界的に、たとえば人種や文化を無視できない側面はあるとはいえ)どちらかというと悪口に聞こえてしまうようなそんな業界です。
中国などの同業者は、おそらく、方言が激しいせいもあるのでしょうが、職場では英語だと言っていました。ただ、職場内にも教養の差がありますから、職種によっては中国語で話しかける、と。対面接客業の側面が強いですから、日本語も磨かねばならず、難しいところです。
Commented by 41yuki at 2008-06-29 23:46
追記。一部の人に対しては(たとえこの業界に入ってきた=つまり高学歴の人)に対しても、英語はともかく確実な日本語を操れるようになってくれ、と思うことは、たまにあります。目先のトラブルとしては、やっぱり、確実に相手に届く日本語を、ですかね。わたし自身の課題でもありますが・・・。(文語をそのまま口語で使い相手に伝わらないトラブルをしばしば起こします。反省。)
Commented by もち at 2008-06-30 05:15 x
●yukiさん
僕の記事本文の最後の方は経済論になっちゃってますかね^^;

言語の話に戻ると・・・そうですか、まさにその業界の状況が聞けて
ラッキーです^^。海外は先だと思ってた自分の仕事でも「MOQ」を
知らなかったら「そんなことも知らないのか!ダメだなお前は!」と
叱られましたw。今や英語は最低限必修ですね。

yukiさんのいうとおり、英語や中国語以前に、まず日本語を
ちゃんとしろ・・・いや日本語以前にコミュを取る能力がない
大人(30歳以上なのに)が多いのがビックリです。名前を
呼ばれても返事できなかったり、イライラして八つ当たり口調に
なったり、他人の話を遮ったり、と。。。

パソコンが出来て当たり前、リストラで実力差も解るようになってきて、
これからは異国語に順応できる能力というのが重要になるでしょうね。
ま、その順応できる人か、出来ない人か、というのは結局は言語に
かぎらず、その人の全体的な能力とイコールになるから・・・え~と、
なんだ・・・
Commented by もち(つづき) at 2008-06-30 05:15 x

もし国際公用語が決まったとしても、順応出来る人はすでに話せるし、
順応できない人は先細りの日本語圏内に追いやられる結果になるが、
その人たちは技術的にも経済的にも影響力が少ないから、言語は
あまり関係ないってことになるか・・・??

何にせよ、僕は日本語、英語、中国語、韓国語、フランス、ドイツ、
エスパニョールあたりのリアル商業会話は必修なので、人の心配
してるヒマがあったら勉強せねばw

しかし、まとまり無い文だねぇw

Commented by もち(つづき) at 2008-06-30 05:46 x
ちなみに、ウチの商売では・・・日本語OnlyのHPの時点で
諸国からの注文&問い合わせが多く、メールで返答するのも
手間になってきたので、英語HPを作成。現在に至る、です。

なので流れを観ると言語は関係なく、作り手の意志は伝わって
ますね。特にウチは映像のお仕事だから、そうなりますね。

どこの国の人でもほとんどが英語メールで来るので、結局は
経済を動かしてるのは英語コミュ、なのは実感する事実です。

次は韓国語HP作りたい~。時間ない~。だれか~w



<< アニメ=ゲド戦記 つり PLEIN SOLEIL >>