<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
帰省=おとうさんの残留思念




MRIとかCTの写真を見せてもらうと、右の脳が酷く腫れ上がっていた。
そういう写真は何度か観た経験があるのだけれど、お父さんのは
またずいぶん派手に腫れている。よく、これで生きてるなぁ。というほど。

意識が混沌としてるようで自分が入院してることに気が付いておらず、
大抵は自宅にいるような朦朧とした様相をみせている。

「タバコはどこだ」とか「酒」「ハラヘッタ」とか「冷てえ水をくんろ」とか
(お父さんは昔から仕事が終わると冷たい水を飲んでいた)
そういった酒、タバコのことが無意識に出てくるのはお父さんらしいと思う。



・・・・・


もう少し酷い状態のときは、ほとんどしゃべることができなかったのだけど
なにか言いたいそぶりだったので、筆談でやりとりしていた。もちろん字も
まともに書けない状態だけど、妹と僕とで悪戦苦闘しながらなんとかコミュを計っていた。

その夜、深夜、静岡から親戚一同が到着する
お父さんの妹とその旦那さん一家だ。

するとどうだ。さっきまでマトモに発音出来なかったのに
いきなりシッカリ会話してるではないか。
そうなのだ。お父さんは親分肌で、妹家族には見栄っ張りなのだ。
強がりな冗談も言ったりして、僕と妹はあっけにとられた。

もうすっかり健常者のように会話をしてるお父さんを観て、まさに「病は気から」そのもの。
妹にこっそりと「俺たち、ずいぶん手抜きされてたな(笑)」と冗談を言ってみた。
またそれは、実の子供ということで甘えもあったんだろうなと、想う。



・・・・・

だんだんと回復してくるとワガママ要求も多くなり、自由が効かない身体に
ちょっと興奮することもあるのだけど、ワガママも僕たちがいるときだけ。
独りにさせて遠くから見守っていると大人しくしてる。甘えてるんだな、それはよくわかる。
十数年、逢っていなかったけれど、そう言う所は昔からそうだったから。

できれは一緒にいてあげたいとも想うが、僕らがいればそうやって元気なフリをしたり
興奮してしまうので、もうすこし安定するまでは独りにさせて休ませた方がいいな、と
判断した。ある程度落ち着いたら面会を終わることにしていた。


・・・・・


そんな風に、脳の損傷なのだから支離滅裂なことになっても軽く受け流すことができて
僕の精神的負担はすくなかったのだけど、一つだけ、心を締め付けられることがあった。


「指輪がない」と騒ぎ出したのである。


指輪とは、結婚指輪のことである。治療や検査のために、指輪は外されていたのだ。
「指輪を落とした」と何度も何度もくり返す。「酒・タバコ」の時と違って、外に向けられた
ワガママ要求ではなく、独り言のように心配そうに「指輪はこの辺にあるはず・・・」と繰り返し
つぶやく。

そしてシーツを丁寧に丁寧にまさぐり、指輪を探す。本当に丁寧に、シーツのシワを
一つ伸ばしては、また次のシワを伸ばして探す。はじからはじまで探しても見つからなくて
また最初から探し始める。こればかりは、僕たちがいなくなっても黙々と延々と
探す動作をしていた。

お母さんが死んだのはもう15年以上前のこと。


意識朦朧としているからこそ、指輪を無くしたと思って必死に探す仕草を観ていると
それは混じりっけなしの、本心から大切にしてるモノなんだな、と感じた。

こればかりはどうにもならないとは判っていても、遠くからしばらく見守っていた。
なんだかとてもいたたまれない気持ちになった。指輪を探す仕草が、あまりにも
丁寧で念入りだったから。
by nopain-nogain | 2010-06-30 05:38 | 家族・親友 | Comments(0)
動画製作


久しぶりに動画を制作していて想った。

映像の歴史や原則を勉強していたわりには
実際に動画を創っていない期間が長かったから
好き勝手に創っていた昔と違って、
やるべき事が沢山あって大変難しく感じた。

d0002320_23263984.jpg

物事は、真剣に、努力すればするほど
自分に厳しくなっていく。何事も、楽になっていく
趣味など僕には向いていないらしい。


難しいけれど楽しいのでずっと編集をしていたら
たぶん眼が疲れて手でこすっていたのだろう。とうとう
ピキッという感じがして目尻の皮膚が切れてしまった。

そんでまるで血の涙のようになった。

またやりすぎてしまったかな、と思う。
映像作りは楽しいけど、時間とかお金とか色々と
相当に消費するので、たまに数分の動画を創るくらいで
満足するようにしよう。



眼の負傷は、一晩寝たら治った。
by nopain-nogain | 2010-06-27 23:35 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
帰省=移動編


16日水曜日の深夜、妹から連絡があって
お父さんの様子がおかしいとのこと。
状態を相談しながら救急車。入院。

少し前に軽い脳梗塞をやっているから
そろそろかな、という感はあった。

d0002320_20125960.jpg


一晩連絡を待った翌日、落ち着いているとのことだけど
天気もイイので田舎に向かうことにした。まぁ雨でも
出掛けたと想うけど。にしても状況にそぐわない猛暑。



d0002320_2013526.jpg

もともとね~

自由な食生活、酒豪、咳ゴミながらもタバコ。
とゆう好き放題の人生なのだからまだ酒が飲めるのが
不思議なくらい。

実際、おとうさんの飲み友たちで生きているのは
早乙女さんとお父さんの二人だけ。もっと健康そうだった
人達はみんな亡くなっている。みんな酒量すごかったもんな。



d0002320_20131215.jpg

移動中に連絡があって、容態が急変。
強い痙攣のあと意識不明。

あ、間に合わないのか?



d0002320_20131821.jpg

初めてのグリーン車。

グリーン料金を払っても、自由席は早い者勝ちという
僕にはちょっと使いづらいなグリーン車は。
確実に座れるという安心感がほしいのに。

でも、空いていたので2階の窓側に座れた。



d0002320_20132462.jpg

道楽お父さんの借金は、僕の20代をとても苦しい人生にした。

おかげで金融業界で揉まれ、法務も実務も身に付いた。
世の中の表も裏も金になる事はなんでもやった。

結果、強烈で様々な経験値とスキルを手に入れた。
挫折しなかったのは最大の親孝行だと想ってる。

しかしそれがアダとなって
いまだに嫁さんのイメージもつかめない。


・・・・・

容態は落ち着いてちょっと話も出来た。


d0002320_20133010.jpg

帰りは初めて、沼津直行ロマンスカー「あさぎり」に乗った。
ついでにまたグリーン車にしてみた。グリーン車の指定席。
これはイイね。席もゆったりしてて。

昔は田舎に帰るときは5時間くらいかかったのに
今は2時間ちょっと。便利になったモノだ。


・・・・・

おとうさんは、自由な人生を送った。

僕は辛酸な人生だった。何度も死期があったけど
なんとか生き残り、今は充実してる。

お父さんが死んでも、または自分が死んでも
悔いはないな。よく生きたと思ってる。


生きてるときにちゃんとしていれば、死は恐くない。





・・・ただ今の悩みは、
アジサイ旅行、今年はタイミング的にやめておこうかな。
ってところかな。
by nopain-nogain | 2010-06-21 20:48 | 家族・親友 | Comments(3)
帰省-病院編


この週末は急用で、18年ぶりくらいに帰省した。


いろいろあって、受付の人から渡された書類なのだけど・・・
(入院は僕ではないよ)

d0002320_0123663.jpg

この字を観たとき、悲しいやら、不安やら。
左下だって、書き損じでもないのに読めないし。

この人、責任感も自覚も、他人思い遣る気持ちもないんだろうね。
さらには管理体制も整ってないよね。なぜこんなのが就職できるのよ。


命を預ける病院なのに、ね。


・・・・・

僕だって学生時代は字が下手だった。
でも社会人になって一生懸命練習したよ。
1文字間違えれば多くの人に迷惑かけるもの。

できることなら僕が
字を教えてあげれば改善もするのだろうけど
それにしては世の中は広すぎる。

自分の無力に腹が立つ。
あぁ、やるせない。悲しい。



だから僕は、自分のできることをコツコツと
それで世の中を少しでも良くしていきたいと想う。
39才にして、そういうステージを手に入れられたことは
とても幸せだと想ってる。
by nopain-nogain | 2010-06-21 00:19 | 家族・親友 | Comments(4)
アーリーランドスケープ・朝景色


明け方

郵便物を出そうと想ってドアを開けたら、鳥肌が立つくらい
すばらしい景色だったので、カメラを取りに戻って撮影。



d0002320_4365865.jpg
<超拡大します>



すばらしかった。



でも最近、もっと解像度が欲しいと想うことが多い。
一眼ほしいなぁ。
by nopain-nogain | 2010-06-15 04:38 | 徒然(つれづれ) | Comments(4)
魚系 初体験たくさん



どうも最近は、魚を食べるとリラックスできるよう。いや
もっと単純に「刺身食べたい」と思うときが多いので
そのまま刺身の頻度が異常に多い。

それで、最近「初めて食べたよ!」とか「めったに食べれない」という
モノをメモしておこうと想った。



■こち
白身の魚。切り身はふっくらとしてて、生タコみたいな感じ。
食感は、歯ごたえはちょっとコリコリ、でも舌触りは生ダコみたいに
ねっとりとまとわりつく感じ。白身にしては味・脂・食感ともに濃厚かな。

メゴチは10~20cmくらい。小さいのは揚げ物、大きいのは刺身。
マゴチは40cmくらい。主に刺身。今日食べたのは、マゴチ。
砂に潜る魚。見た目はあまり良くないとか(笑)

コチを頼んだら、となりのおじさんに「どこの出身?コチを頼むなんて通だね」と
言われた。そういうのは解らないけど、このおじさん魚系の仕事をしてるので
信頼できるし、コチってそういうものなんだろうなぁ、と勉強になった。

上記のコチのうんちくは、そのおじさんに教えてもらった。
そういうコミュは楽しくて心地よい。



■ぎばさ
たぶん、黒い海草のようなものだった想う。軍艦だったと想う。
写真を撮らなかったので、うろ覚え。まぁなんとなく、ちょっと一息に
食べる感じかな。



■名前わすれた
子持ち昆布に似た、子持ちの海草。軍艦。
上のギバサと似たような感じ。



■ヒラメ
いままでも食べたことあるけど、今回のヒラメは格別に美味しかった。
身が大きくて味もしっかり。さっぱり、コリコリ系。

そんで、なにかちょっと味に関して良い特徴があったんだけど・・・
すぐにメモでもしないと、忘れちゃうね~(汗)。



■えんがわ
過去、寿司屋でエンガワばっかり食べる人を良く見かけるのでどんなに美味しいのかと
おもって食べてみたけど、さっぱり。いろんな所で食べてみたけど、さっぱり。

で、上記のヒラメ刺しを食べていたら、急に脂の乗った更にコリコリの強い
一切れがあって「お!もしかしてこれが本物のエンガワか?」と想って聞いてみたら
やはりそうで、サービスでエンガワを入れてくれたのだった。

やっと、本物のエンガワに出会うことが出来ました。うん。これは美味しい。感謝。
ヒラメのエンガワはほんの少ししか取れないとのこと。世に出回っている、
つまり今までボクが食べてきたエンガワは、ニセ物のエンガワだそうで。
うん、ぜんぜん別物だもの。



■あいなめ
白身の魚だったとおもう。写真も撮らなかったので・・・忘れてしまった。
でもこの日は全部美味しかったので、アイナメも美味しかったはず。


■だるままぐろ
マグロの赤身。さっぱりしてる。赤身で、とろける感じ。
特に特徴はないけど、さっぱりしたいときにはちょうど良い。
っつっても、めったに食べれないんじゃないかな?



■マグロのたまご
煮付けかな。サービスで頂いた。
これも美味しかったです。


■うまはぎ、と、キモ
うまはぎは白身でとっても淡泊。これを濃厚苦いキモに漬けて
食べると、イイオツマミになる~


■バフン・ウニ
バフンは馬糞なのか??(笑)
濃厚で美味しかった。本物のウニは濃いから、少量で充分だね。


■ひらまさ
ブリの仲間、だったかな?けっこう高級なんですよ、と。
白身でさっぱりした感じだった。


■カレイの煮付け
煮込みの美味しい店だったので、めずらしく煮付けを頼んだ。
カレイの丸々一匹、しかもデカイ!っても、美味しくて
全然飽きない。完食したうえに、煮汁も美味しかった。



■以下は最近の定番
いさき
めばち
かんぱち
ぶり
はまち
サーモン
中トロ
大トロ
いくら
ウニ


d0002320_7332444.jpg




■番外
最近のメインの「大将のみせ」は、漁業経験者のお客さんも多い。
本職の人達が魚のことで盛り上がると、とてもマニアック(笑)。
今日は魚の鮮度の見分け方とか、捌き方の話しを聞かせてもらった。

それが「どの部分にこの角度で包丁を入れて・・・」っていう説明を、
人間の身体を使って説明するものだから、なんか生々しくてw
でも分かりやすくてとっても面白かった。

マグロの解体、上手な人は「中おち」がまったく出ないんだって。
by nopain-nogain | 2010-06-13 07:31 | 飲む食べる | Comments(0)
引き籠もりの悩み 平和島



たまに気の合う友達と会っても、1時間もしないうちにノドがいたくなる。
もっと話したいのに。でも聞き役も楽しいので・・・と思っても
相づちの「うん、うん」ってのはけっこうノドに負担がかかるらしく
「うん」を発声するのも辛くなってくると、その場と、その後も1日くらい
ノドの弱さに悩まされる。酷いときは熱がでる。


いろいろ安定してきたら独り呑みに行かなくなって
一週間のうち6日くらいは、まったく会話をしない生活リズムが原因。
パソコン講師とかビリのインストのときは1日中しゃべっていても
平気なくらい鍛えられたのに。



日々の生活にもっと会話を入れたいのだけれど、どうすればいい?



・・・・・


と言うわけで、できるだけ外に出るようにしてる。
たいてい単独行動だから会話ないけどね。

JR京浜東北線、初めて乗る。
下車駅も適当に選んで、平和島のあたり公園が多いのでこの辺に決定。




d0002320_134048.jpg
ヤの人のお付きの運転手をしてたときに来たことがある。
一緒に競艇をやった想い出とか。



d0002320_1341077.jpg
品川区民公園のネコ。



d0002320_1341812.jpg
代々木でイイ店を見つけた。


d0002320_1342650.jpg
火を通した料理がとても美味しい。
それに素材も良い。


d0002320_1343227.jpg
ハシでつまんだままどうやってもシャリが崩れないのは、
職人さんの握りが上手だからだろうか。


ここは安いし、雰囲気もいい。
やっと都心で、通える店発見。
by nopain-nogain | 2010-06-09 01:41 | 飲む食べる | Comments(2)
プチ旅行 Okinoshima


いつもの、思いつき無計画旅行の実施。



とりあえず新宿駅・・・は飽きたので、今回は東京駅に降り立つ。
ここから先は、もう適当に目に付いた所に行く、という感じで。
それにしてもやはり東京駅は、選択肢が広い。多すぎる。


d0002320_8391914.jpg
スタートが遅いから、到着する頃には夕暮れ。

これから宿探し。温泉であること。条件はそれだけ。
ま、公園で野宿でもイイのだから、そういう心に余裕があると、楽だね。
電話して2軒目、電話対応の好感触で早々に決めた。

宿が決まったので夜ごはんを探して、寿司屋。
かなり美味かった。かなり安かった。

・・・・・

ホテルは、部屋をあけたらビックリの広さ。
和室10畳+洋室はセミダブル・ツイン。トイレ、温泉付。さらに庭付。
それぞれの部家に新品大型液晶テレビが2台。お値段は7000円だぜ?
たぶん空き室が多かったからイイ部屋に入れてくれたんだと想う。

とにかくラッキー、ありがとう。


そんなこんなで興奮してたのか。
深い時間まで寝れなかった。テレビも面白い番組もなくザッピングしてたら
ジーンハックマンの映画が始まるので期待して観てたら脚本ハズレすぎて
むしろ笑えた。


朝、起きたこの景色には一発で目が覚めた。
・・・というか、眼が焼けた。
d0002320_839251.jpg
<<拡大します>>


・・・・・

朝食は、今日は体力を使いそうだったので肉を食べた。
本日の移動は電車、タクシー、レンタカーかどれでも良さそうだったが
天気良く風も適度なので自転車を借りる。

街を散策しながら、海岸線、突堤、そして無人島へ。
っつても、地元の釣り人や家族連れもたくさん。しかし
自分を棚に上げ言うが、観光客が居ないのは落ち着いてて良い。

d0002320_8393219.jpg
ちょっと険しい道を探索してたら、、、



d0002320_8393812.jpg
この辺の海一帯、景観を独占。
日本の海とは想えないな。キレイでビックリだ。



弁当たべて、昼寝。


他にもいくつか廻る予定を立てていたけど、この島で一日が終わってしまいました。



良かった。
by nopain-nogain | 2010-06-07 09:09 | お出かけ | Comments(0)
さしみ茶漬け



あるお店で、新鮮なタイの刺身を「お茶漬けにしても美味しいんですよ」と言われて
もったいないなぁ・・・とか想いつつ、食べてみたら、刺身茶漬けを知らない人生の方が
より一層もったいない!と想うくらい、美味しかった。

それ以来、家でお刺身を食べるときは半分は刺身でたべて、
残りはお茶漬けにして食べることもよくする。お酒を飲んでるなら
シメとしてより一層。

・・・・・


今日のは、ワラサとカツオ。
梅干し、野菜の浅漬け、があったので追加。

d0002320_22452866.jpg
茶漬けにする!と決心したら、刺身は醤油漬けにしておくとなお良い。

お茶は、玄米茶が好き。香りが分かりやすいから。
わさびを入れても良いけど量が難しいので今回は無し。

あと一番大切なのは食べるタイミングだと想う。お刺身の
外がふんわり温かく、中にヒンヤリの名残りがあるくらいが
ちょうど良い。



今日のは美味しかった♪
by nopain-nogain | 2010-06-03 22:52 | 飲む食べる | Comments(6)
自分の記事に励まされる事もある


きょねん末(2009年秋)から、ノンビリモードに入った。
それまでぎゅぎゅうに忙しかったから、2クールくらい休養のつもり。
が、仕事や勉強をしてないとなんだか後ろめたさがある。他人に対してじゃなく
自分の中で。なにか葛藤がある。


たまにこのブログを読み直してみると、実に単純で
・忙しいときは「安みたい」
・ひまなときは「何かしなきゃ」
って、バランスが悪いだけだね。もうちょっと波を穏やかに
していこうと想う。


さらに読みかえしてると、ときどき面白いことを書いていて
それを忘れていたことに気が付く。海外活動に力を入れていた頃の
マレーシアの子供から


国を越えて、言語を越えて、私たちは友達になれ!


って締めくくった手紙をもらっててあったんだね。
これはすごく良い言葉だと想うよ。



体調、精神、環境をもっと高めて、また海外活動したいな。
しかし、そのための地道な一歩一歩がメンドウなんだよなぁ、最近。。。
by nopain-nogain | 2010-06-03 12:00 | ライフワーク | Comments(0)