<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
新カメラ購入


じぶんでは気が付かなかったけれど
カメラが壊れていらいのこのブログ、
写真も記事もパッタリ減っているなぁ。

・・・・・

調べた結果、悪くなさそうな機種があったので
同メーカーの兄弟機XX200を購入しました。
もう去年に生産停止なので、中古で購入。

室内、暗所、夜景、での感度はまずまず。
ノイズも少なめ。これは満足できる。

食べ物が美味しく写るか?今のところ大丈夫。
色の再現性とかソフトウェアアレンジは良い。
サブ機N1050は、まったく、食欲無くなる写りだったし^^;

動作速度は速くて満足。
独特な操作性も兄弟機なので問題なし。

相変わらずデカイ。まぁ性能重視で仕方がないところ。
メインカメラより軽くなったけど、まだ重い。これも仕方なし。
デザインも良くないけど、これも中身重視かな。

マクロがな、それほど問題ではないのだけど・・・
レンズのせいなのか?すこし魚眼っぽく写るんだよね。
イメージ写真としては迫力が出るんだけど
直線パーツをキチッと撮りたいときはすこし歪んでしまう。

このところ大雨続きで青空とか遠景を写してないんだけど
色も解像度も大丈夫でしょう。さらに広角らしいのでいままでより
広がりのある写真を撮れるかな。

バッテリーの持ちがやや悪いので、スペアを3個注文した。


全体的に、満足中。



・・・・・

今回、気が付いたこと。大切なこと。

サブ機のN1050は、色気を出してメタルブルーにしたのだけど
接写の場合、このブルーが被写体にとって青光源になってしまう。
それでホワイトバランスが崩れていることを発見した。

これを考えると、昔のカメラが黒ツヤ消しエンボス加工でになっている
ことが、どれほど大切なことか理解した。なのでさっきまではシルバーでも
いいやと思っていたけど、すこし高かったけど黒を選んだ。
by nopain-nogain | 2010-09-28 08:27 | 道具 | Comments(0)
カメラ健康フォルダ


■イントロダクション

壊れたメインカメラは、やはり壊れたままで
自然治癒はしなかった。自分で治せそうだから
分解してみたけど、途中で工具がたりなくて中断。
近いうちに工具買って再開しよう。

と同時に次のカメラの購入の検討。
壊れたカメラの同型も含め、3機種に絞る。

ネットで集めたサンプル写真を入れるフォルダーを
つくるときに入力ミスで「カメラ健康」という誤変換な
フォルダをつくってしまう。「カメラ検討」が正解。

が、これが壊れたメインカメラの寿命を意識させられて
妙に哀愁深くさせてしまったので、そのままで使用して
いたら、あとでもっと大切な事に気が付く。



■ヘルシーカメラ・フォルダ

サンプル写真を見比べているときにフッと想ったんだけど、
僕はカメラを趣味にはしない、マニアにならない、という縛り。

数年前、カメラにまったく無知だったとき、なにしろ仕事で
使うから手っ取り早く上達したかったから上手な人に
教えを請うたんだけど、どの人もいわゆるマニアで、
知識はあるのだけどそれを人に教えるとういうのは
全く別の能力、結局はほどんど自力で勉強した。

そんとき、自分はカメラに詳しくなっても趣味には
しないでおこう、と戒めた。カメラのスペックに凝るあまり
人とのコミュ能力が欠けてしまった人をみると、寂しい
気分になるから。まぁでもカメラ趣味は金がかかるから
ハマらないように、という理由のほうが大きい。

そんで今、こうしてカメラの性能や歪んだ市場に
あーだこーだとうるさく独り言を言い、頭を痛めて
いるけど、それはハマっていのではないか??と
考えてみたのだけれど、どうもそうではなくて・・・


毎日毎日、自分の仕事写真を1ドット単位も
見逃さない勢いで、頭痛と眼精疲労と闘い
頭痛薬をパクパクしながら写真を観ていると

ここ最近、やけに頭痛がする原因に気が付いた。
つまり予備のカメラを使い始めてから
ひっじょうに疲れてるようだ。

そして商売面では、変動相場のウチの商品は、同じ
商品でも写真の善し悪しで売上が倍額にも半額にも
なることを経験から学んでいる。それは解っていることだから
当たり前のように無意識でやっていたようだけど、
いまのサブカメラの写真ではお客さんに刺激を
与えられるのだろうか?と不安・不満を抱いている。

それを身体が反応し、身体と無意識が良いカメラを
望んでいるように感じる。カメラ買い換えに神経質になっ
ているのは、カメラ性能は死活問題なのだからだと想う。

そいうう理由付を理解したら、カメラ選びも指標が立って
楽になった。求めてるのは性能じゃなくて、自分の健康に
有利なカメラだ。ストレスのない、持っていて楽しくなるカメラ。
そしてもちろんカメラ無知なお客さんにも訴求力のある写真。


もし「カメラ健康」という名のフォルダを間違って作って
いなかったら、このことに気がつかなかったかもしれない。


・・・・・カメラと健康・・・・・


健康だけじゃなく、自分の写真に
売上も生活もスタッフの収入もかかっているのだから
そういう意味ではプロ意識を持ってやらなければ、と思った。
すでに趣味の範疇でもなく、いつまでも初心者気分ではダメだ、
ということだ。

僕もあやうく、スペックを追いすぎそうになっていたということ。
本来の目的は、見る人を楽しませること。そんな単純な
ことでいいんだ。


ということが解ったら、気が楽になった。
by nopain-nogain | 2010-09-22 09:03 | 道具 | Comments(0)
悩み


いま新宿。
帰りの電車待ち。

目の前の女の人、
ピシッと黒スーツ
キレイにアップした髪

でも背中からシャツが出てる。
これは声かけたほうがいいのか?
そういうファッションなのか?


・・・・・

えー、いま電車。

となりの若者の頭が
小鳥のようにぼくの
左の肩に。起こさない
ように気をつかう。
by nopain-nogain | 2010-09-19 06:14 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
知人KBTの渡米後



ずっと前から、あれは2000年頃だから
10年間のあいだ、調べておきたいと
想いつつ10年経ってしまったが、その後
どうなったか知りたかったKBT君のことを
たまたま目にすることがあったので。

出会ったときの当時の印象・・・どこにでも
いそうな普通のちょっと調子のイイ若者。

それでもその分野では日本のトップに
位置していたのだけれど、そういうオーラ
を感じなかった。のちに世界チャンピオン
の座を何年も位置し続けるのだけれど
そうなっても、なんかオーラを感じない。

それは、いまになったからこそ理解でき
ることで、その人は、ものすごく勝負にこ
だわるのだけど、それは人との勝負では
なくていつも自分との勝負。

勝ったときの喜びも、負けたときの悔しさも
常に自分の内面でそれを処理してるから
オーラとして外に出るモノがない。

ただやはり試合中の気迫は尋常ではなく
それは明らかに世界トップレベル。対戦相手など
眼中になく、相手の調子も試合運びも
関係なく、ひたすら自分の最善を尽くすのみ。

・・・・・

日本での活動は、利権争いに巻き込まれたり
演出的なパフォーマンスを強制されたりで
競技そのものが生かせないと判断。

アメリカに移住し世界各国の招待選手となる。
しかしアメリカでも利権、演出、人種差別という
問題は変わらず、競技を続けながらもフェアな
試合ができるよう体制に訴える。

あの、日本の、茶髪の眉毛を剃っていた若者も
もう30才を越え、すっかり風体も変わり。
アメリカでは現役競技者と活動家の二足の
ワラジ。そのうえ全世界に競技の浸透を計る努力家。

彼の、10年前と現在の写真を見比べるだけで
なんとも言い難い感情を抱く。立派に成長した
素晴らしさ。それまでの、また今でも続いている
ストイックな生き方。

僕の尊敬する人はみんな日本を離れているのに、
僕は未だにココにいる劣等感。自分もガンバロウと
いうモチベーション、そうは言っても実力・努力にも
限界を認めざるをえないときの絶望感。


彼からは、モチベーションと絶望感を同時に感じさせ
られて、複雑な思い。


ひとつ、確認できたのは、僕はやはり海外で活躍したい
という念が強いと言うこと。小学生の頃からの都会や
アメリカへの憧れ。需要があると解っていながら体力不足で
延期している海外ビジネス進出。ヨーロッパの生活、
アジアの活気、著作権問題の突破口・・・そういった
安定とはほど遠い活動を理解してくれる嫁さん探し。


いや、公平に考えてみれば僕の友達のほとんどは
人生に不満を持ちながら家のローン、仕事の愚痴、
嫁さんとの不和と浮気、努力もせずに。それに比べたら
はるかに良い土壌を創れているのだけれど、でも下を
みるのは苦手。


上を見るのが好き。辛いけど。


そんなきりのない向上心に終止符を打って、上も下もない
ノンビリ隠居生活に誘ってくれる嫁さんがドラマティックに
登場する人生、なんてのも妄想してみるのだが、
まぁそれはそれ。


いま、携帯の待ち受け画面はKBT君の顔。
とっても魅力的。こういう人間になりたいな、と
しみじみ思う。
by nopain-nogain | 2010-09-15 07:01 | ライフワーク | Comments(2)
映画=Death in venice



映画は、観てます。少なくなっ
たけど、月20本くらい。

最近の映画はどうしてもつまらない
ですね。脚本がおろそかすぎて。

逆に、話しだけで楽しませる落語を
聞く時間が多くなったかな。

そんななか、ひさびさに引きこまれる
映画をみました。といってももう5回くら
い観てる映画。


ベニスに死す、です。


そして、理論派の僕が(笑)、映画辛口批判の
この僕が、観るたびに泣いてしまう映画です。
年をおうごとに深くはまっていく、
この映画はとてもオススメなのです。


以下はちょっとネタばれ含みます。
でもストーリー知ってたほうが
味わい深く観れると想うかな。

・・・・・

1971年のイタリア映画。舞台は1911年。
セリフも登場人物も説明も少なく、
嗜好性の強いとても繊細な映画です。

あらすじ。
人生にスランプな中年男性作曲家が
ベニスに休養で滞在する。作曲のアイディア
とか女性との出逢いを期待するのだけど

同じくベニスに家族でバカンスに来ていた
10代の美少年に恋をしてしまう。

立場、世間体、持病からくる死期の予感、
どうかんがえても少年と接触できる
未来などあるはずもなく、声もかけられずに
悶々とした日々をすごいるうちに

少年は、受け入れもしないのだが拒否もしない
態度を示す。ほんの少しずつ、距離は縮まって
いくようにも感じる・・・のだが・・・




こういう映画が好きな人と
語り合いたいなぁ。
by nopain-nogain | 2010-09-14 01:17 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
愛機デジカメの大団円


カメラ業界では「名機」と言われ
ほんとうに性能が良く
お気に入りだったし。


4年も前のコンデジ(※)なのに
撮影した写真を観た人に
「どんな一眼をつかってるんで
すか?」と良く聞かれた、
自慢のカメラだった。
(※コンパクトデジタルカメラの事)

最新のコンデジも持ってるけど
重くても、でかくても、いつもコレを
持ち歩いてた。


そんな愛機が、とうとう壊れた。


d0002320_1256295.jpg
レンズが戻らなくなってしまった。


釣りに行ったり、自転車では汗まみれ
になったり。落としたり。雨に濡れたり
醤油をかけたこともあった。酷暑も
極寒も一緒に過ごした。

雑に使ったわけではないけれど
常に身につけていたかったし。
引き出しにしまっておくより、大活躍し
たほうが道具は幸せだと想う。ぼくは
そう想ってる。

総撮影枚数は5万枚は越えてる。
いつかは、そろそろ、とは想っていたけど
使用感のわりには長持ちしたと想う。

こわれたのはレンズ収縮用のリンケージ。
機械的なモノなので、修理も可能だろう。

いちおう、予備のデジカメが数台あるので
ここ数日はこれで仕事やゴハンを撮影して
るのだが、うーむ、あきらかに物足りない。
愛機より最近の機種なのに。

・・・・・

というわけで、愛機から4世代から7世代も
モデルチェンジしてるだろうコンデジ業界、
さすがに良い機種も出てるだろうと調査して
見た結果、ほぼ全滅。

なぜ、新機種の性能が劣るのか?理由は簡単。
一般のお客さんは、画素数だけで性能を比較
するから、メーカーは必要以上に画素数の数値
だけをアップさせる商法。

無理やり画素数を上げてるから、むしろ画質は
悪くなったりもしている。一般のお客さんに、
お年寄りとか初めてカメラを買う人とかには
本当は安くて良い物を使って欲しいと想うんだけど

電気屋さんは売上第一だから、まあ僕から観たら
ウソの説明で素人を騙して売ってるようにしか
見えない。これは哀しいことだけど、僕にできる
ことといったら身のまわりの人に適正を教える
ことしかできない。


・・・・・

話しは逸れたが。
いまのところ第一候補は、こわれた愛機と同じ物を
中古で買うこと。これで充分事足りるのだ。
ただ、出回っているときに買わないと、もう
かなり古い機種だからね。修理でもいいかな。

そして第2候補、
Fの200系の1機種がまあまあの性能と合格点の
クチコミ評価を得ているので、現物で確認しようと
久々に秋葉原に行った。

ま、これとて生産終了のカメラなのだ。
どうやらカメラというのは、生産中止くらいになって
やっと安定した評価が出てくるような印象も受けた。

現物を触ってみた感じ、悪くなかった。
小さく軽くなっているのはもちろん。画質、スピード
感度、操作性、悪くない。古いから安いし。

ただ、愛機にある絞り&シャッタースピード調整が
無いんだよね。まぁコンデジでF値調整できるほうが
希有なので、これは仕方がないかな。

・・・・・

ところでわざわざ秋葉に行ったのはもう一つ
用事があって、それは友達のノートPC買い換えの
お付き合い。予算が20~30万で決心つかない、と
いうので用途を聞いたら、そんなら3万もあれば
充分でしょう、ということで。

デモ機をいじってみて、本当に必要なスペックを説明して、
(ちょっと意地悪だけど)店員さんの説明を受けてそれが
いかにいい加減な説明かも体験してもらって(笑)

プラス、デザインもちょっとこだわりたいというので
5万円くらいで気に入ってもらえたようで、すこし
人の役に立てたかな。浮いたお金は、自転車に
興味をもっていたのでぜひロードをと、オススメした(笑)

・・・・・

d0002320_1315064.jpg

秋葉も、美味しい店が増えたなぁ。




一眼もとっても欲しいんだけど、僕の用途は主に
・一日中持ち歩く
・ゴハンを撮る
・電車・自転車だから小さいのがいい
・夕焼け、夜景を撮るからSスピード欲しい
・室内だからISO感度の良いの
・仕事でマクロ撮影が多い。
・仕事で、発色を求める。

ってな感じなんですよね。贅沢なのは解ってるけど
愛機はこれを満たしてるのだから、今なら技術的には
もっと可能だと思うんだけど・・・

なんかイイカメラあったら教えてください~
by nopain-nogain | 2010-09-13 13:02 | 道具 | Comments(0)
自転車いたずらの犯人


お昼ごはんを買いに、自転車
(シティサイクルの方ね)で
買い物に出掛けた。お寿司が
食べたかったのでいつもの
ケータリングの寿司屋へ。

ここはいつも自転車の鍵をかけない。
自転車から3メートルも離れないし、
レジも短時間、人通りもないので。

で、レジが終わって自転車に乗ろうと
したら、ガチャ。なんかおかしい。進ま
ない。理由は、鍵かかかっていたから。

えーと、何だ?鍵を盗まれたって事か。
あんな短時間で、自分のすぐ背中で
少しの音もなく、パッと周りを見ても
人影も無し。

盗難なら自転車ごと持っていくだろうし、
嫌がらせなら自転車を倒したりとか。
だとしたら子供のイタズラかなぁ。
どう考えても犯罪の臭いがしない。

・・・・・

さいわい、自転車屋が歩いて近所なので
カツギで持ち上げて修理を頼む。

大好物のお寿司をぶら下げてウキウキの
帰り道のはずだったに、いっきに残念モードに。

世の中って、ここ地元ってそんなに物騒かなぁ。
といっても自転車を盗まれるよりは良かったので
勉強になったかな。とか、自分を慰めながら。


・・・・・

あんなゴッツイ鍵だけれど、自転車屋さんは
ほんとあっさりと解錠してみせる。あの、それは
僕の目の前でやってしまっていいのでしょうか(笑)

あぁでもその店で5台くらい自転車買ってるし、
顔も覚えてもらってるから、かもね。
そんで工賃も無料でやってもらって、傷心が
すこし癒された。

今日はあとトイレットペーパーと歯磨き粉を
買う予定だったけど、めんどくさくなったので
そのまま帰宅。


お寿司食べてでテンション上げようかと
おもって、袋からお寿司を取り出す。
そして袋の底から、割り箸を取り出す。
醤油を取り出す。鍵を取り出す。

あ、鍵、ありました。
寿司の袋の中に。
自転車の鍵が。


頭の中では「鍵はいいや」と考えていた
けど、身体は無意識のリズムで鍵を施錠、
そしてその中途半端な意識が混沌として
たぶんレシートと一緒に鍵を寿司の袋に
入れていたんだろう。

イタズラも、盗人も、いませんでした。
やっちゃったなぁ。

こういうミスは疲れてるときの典型です。
さらに自分のミスなのに他人を疑ってしまう
のも、疲れているときの典型的。


仕事への集中の仕方も、集中は出来てるけど
盲目的なんだよな。

手作業製作の仕事は、まあまあ順調。
今は刃物を使ってるが怪我はしていない。
お金の計算がとてもメンドウ。
現在と年末までの商戦を立てなければなら
ないんだけど、まったく頭が回らない。

お酒が飲めない。美味しいんだけど、
まったく酔えないのでほとんど飲んでない。
ときどき熱、37度とか38度。


どんな状態でも立て直すトレーニングとか
悪化するまえに予防薬を飲んだりとか
もっと比較にならない辛い時期とかあったから

いまは微風くらいに想っているけど
いがいと、荒波なのかもなぁ。
by nopain-nogain | 2010-09-10 14:23 | 健康 | Comments(2)
モーニング・レインボー



今朝は6時ころ

すでに起きていたんだけど
何をするわけでもなくボーッと
ネットなどしていたら

シンシンと頭痛が急進行してくる。
肩の凝り、というより神経がしびれ
るようなガチガチ感がしてきて、これは・・・
と想っていたら予定通り吐き気がし
てきた。

さいきん、これ多い。

で、トイレに行くほどなのだけど
ヒック・ヒック・を数回やるだけで
吐くことはない。まぁ最近はゴハンの
量も少ないし酒も飲んでないので
吐くモノもないだろうな、って感じ。

15分くらいふてくされてトイレで
体育座りをしてやり過ごすのも
すっかりいつも通り。

吐き気が収まると酷い頭痛。
それと肩のギチギリ感、これが辛い。
横になると辛いので、床に体育座りで
ベットにもたれ掛かる。いやな汗をかく。

30分もそうしてると突然の眠気が
襲い、少し寝る。と言っても5分とか。

うつらうつらしてるとナゼか行動的になり
寝る前にとりあえず、と、汗だくのTシャツを
着替えたり最低限の片付けなどをして
いると、すっかり元気になっていて
そのまま仕事。

だから今日は、あれほど辛かった朝から
気が付いたら10時間休み無しで仕事してる。

全行程1時間~2時間。
まいかい、このパータンがこの夏
10回まではないけど、よくある。


これは何なんだろう?
解る人いたら教えてください。

仕事をさぼっているのが、逆にストレスに
なっている感じはあるかな。

・・・・・

書きたかったのは朝の朝焼けの事なんだけど、
なぜか体調のことを長く書いてしまった。

d0002320_1742837.jpg
部家が赤いな、と思ったら見事な朝焼け。
いつもこっちばかりを観ていたら・・・

d0002320_1743849.jpg
富士山方面をみたら、朝の虹が。


今日はオリンパス1050で撮影。
やっぱり画質イマイチだなぁ。
by nopain-nogain | 2010-09-08 17:07 | 健康 | Comments(4)
師匠に会った話

落語の勉強をはじめてから
最近では夢のなかに談志師匠が
よく登場する。

あの、いつも不機嫌で大変厳しい
立川流家元・立川談志師匠である。

とうぜん師匠を前にすれば緊張も
する。すこしでも得るものが
欲しいのだか、内容がくだら
なければ口も聞いてくれない
ので頭は高速回転。疲れる夢だ。

夢にでてくるほど勉強してるかと
いうとそれほどでもないのだけど
この人は濃い。人として大変興味
深いインパクトがある。

ただ近ごろは、自分が死ぬほど
がんばってもかなわないなぁーと
いう人をみると劣等感に苛まれ
辛くなってしまうことも。

HP訪問者は350万人超え。
人を愉しませるのには
とてつもなくパワーが要る。

バランスとれてないなぁ〜
by nopain-nogain | 2010-09-06 18:49 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
IE8のインスト


仕事で使うパソコンは安定重視なので
できるだけ現状維持。どうしてもバージョンアップの場合は
情報の出そろった2世代前くらいのアプリを使用するようにしてる。

最新のアプリは不具合が多く、安定するまでには
1年くらいは待たなければならない。
つまり最近でいえばWindows Vistaを買ってしまって
失敗したと後悔してる人は、多いだろう。

僕はいまだにXPのSP2。
本物が欲しい人、仕事で使う人には
XPがオススメ。安いし安定してるし。

・・・・・

そんな感じで僕個人の仕事&趣味では、古くこなれた
環境で充分快適に過ごしている。つまりPCにかけるお金は
非常に少ない。

しかし
オーディエンス&お客さんは、やはり流行モノがすきな人が多く
最新のモノ、というだけでお金を出す価値があるのだろう。
だからこそお客たりえるのだ。

ですから僕も最新のマーケットはすべからく全てをチェックしているし
それはもちろんPCだけではなく、世の中の全てを把握しようとしている、が
それは無理な話なのだがやれるだけやってしまうから、また倒れるような
生活になってしまう。

話しがそれたが・・・

そんなわけで、やや重い腰をあげてIE8をインストすることにした。
過去、何度かそのタイミングはあったので、慎重を期すために半年前から
サブPCにIE8をインスト、実用テストをしてきた。いくつかの調査・設定を
経て、致命的欠陥も無いようだし、本日2010年09月05日メインPCに
IE8をインスト。

1日使ってみた感想・「バージョンアップなのだから良くなっていて当然」
という技術者的視点から観た感じ、まず、文字入力環境に大きい変化が
あって使いづらい。不具合もあるようだ。

この点につてサブPCではそんなに長文を打つことが無かったので
気が付かなかった。今、この記事が意味薄く長文になっているのは
文字入力のテストを兼ねているから。

文字入力は本来、FEP(フロントエンド・プロセッサー)が受け持つ役割なので
IEを変えたタイミングで文字入力が変わってしまうのは、おかしな話しだ。

どうやらFEPで入力処理している最中の一文字一文字をIEが
チェックして余計なお世話をしているようで、速度が遅くなるだけならまだしも
キーコンフィグが変わってしまっているのには驚き、入力がいちいち中断、落胆。

・・・・・

たとえば
スキーってもともとは実用の生活の道具だったでしょう。

それが一時期、大流行・ファッションとなって「去年のスキーウェアを
着てるのはダサイ。毎年買い換えるのが当たり前」という観念が
あったじゃないですか。思い返すとなんとも足元の浮いた
恥ずかしい時代だったと想うんですよ。でも今はそういう風潮は
ないよね、むしろリサイクルとかしてるもんね。

その「最新ファッションに金かける価値観」っていうのが
まさに今のパソコン市場だと想う。機能なんでどうでもいいの。
売る方も、買う人もそうだから、作る人もそうなってる。





そろそろ文字テストも飽きたので、いったん終了~
by nopain-nogain | 2010-09-06 16:19 | 道具 | Comments(0)