<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
江ノ島 とんび







d0002320_9424594.jpg



d0002320_9425688.jpg



d0002320_943295.jpg
拡大します


d0002320_94371.jpg

by nopain-nogain | 2009-10-31 12:00 | お出かけ | Comments(0)
新宿 ゴッホとかポールとか


このビルはね~、小学生のときか、もっと小さいときかもしれない。
幼い頃の僕にとって、東京の高層ビルといえばこのビルが真っ先に
うかびます。いやいまでもそうです、これはサンシャインとかよりも
なにか僕に印象深いものがあるんです。

d0002320_1636194.jpg

そのビルに、大人になって積極的な意味で入るのですから
田舎出身者にとってはそれだけでも感慨深いモノです。



d0002320_1636878.jpg

有名な「ひまわり」など。
版権とかありそうなので小さめに。

・・・・・

たくさんのアーティストの油絵が主体の展示会でした。
こうした作家さんたちの歴史や年表や○○派、とかにはあまり詳しくないのですが

おそらく同時代の、レアリズム(?)が主流になっていた頃の作品群なのでは
ないかと感じました。全体的に風景画が多く、作風も似ているので
作家の独自性とゆうのはあまり感じなかったです。あ、絵の具とかも
その時代の流行とか品質があるからねぇ。

こういう時期の作家サン(作品)は、習作なのでしょうか。それとも
個のアートなのか、生活のために描いていたのか。それによっても
絵の見方は変わってきます、僕の場合。

創作活動を人生のどこに置くかで、
作品の意味も変わってくるだろうから、興味が湧いた作家さんの
一生などを勉強したくなるのですが、たいてい、知恵熱を出して、
しばらく眠れなくなってしまうので、そういう勉強はできるだけ控えるように
してます。

ちなみに
いちばん気に入った絵は、夜景に灯りがともってる港の風景画、でした
作家サンの名前は・・・アルベルト・バールツンです(←丸写し)。




d0002320_16361478.jpg

東京ですねぇ。。。

僕がここに立って、東京を見下ろしているのは、たまたま高層階にあった
美術展の、ただの一人のお客さんにすぎないんだけど、


もし向上心と野心と、それを実現させようとする努力がなかったら、いまでも栃木の田舎で、
漠然と都会に憧れながら下請け工場とかでグチグチ言いながら働いて、スナックで飲んで、
門限を気にして帰る。そんな生活をしていたかもしれない。同級生たちを見ても、
田舎特有の地付き感覚から離れられない人は、どうしてもそうなってしまいます。

それが今は、ゴッホ達と比べるモノでもないけど、でも僕が創ったモノを買ってくれる人がいて
それだけで生活していける。こんな立派なオフィスじゃないけど、いやむしろ6畳一間の作業場に
世界中からオーダーが来るのだから、これは醍醐味のある仕事なのです。このことは
大いに自慢できると思ってます。

人の人生は、何通りもあると考えます。常日頃の努力も大切なのですが、その努力や
悩みが間違った方向に向かっていたら、いくら頑張っても人生にしっくり来ないでしょう。

いちばん大切なのは、ある岐路に立ったときの、そのときの決断力です。これさえ正しければ
遅かれ速かれ、ゴールには向かっているのですから、人生の手応えというものが確実に
感じられます。

もしある程度の年齢になっても、自分の人生観が掴めない人がいたら(あ、たくさん
いると想いますが)こう考えてみてください。「あのとき、あっちを選択していたら・・・」と
後悔することがあると想いますが、そういう選択のチャンスは、じつは毎日の中に
チャンスがあると思ってください。たった今の決断で、何年後の自分の人生が
豊かな人生にもなれるし、相変わらず何をやってるのか解らない人生にもなれる。
そういう二つの人生を想像して、どちらがいいのかは言うまでもないので、あとは
決断です。今、悩んでることを、終わらせる決断。


たとえば今日の僕だって、ほんとは家でウジウジと悩んでいた一日なのですから。
それを「ガッ」と出掛けて、展示会を見て、東京を見下ろして偉くなった気分になって
やる気が出てしまうんです、単純だけど。ウジウジブログよりも、
こうして啓蒙(説教?)ブログしてる方が楽しいし、よかったです。


だから僕は、頑張ってるけど方向性が間違ってる人には、ちょっとヒントを与えたり
必要があれば僕の人生の一部分を使ってサポートしたりすることで、その人が
輝き(僕が与えるんじゃなくて、もともとその人が持ってる輝き)を見いだすことが
あるので、そういう役には立ちたいな、と。
by nopain-nogain | 2009-10-29 17:21 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
美術館と 渋谷リベンジ


今日はこれからすぐに、業務提携してるST氏と
打ち合わせです。いつもなら夜で、かるく飲みながら・・・
なんだけど、今日はまぁ案件が難しめなので普通に
ブリーフィング。

それが終わったら東京へ、美術館に行ってきます。
あ、今日行く美術館は前日の、個展の人の展示会ではありません。
天気がいいから出掛ける、まだどことも決めてない
気ままなギャラリアンです。

家にいて落ち込んでるのも必要かと想うけど、
希少な時間、また新たな刺激をうけてこよう。
たまにガッカリすることもあるけどね^^;

そして、まだ確定ではないけど、前回なんとなく渋谷の食事に
敗北感があったので(笑)、今日は2ランクくらい上の店を
狙って生きたいと想います。変な所で気合い入れてます(笑)

気分が良ければ、そのまま夜通しフラフラしてくる。

夜の町は、ちょっと荒れた雰囲気もあるけど、変なテンションとか
空威張りする元気もなくなり、建前やカッコよりもその人の素の人間性が
感じられて、遊び慣れてる風でも終電やタクシーを待つ人達を見ながら、
僕は帰らなくてもイイ人間なんだと、少しほろ酔いでスタスタと歩き抜ける。
そんな雰囲気が好きなんです。



ほいじゃ、僕の今日一日に栄光あれ!




※実は、無理やりテンションあげてるんだけど、解りますか??

by nopain-nogain | 2009-10-29 13:10 | お出かけ | Comments(4)
今は本音 25-587


この夏と秋、仕事が忙しかったんだけど
その間にも人間関係も実は忙しかった。
良かったこともあったし、哀しいこともあったし
いまだ解決しないでモンモンとしてる事もある。

悩みにはまったり、落ち込みそうなときでも今だけはとにかく
創作を進める、進めたい。そのために5月ころから
ずっとずーっと、自分を奮い立たせるための書き込みや
それらの実行をしてきた。きつかったけど、その仕事は
自分で決めたモノだからそれは納得してる。

・・・・・

んで、一段落してノンビリできるかと思ったら
それら色々な気疲れが一気に出てきた。

僕はポジティブ思考なので普段は感情は
抑えられるんだけど、だから昔の職場では
「精密マシン」とか「ロボットみたい」と言われたけど
決して感情がないんじゃなくて、理性でコントロールしてる
だけ。やっぱり辛いモノは辛いです、普通に。

で、そういう抑えられた感情はいくらかは忘れ去られてる
みたいだけど基本的には心に溜まっているようだ。
ちょっと気をゆるむと一気に出てくるから、
あぁ溜まっていたんだな。と改めて気付く。

もう39歳だし責任ある立場だから、今の沈んだ気持ちだって
またさらにコントロールしていかなければならない。
この場合のコントロールは抑える事じゃなくて、
解放することかな。人と話したりすると良いんだけど
あいにく、友達いないからなぁ。


さいわい昼前、イイ天気なのでちょっと出掛けるか。
自転車か、電車で買い物でも。その前にメールチェックしておこう。
返事を書いて送信・・・送信・・・エラー。あれ?エラー。

ダメだ!送信できないぞ!

試しに幾つかのメアド、いくつかのSMTPサーバで
送ってみるけど、全部だめ。でもPOPは生きてる。受信はできる。

こんな時のためのサブPCだが、やはり受信はできても
送信できない。そんなことあるのか??

サーッと血の気が引いていきます。
ヤバイです、このタイミングでネットトラブルはやばいんです。

なぜなら僕のPCトラブルはいつも旅行の直前とか、
大晦日とか、落ち込んでるときとか、そういう悪いタイミングで
エラーになることが多くて、すごくトラウマなんです。
黒くていやな想い出が・・・

やっっと長い仕事から解放されたのに・・・



・・・・・

そういえば昨日、光回線の工事があったんだ。
ルータにリセットがかかってるかも知れない。それが原因かも。
そうでもなければ幾つかのサーバやサブPCまでもが全部ダメなんて
ことはないんだから。

しかしルータのリセットで設定が変わる、といっても
ルーターはだいぶ古い情報も保持してるその機構上、
実はずっと前に発生したトラブルでも、ルータが古い情報を使っていた
ために正常に作動していて、リセットのタイミングで古いトラブルが発病する、
ていう事が多いんです。過去にも何度かあります。だからトラブルを探ると
しても、ついさっきなのか何ヶ月前なのかも解らない。

またゾッとします。

ただ、今回救いなのは連休とか深夜じゃないので
必要があればサポートに電話が可能ということ。
待たされるのは必須だけど(笑)繋がればこちらも
素人じゃないから何とかなる。そのまえに・・・


ネットは繋がっているので(これも非常に幸い)
原因究明にあたります。不安で一杯です。

ここでお客さん、しかも経営コンサルを担当してるお客さんから電話が。
そのひとはあまりパソコンできないので、電話で聞いて、
書類をまとめてメールで送る、という手順なのですが、
メール送れないんです、今。あわあわ・・・なんちゅうタイミングで(汗)

・・・・・

数年前、まだこちらが発信主体だったころ、つまりお客さんから過度に期待されて
いない頃、ネットがトラブルだからついでに休んじゃえ、ってときがあった。
それが許された時代もあったけど、今は、お客さんのお店立ち上げに関わっている
時なので、もちろん自分の通販だって24H動いてるので、一刻も早く、大至急です。

治るまで寝れません。


さらにネットで調べます。
どうやら送信ポートが原因のようだ。

おそらく最近のタイミングで、IPS(かな?)が
迷惑メール防止のために、いままで使っていたポート25に
制限をかけた模様。それが原因で送信できないときはポートを587に
すると送信できるかも・・・って、なんだそのいい加減な設定は。

やってみたんだけど、まだ改善されず・・・
そのあともいくつかのトラブルシューティングを試行しました。

そのうち、どれかとどれかの組合せで解決したらしく、ダダダーッと
送信メールが、プロトコルに処理され、パケが、LANケーブルの中を
勢いよく伝わっていくのが見えました。

窮地を脱しました。
全米が泣いた。

・・・・・

疲れた。

けど、終わった。



外に出る元気?あるかな・・・つかもう夕焼け。

お腹減った。疲れと、安堵感。

そして孤独。


これが会社なら、みんなで調査とか、専門のサポートを呼んだりとか
治ったらみんなで拍手とか、するんだろうか。うん、やってたな。

こいういうこと、人に話したらすこし楽になるんだけども、いつも
「自営は楽で良いね」「モッチーは何でも出来るね」
と言われてしまう。僕のやってることは、そんなに楽だろうか?


忙しさも、自由さも、技術も、そこまでの積み重ねとか苦労は理解してもらえない。
すっかり、自分のことは話せなくなっちゃったよ。聞き役ばかりで。



今日は、孤独だなぁ。



・・・・・


コンサルの方への資料も届き、Okの電話を頂く。

ホッとすした。
by nopain-nogain | 2009-10-28 16:53 | 徒然(つれづれ) | Comments(2)
終わったのだよ♪


慣れない作風で、苦労した結果です。


お客さんは理解してくださっている。
だからお客さんになってくれるのだ、
そして決して安くない金額でも喜んでいただける。


d0002320_16292898.jpg



この依頼主、おなじ作品を、以前に別の人に作ってもらったところ
かなり粗悪品だったらしく精神的に落ち込んでいました。

オーダーでは「最低限、これくらいで・・・」という弱い要望だったけど
僕としては「よーく見ておけ!モノってのは、こうやってつくるんだよ!!」
くらいの意気込みで創りました。もちろん前言は自分の中の絶叫です。

悩み苦しんだぶん、勉強にったことも多く、新たな技術や商品も
開発できた。達成感もある。まだまだだな、と思うこともある。



ともかく、お互いに感謝です。
by nopain-nogain | 2009-10-28 16:30 | ライフワーク | Comments(0)
好きな人の個展に行きます。



美術館に行くときは、たいていこんなキッカケです。

「天気が良い」
「ロマンスカーに乗りたい」
「モチベーションを上げたい」
「美味しい物を食べたい、その前座」
「待ち合わせの時間つぶし」
「仕事をさぼりたい」

だからその時に開催してる中から、きままに選んで
ギャラリーしてくるのです。またそれにはもう一つの、
目的を消すための目的、があります。

特定の、好きな人の個展や強烈に個性を感じる人の個展は
あまり見ないようにしてます。どういうことかといいますと、
とても簡単な理由で、僕の作家活動に影響が出てしまうからです。



でも、来週行くギャラリーは特定の人の個展で、
予定も時間も比較的しっかり決めて行きます(※1)



それは、ずっと好きな作家でもなく、特別技術があるわけでもなく(※2)
たぶんほとんどごく最近に出逢った作品で、寝る前とかに読むと
とても安らぐし何度も読めばどんどん引きこまれる。そして寝れる。

たまたまその本を貸してもらって、
たまたま別のギャラリーをみてたらその人の個展があることを知って、
たまたまその個展にはご本人がいらっしゃる。(これは珍しい)
たまたま作画のデモンストレーションをやる。

今回のは、すべてはタイミングだと思います。
いま、いちばんの楽しみです。


※1
もう、すでに影響されています。スゴイ人の影響力はスゴイです。
またそれに影響されちゃってる僕は、まだまだ凄くない人なのでしょう。


※2
技術はもちろん一流です。普通の絵も描かれます。
ただそれよりも別の所に魅力があるということです。
by nopain-nogain | 2009-10-28 03:48 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
若者へ 啓蒙を


未熟な頃は、ケチだった。それはそうだ。差し出すモノもなかったのだから。
しかし今は、自分の得た知識を出し惜しみしてる場合ではない。

それどころか習得したときの何倍くらいの速さで発信していかないと、
若者達に伝達できないだろう。それを望んでる人達がいるのだから。

あと何年、長くて40年くらい?どれくらい生きられるかわからない
残りの人生で。執筆をやりたいという気持ちの原点はここにある。

せっかく得た知識や経験を、脳にしまったまま死んでいくのは
モッタイナイと思うのである。



反面、正しい情報を発信しなきゃいけないからチェックのために
周辺考察も勉強する。それをやってるとまた出すよりも入れる方が
多くなる。という、パラドックス。
by nopain-nogain | 2009-10-27 19:27 | ライフワーク | Comments(0)
人はひとりでは生きられない


お仕事に一息する時間ができて、でも一人では落ち着かなくて
友人とたわいもない話をして、そこでホッとし、やっと気がゆるむ。

どんなに自立だ引きこもりだといっても、やっぱり人とのコミュは
絶対にかかせない。そして僕のコミュが絶対足りなすぎることを
解ってくれてる人は、とくにありがたい話し相手になってくれる。

感謝。


・・・・・

ふだん、このブログで威勢を張ってるのは自分へのプレッシャーと
有言実行の責任を確定させるためであって、自分だけの縛りなのです。

なのでときどき、僕と付き合うには、僕の取り憑かれたような
寝ずに食べずにキリキリしたペースに合わせないといけない。
と思ってしまう人がいるのですが、それは誤解です。


友達とか嫁さんには、本当はその合間の息抜きこそ必要だということは
解ってもらえたら嬉しいなと思ってる。働くのは僕で、ノンビリは二人で。

話をするだけで、いてくれるだけで助かるのです。
そこはちゃんと伝えていった方がよさそうだよね。
by nopain-nogain | 2009-10-27 18:27 | 心理学 | Comments(0)
久しぶりに醤油を買う



あまり自炊しなくなってたので
調味料も減らないどころか
気が付けば賞味期限が切れてたり。


一時期は醤油の味比べをして遊んでたことも
あったなぁ。意外と、100円ショップのヒゲタの醤油の
香りが良かったりして。


d0002320_3285078.jpg


で、ひさびさに興味をそそる醤油をみつけたので
買ってみた。酸化しない構造、今の僕の生活には
ちょうど良いかも。
by nopain-nogain | 2009-10-22 03:29 | 飲む食べる | Comments(0)
ビリヤード女


ビリヤードに行くときは、

・本気でアドレナリンを出したいとき。プロと対戦したり。
・ほどんど座ってボーッとしてる。満喫の漫画を読みながらとか。

の2パターンがあります。

・・・・・

その日は後者でした。満喫のビリヤード場で
ピラフを食べたり、フリードリンクのマンゴージュースを
飲みまくったり(とても美味しい)、漫画を読んだり
物思いにふけったり、ついでに玉を撞いたりしてました。

そしたら一人の女性が入店してきました。
一人でビリヤードの練習なのでしょう。

基本も出来ていて、いい音で球を入れるので
きっと上手な(かつ厳しい)師匠に教わっているんだろうな、
とか妄想してました。

・・・・・

良い時間になったので僕は退店して、帰りにマルエツで買い物を
してました。お魚のコーナーをみてたら、偶然、さっきのビリの人が隣に
いたのでビックリ。知らないフリをするのもかえって不自然な感じだったので
「さっきビリヤード場で一緒でしたね」と声をかけたら、間近で顔を見たら、
なんと自分の教え子さんでした(笑)

数年ぶりだったし、まさかね、おたがい気が付かなかったのですが
なんかそれが可笑しくて二人で大笑いでした。

・・・・・

しかしとても嬉しかったですね。教えていた当時から確実に上達してたことが。
もともと上達はノンビリの子だったので、この数年も地道に真面目に練習していた
ことが想像できます。僕の知らない所でw何年も練習を続けていたそういう真面目さが
とても嬉しいです。


d0002320_3431795.jpg




「きっと良い師匠がいるな・・・」と本気で思っていたので、
それが自分だったというのも、それだけ一生懸命教えていたんだなと
過去の自分の頑張りに誇りを持つことが出来ました。


どんなことでも
頑張りとか努力っていうのは、すぐに効果がでるものではなく
こうして何年もたってから成果が実るモノだと思います。
by nopain-nogain | 2009-10-21 22:34 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)