<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ごはん まとめ

きほん、レシピとか知らないし、見ない。
料理すきだけど、凝りだすとまたキリがないので。


d0002320_2182420.jpg
これ何だっけなぁ。余った材料で豚キムチのはず。
たぶんブロッコリーの茎とセロリとか。
セロリって意外といろんな食材と合うと思う。


d0002320_2183474.jpg
シチューはレトルトじゃなくて造ったヤツ。珍しく。
冬は長持ちするので煮物が出来て良い。


d0002320_2183936.jpg
チンゲンサイ、えりんぎ、シメジ、なめこ。バター醤油ムシ。


d0002320_2184582.jpg
あんキモ・第一弾。すべて適当にやった。

反省点だらけ
・塩が多かった。
・あんきもの量がすくない。
・蒸しがたりない。
・巻きが甘い。


d0002320_218516.jpg
あんキモ・第2弾。

だいたい店で出るのと同じに出来た。
次はモミジおろしを添えよう。
by nopain-nogain | 2011-01-28 02:29 | 飲む食べる | Comments(0)
中華街
18歳の時に、桜木町で働いてましたから
中華街にも良く行ってました。

最初の頃は新入社員同志だったので
店選びもわからず無難な中規模店に入っていました。
そんなだから高い金払っても、美味しいのかニセ物なのかも
判らず、ただただ飲むだけ。ま、それもナツカシい想い出。

少しすれば先輩や地元の人と行動するようになって
中華街でオススメの店といえば、せまーい小道にある狭い店。

照明が裸電球で、テーブルが2つしかなくて、皿はバラバラで
店というより厨房のはじっこでまかないを食べてるよう。
これは美味しかった。たまに好みに合わないモノもあったけど
それは日本向けにアレンジしてない、本来の郷土料理の味
だからね、って感じは勉強にもなった。


d0002320_2524195.jpg

あれから20年。

いまだに中華だとか四川・広東とかはまったく判らないけど、
本気でつくった料理か、適当に造ったモノなのかの判断はつくように
なったと想ってる。味ももちろんだけど、素材と、料理人の意気込みが重要。
いまならそれが判る。だからちょっと中華街に行ってみた。

本心は裏路地のキタナイ店に入りたいんだけど、そこはガマンして、
大規模有名店に入ってみる。内装は豪華。例のクルクル回るテーブル(笑)。

d0002320_2524747.jpg
あひるだったかな?
よくわからんが、美味しくはない。冷めてるしボソボソで食べにくい。
肉のうまみがほとんど無くて、ケンタッキーのチキンを薄味にした感じ。


猫舌だけどヤケド覚悟で、点心をいくつか頼んだ。
d0002320_2525448.jpg

外は温かく中は・・・冷凍???シャリっと冷たい。
これ冷凍の調理不足だよなぁ、たぶん。
それとも、こういう料理なの?中が冷たいっていう。

このあと「エビのなんとか」が来たんだけど
エビがさ、ボロボロのエビなの。あきらかに。

もう充分だった。
この店、ゴミ料理。
予定の3割も食べないで店を出た。

・・・・・

もちろん、オナカも気持ちも満足してないので
お口直しに小道を探索し、家族でやってる小さい店に入った。

ためしにさっきと同じ料理を頼んでみる、やっぱり温かかった。
素材もしっかりしてるしエビもプリプリ。やっとほっとした。
あと、デザートをさーびすしてくれた。美味しかった。

最初の店、4000円。
2件目、2000円。

いちおうね、客観的にも確認したかったので
2件ともネットでのクチコミを調べてみたら
概ね同じ感想だったのでこれで確定でイイと思う。


・・・・・

2件目を探しているときに直感で「ここだ!」っていう小さい店が2つ
あったのだけど、入ってみると大満員。といっても10人くらいでイッパイの
店だけど、狭くて人が多くて、残念ながら入れなかった。また機会があったら
ここでゴハン食べたいと思う。っても、いつきても満員な気がするが^^;



以上、中華街グルメレポートでした。
by nopain-nogain | 2011-01-27 00:00 | 飲む食べる | Comments(0)
心の荒れ


ここ最近の記事は、抑えようと想いつつもけっこう荒れていると想う。

原因はわかっていて、ここ1ヶ月くらいちょっとした悩みを抱えてしまって
それがウツの時のようにグルグルと生活を支配してしまっている。いや
このまま何とかせねばまたウツになってしまいそうな感じ。っつっても
寝まくってるし食べまくってるから。

までも、ウツにはならないけどね。あれメンドクサイから。
辛いってのもあるけどとにかくメンドクサーイネ。

しばらく薬は必要なかったのに、久しぶりにパキ1飲んでみたら
スッゲー気持ち悪くなった。昔はこんなのを何十錠も飲んでそれで
「きかねー」なんて言ってたんだよな。よっぽど酷かったんだな。
あらためて実感。

ちょっとずつウミをはきださせてもらいますわ、このブログで。
荒れた記事があったら「あ、いま、辛いんだね」くらいに想って下さい。



そうそう、ウツ絶好調のときに良く通ってた「悲しみの森公園」な。
いまでも行くけど。つい最近、こんな看板が立ってた。
d0002320_4414572.jpg
お仲間、多かったのね。
by nopain-nogain | 2011-01-21 04:43 | 徒然(つれづれ) | Comments(2)
ヤの人と飲み

今日は、仕事の効率もあまりよくなく
自分の内面の悩みなどもグルグルしていたので
すこし早めの夜から飲みに出た。

たまに行く、年期の入った飲み屋で一人のみ。

隣のヤっぽい人たちの会話が耳に入るので
聞かせて貰った。いろいろ経営をやってるようで
面白いのでしばらく聞いてた。

そうしているうち注文した料理が出来上がったときに
「もちさん、おまたせ~」と店員が言ったのをキッカケに
それを聞いたヤの人が「おう!おたくがもちさんか!」と。

なんで?知ってるの?俺はあなたをしらないよ。。。


まーそれで、それからはヤの人たちに混じって飲むことになった。
一人でマッタリ飲むのもいいけど、こういう中味のつまった人たちと
話すのはもっと楽しい。話題も合う。ふだん幅広く勉強してると
こういうときに本当に役に立つ。盛り上がるとどんどん情報を出して
くれるので楽しい。

d0002320_19191461.jpg

by nopain-nogain | 2011-01-17 23:00 | お出かけ | Comments(0)
助手席の人


今月の三連休の1日目。


天気もいいので、千葉の九十九里にドライブでも行こうとなった。
一緒に行く相方も乗り気で、レンタカーを借りて
夕飯のイワシ尽くし料理を楽しみに、夕方から出発。

運転は僕なのだが、首都高は苦手ではないけど、気は使う。
さらに上まわりから京葉道路に向かうのはほとんど通ったことがないので
けっこう注意力をつかいながらじゃないと走れない。そのうえ夕方の渋滞。
かなり気を使う運転となった。

京葉に入っても混雑は続く。やっと流れたとおもったら、千葉の高速は
びっくりするほど真っ暗。街頭がないのね。しかも急に車も少なくなるので
さらに真っ暗のなかひとりぼっちの走行。これも地味に気力を使った。

とにかく安全運転かつスムーズに着きたいし、同乗者に快適に乗って
欲しいというこだわりがあるので、やさしい操作を心がける。
同乗者が寝てれば、さらに寝心地良いように運転する。

・・・・・

で、イワシ料理も食べ終わって一息ついていた。
お茶をすすりながら談話。

おれ「いやー、渋滞もあったけど無事着いてよかったなぁ」
相方「でも運転上手だから全然つかれてないでしょ」

それ聞いたとき、ちょっとビックリしてしまった。
疲れないわけ、無いじゃんよ。まして同乗者に快適に想わせる
運転技術って、一人で運転するときの5倍くらい気を使うんだよ。
まぁそれはいいとして、

おれ「そんなことないよ~今日みたいな首都高は結構つかれるよ」
相方「自分は首都高はぜーったい運転できないから、わからない」

わからない、じゃなくてさ(笑)
あなたが「絶対運転できないほど恐い首都高なら、俺だって
なおさら疲れるってのは想像できるでしょ?」と。
「あ、そうか、ゴメンゴメン」と。

※ケンカではないよ、普通にマッタリとした会話。

・・・・・

車の運転がどうの、って事じゃないんだよな。
数時間、慣れない道を運転してきたのだから
ちょっとでもねぎらいの言葉は欲しいよな。
無くてもいいけど、「疲れてないでしょ」っていう
勘違いは、大人としてどうかな。相手を思い遣る
気持ちが足りないのかな。

あ、べつに怒ってるるわけでもなく、ただすごく不自然に感じたのね。
でもちょっとガッカリもしたのも正直。運転、すごく気を使ったのに。
逆に考えれば、相手にも疲れを感じさせない運転が出来たのだから
当初の目的は達成してるんだよね。その面では満足だし。


ま、そんな、いつもの深読み妄想病を発動しながらも
楽しいドライブだった。あまり寒くなかったし。


走りながら、助手席から撮った写真。
素人さんにも良く撮れた。イイカメラ。
↓拡大します↓
d0002320_19194177.jpg




おまけ。
運転が丁寧かどうかのテスト方法。

500mlのペットボトルを買う。
車の中でどこか平らな所にペットボトルを置く。(ドリンクホルダーはダメよ)
町中や高速などを走ってもペットボトルを倒さないように運転する。

これができるとハイヤーのように優雅なドライブができます。
同乗者は快適だし車酔いなくなる。そのかわり運転者は疲れるけど(笑)


注意!
ペットボトルに気を取られて事故しないようにね。
まわりの車に迷惑をかけないようにね。
ペットボトルが運転席の下におちると、ブレーキにつっかえて
踏めなくなるからそこは対策しっかりね。
by nopain-nogain | 2011-01-17 19:26 | お出かけ | Comments(2)
最近の若者は・・・の現実を見た!
今回も非常に片寄った個人的文章です。

とても観られたモノではないので観てはいけません。


・・・・・


年末年始と、いろいろな飲み会に呼んでいただいた。
そこでいままでモヤモヤしてた事について
大変スッキリとしたことがある。


サラリーマンタイプの飲み会では
「最近の若者はダメだ」
「不景気でどうしようもない」
「上司がバカで」
という話題で終始もりあがる。

経営者タイプの飲み会では
「24才にしてやっと店をもてました」
「うちは不景気関係ないですね」
「○○才にもなって会社員やってる人は気持ち悪い」
(↑の発言は27才独立デザイナー君の発言そのまま)

のように完全に別れた。
みごとに別れた。

・・・・・

第1に。まず一番判ったことは、優秀な若者がとても多いこと。
実力があるから20歳前半で独立してしまう。
僕はこういう若者と接する機会が多かったけど
あらためて20歳代で独立してるということをかんがえると、
僕の25歳当時と比べたら、土下座したくなるくらい優秀なのだ。
こういう優秀な若者は、愚痴ばかりの居酒屋には行かないから
その存在は余り知られない傾向にあると思う。

第2に、独立までいかなくても優秀な人材はどんどん
引き抜かれて素敵な環境でさらに経験を豊かにしていく。
相手に選ばれ、自分でも選んだ環境だから文句など
あるはずもなく充実した環境で仕事をしてるようだ。

第3に、会社でも工場でも農家でも、その仕事が好きでやってる人。
愚痴も苦労もあるかもしれないけど、基本的にちゃんとやってる人。
それは素晴らしいです。人柄もいい人が多いですよね。

最後に第4・・・上の3つに属さなかった人。
僕が40歳だからそれを基準にすると、40にもなって「バカ上司」を
追い越せないご自身はどうなの?そして40にもなって自分の部下を
選べない立場ってどうなの?そういう人。

若者についてはもっと単純で、独立も出来ず引き抜きもされない人たちは
ここに属するしかない。で、上司やら先輩もその程度だから40になっても
50になっても成長できないよな。


・・・・・

最近逢ったTKさんは22歳から地方で店を始めて、いまでは東京に
進出。部下は約10人。不景気のなかがんばってるスタッフをねぎらって
ペナン島で1週間のバカンスだってさ。10人もいれば旅費だけでも100万以上かかるよね?
でも、元を取る自信はある!とのこと。すごいよな~。人格も話し方も立ち振る舞いも
僕なんかよりしっかりしてた。もう立派な経営者。


どうですか。
これでも「最近の若者は・・・」と言えますか?
居酒屋で若者や上司の愚痴をしてる人。人をバカにするって事は
自分はそれなりに実力があるってことなんでしょう?

だったら独立すればいい。上司はいないし、部下も選びほうだい。
給料だって青天井ですよ。そのかわりリスクもでかいし、
結果は実力次第ということになりますが。自信があるんでしょうから。

努力不足、劣等感、ひがみ、言い訳、悪口、ストレス、いじめ・・・そういったものを
ドロドロと溜め込みながら進歩もなく仕事をしてる人を「気持ち悪い」と言った27歳君の
発言は、非常に純粋な感想だとおもう。言葉は違うけど僕もそれは感じる。
彼は早い時点で「長くいても未来のない職場」とおもったから独立したんでしょう。
その感性は鋭いとしかいいようがない。


若者達よ、明るい前向きな上司・先輩と付き合おう!
40歳50歳の人たちも、努力すれば転職も独立できるぞ!
もちろん今の職場で前向きにがんばるのも大切だ。

ともかくだ。
生まれたばかりの新人若者たちの未来は
僕たち中年層が握っていると言うことをつねに意識しよう。
僕ら世代が良い見本にならなければ、育つモノも育たない。


・・・・・

って、ことでよろしいでしょうか(笑)


よく友人から「もっちーは上から目線だね」と言われますが、
僕は主観よりも客観で観ていたいんです。僕は自分の意見や考えに
まったく自信がないかいら主観で動くことはめったにしません。
その逆の客観っていうのは俯瞰でもあって、つまりそれはそのまま
「全体を上から見てみる」ことなので上から目線そのもの、なのです。
だからこれは僕の目線ではないのです。拾い集めたデータなのです。


で、こういう文章や発言をすると、まったく同じ文章だとしても
怒る人もいれば、参考になった、もっと聞きたい。と言う人もいます。
つまり受け手の感受性によってどっちにも転ぶんです。

だから、これによって少しでも「ああそうか、がんばろう」と想って
くれる人がいるから、嫌われるのも覚悟で書いていきます。



「最近の若者は、俺たちが若かった頃より、しっかりしてる!」

「出来の悪い若者がいるのは、僕たち世代が悪い見本を見せてしまったからだ。」


って、ことでよろしいでしょうか(笑)
by nopain-nogain | 2011-01-17 18:03 | 心理学 | Comments(2)
ごはん まとめ
d0002320_9313888.jpg
大地のめぐみの青野菜と森の妖精がつくった
キノコたっぷりの本格的イタリアン風フォン・デ・カリー

ダイソーのレトルトカレーに
期限切れで処分に困った野菜とキノコを入れたカレー
味がボケたので鷹の爪を大量に入れてごまかす。


d0002320_9315977.jpg
みてのとおり


d0002320_932862.jpg
みてのとおり
by nopain-nogain | 2011-01-15 09:33 | 飲む食べる | Comments(0)
目標と手段の行き詰まり
「死ぬ気でがんばればなんとかなる」ということで

体力面では餓死寸前までがんばったこと
精神面では脳が壊れて入院するまでがんばったこと
経済面ではがんばっても親がブラックの呪縛が厳しいこと

上の3つについては、どんなにがんばっても現状の限界を知ることができた。
経済面はまだまだ改善ができるけど、それには体力精神力時間をつかう。
それに脳は、また壊してしまうと修理がメンドウなのと
他人に大きく迷惑をかけてしまうので限界は超えられない。

・・・・・

時間に余裕があるから、なにか新しいことにチャレンジしたいけど
本当にやりたい勉強とか生活に踏み込むにはいちいち300万だの
2000万だのっていう資金が必要になる。

なんでそんなに金かかるか?って考えると、逆に考えると今まで
金のかからないで勉強できることはほとんどやり尽くして
きたからだとおもう。だから残っているのが金かかる世界に
なってしまう。

・・・・・

まぁすでに自分の限界までやったんだ、というのは
後悔や不安のない人生なので満足なのだけど。

僕のような人間は、常に目標があってそれに突き進んでいないと
充実感が得られない。最近とこの先、そういう良い目標が見つかる
気配が少ない。これが今とっても悩み。

あー、
今の仕事だって充実してるのに贅沢な悩みだとおもうけどね。
でも無理に納得させようとしても本当の心理は今の生き方に不満足だな。

最近な「なんか面白いことないかな~」って言葉を友達に言っちゃったんだよ。
すこしたってから、あぁ俺ってつまらない人間になったな。と死ぬほど嫌悪感を感じた。
もうこのセリフは厳禁ね。俺の辞書から削除。





数学者とか研究者が人生をかけた難問を解いた直後に
失踪したり自殺する気持ちがすごく良く分かる~
by nopain-nogain | 2011-01-15 09:20 | ライフワーク | Comments(0)
腕時計のこと


腕時計をしなくなったのは20才のとき。

人と話してるときとか一人でなにかをやってるときに
時間制限があるわけでもないのに腕時計を観るクセが
なんか急激にせこい人生に感じて、腕時計をするのをやめた。
そしたら時間を濃く過ごせるようになったので良かった。

いい年をすぎて腕時計のブランドを自慢するヤツはキライだ。
ま、僕が嫌う好くにかかわらず、既製品を自慢するような
人間は中味がないよな。これこそ時間のムダ。

でももし「280万円で買ったエルメスの消しゴム」とかの自慢だったら
すごく楽しい。消しゴムの中に70粒のダイヤが練り込まれているので
たいへん消しにくい、とか。字は消せないけどコンクリートは削れます、とか
そういうのなら面白いのに。

時計という精密機械そのものや、水晶振動子の不思議さは好き。
歴史や文化を感じる時計とか、おじいちゃんの形見とか
自作の時計とか、腕時計以外の時計でも砂時計でも、
本当に時計そのものが好きな人のそういう話しは好き。

ところでどういうわけか
「腕時計を買いたいから付き合って」と言われることは多い。
そういえば宝石とか貴金属の買い物に付き合うこともある。
ま、材料と工作にかんしては観れば善し悪しはわかるから
そういう意味でのアドバイスはそこそこ精確だと想う。

時計を買う人たちは、ズラリと並んだ時計をみながら
悩むのも楽しさの一つだとおもう。けっこうな時間をかけて。
そういうモードに入ったら、別行動にして、一人の時間を
楽しんで貰う。さんざん悩んで買わない場合が多いけどね。
でもね心から楽しんでる人を見るのは好き。

その間に一人になった僕は、トイレにいったり休憩所でドリンクを
飲んだりして時間を潰すんだけど、せっかくだからたまには時計を
鑑賞するもの楽しい。どうしてそういう好みなのか解らないけど
ごついのじゃなくて女性用のスリムなやつのほうが好き。

そうやって観ているとたまに「これはスゴイナ」というのがあって
欲しいとは想わなくて、自分もこういうの造ってみたいとかの
モチベーションが上がるのは嬉しい。そういう時計があるのは嬉しい。

で、先週。
時計を見に行ったワケじゃないんだけどたまたまショーケースを
眺めていたらこれまで観たこともないような、派手でもない普通の
腕時計なんだけど、魔力のように引きつけられるモノがあって
触りたいけど触っちゃいけないような、観ない方がイイんじゃないか
っていう変な気持ちになった。

時計というより
職人の魂の結晶ようなものを感じて、こうゆうのは身につけてみたいよな。
30万とか200万くらいでも考えちゃうよな~なんて、まあそんなお金は
どこにもないので成金妄想しながら、どれくらいするんだろうと値札を探して
みたんだけど見つからない。よく観るあの、黒地に金色で値段を表示してある
アレが見あたらない。

まあいいや、とおもって移動しようとおもったら、ちょい脇にこの時計の説明書きが
あった。ドイツのなんたらかんたら。あぁまたドイツか、と。僕が好きになるモノは
ドイツってことが非常に多い。ブランド名は特にないのかな?製作者は記名して
あったけど聞いたこと無い。いままでさんざん腕時計自慢話しを聞かされてきたのに
こんなにすごい時計の名前、聞いたこと無いぞ。まったくもう。

説明の文中にさりげなく書いてあった参考価格は1億8000万円でした。
もしこの時計持ってる人がいたら僕に自慢しにきて下さい。
by nopain-nogain | 2011-01-11 07:26 | 道具 | Comments(0)
デジタル一眼レフが遠ざかる


知識がほぼゼロだから
とにかくまずは触ってみたい。
まずはボロで練習、それから2台目を買えばいい。

だから予算1万円。

そんなつもりで探し始めたデジイチだからジャンクでも良かった。
メチャ古くても基本の操作が勉強できればいいのさ。
キレイに撮れなくてもとくかくいじり倒したい。
まぁ1万円でも買えることは解ったんだけど。

でも調べているとちゃんとした「一眼レフ」って少ないのね。
フジの「ネオデジイチ」とかパナの「レフレス」とかって
一眼レフを勉強したい、って場合は不適切かな、と思う。
そうやって絞っていくとやっぱりキャノンかnikonになるのかな。

心配してるのは
異常な凝り性だから、これいじょう熱い趣味を増やしたくない。
もしこのままカメラを趣味にしたら大金と時間と人生を、
またビリヤードのときのように命がけでやってしまいそう。

だからガマンして、予算は1万。



山田電気で試写をさせてもらった。
試写なのでリサイズなしで拡大します。

↓拡大します↓
d0002320_4194343.jpg


途中でエラー(ERR05)が出たので店員さんにヘルプしてもらうが
また同じエラー。それを3度もくり返すと、こちらが気が引けてくる。
その割りには売り込みしてくるので、ちょっと困った。
なんか、勉強不足のまま販売員やらされてる店員さんが
可哀相になってきた。


カメラ業界、混乱中だね。
by nopain-nogain | 2011-01-08 04:24 | 道具 | Comments(2)