<   2013年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧
自称「作家」と名乗ったのって・・・
 
 
まったく別の調べ物があったので自分のブログの
過去の記事を読でるときに、ふと気になったこと。

2008年頃に既に、自己紹介のコトで悩んで
「作家と名乗ろう」って言ってたのね。

それから6年も同じ悩みとグチを言ってるのって
成長してないのか?と思い返してみたけど、
成長した面もあるし、成長不足もある。

少なくとも肉体的にも商売的にも生き残ってるので
道を外してることはない。この世界では生き残るだけでも
大成功なのだから。

そして名前が売れるにつれ、この悩みはいたちごっこに
なりそうなので、大きく先回りして対策するか、
そういうモノだと受け容れるか。

もう一つ、僕は他人に期待しすぎてる。
だから上手く付き合えない。6年前に
「理解してもらってる親友以外は、ファンとして接する」
という、いま以上の決意をしてた。エライ。


常識人に対するいろいろを諦めること。
それが一番イイみたい。
by nopain-nogain | 2013-08-30 05:59 | 自己紹介 | Comments(0)
グチ・グチ・丹沢連峰・孤独死
 
 
人間関係のグチが二つ続いた所で、丹沢連峰の
山奥の崖崩れの、完全に行き止まりの道での
気持ちです。



人間関係のグチを書いてますが、どちらかというと
向こう側の人のほうが普通で常識的で社会適合者です。
月から金まで仕事して、会社のグチを言って、出来もしない
夢を語って、土日の渋滞にイライラする。
そのほうが普通の人です。

僕が人間関係が苦手で、それゆえに一人でコツコツと
仕事や趣味をやってるから、それが他人の興味を引いて
お金にもなるしタコ紹介にもなる。変わった人が注視される
のは、それはそうです。僕のほうが変人なのは解ってます。


普通の常識人は、平日深夜にこういうことしないでしょ。
d0002320_23401168.jpg


人里はなれて携帯電波も届かない。
鹿がいる。猿が、ネコが。クマがいる。
星空があまりにキレイなので
とうとう寝転がってみる。

川の流れる音、澄んだ風、草木のにおい、
どんどん増える流れ星と月。早送りみたいな雲。
フカフカの布団よりも、何十倍も寝心地がいい。
全身の緊張が抜けて、地面に染みこんでいくよう。

聞いたこともないような不思議な鳴き声にも不安を感じない。



するとどうだ。
このまま死んでしまいたい、と思う。



いちど経験した、凍死。
クマに襲われて、出血死。
バイクで転んで、転落死。
落石に当たって、落石死。
おばけに呪われて、おばけ死。

ここには死がいっぱいだ。



にしても。人と関わらないことが、こんなに安らかとは。
登山しててそのまま突発自殺する人、たくさんいるだろうな。
このすぐ近くにも、そうした人の影がたくさんあるだろう。
その気持ち、良く分かる。


もう、くだらないことで悩まなくてもイイ。考えることはたった一つ。
このまま死ぬか、生きて帰るか。





 
by nopain-nogain | 2013-08-29 23:11 | 心理学 | Comments(0)
縁切ったNさんに会った
 
キライになった訳じゃないので、
たまたま遭遇することもあるよ、Nさん。


久しぶりに話してみて、やっぱりダメだった。
僕自身はまったくダメで、まわりの人も
愛想笑いしてる感じ。まもなくNさんが帰ってからは
場が明るく穏やかになった。苦手意識は僕だけでは
ないようだ。

理由はいろいろあるが、僕が思うひとつ大きいこと。
Nさんは、自分自身のコンテンツが無いのがもっともダメ。
流行りのドラマとか、有名人が離婚したとか、
地方の殺人事件、ネットで得たネタ、ダウンした携帯アプリ、
友達カップルどうしたとか、そういう他人事ばかり。

どんなに小さいことでもいいから、自分のコトを
話して欲しい。今日は疲れたとか、仕事が上手く
いったとか、釣りでもパチンコでもいい。自分が
感じたことを話さないと。



他人のゴシップで成り立つ会話は、僕は興味ない。
by nopain-nogain | 2013-08-29 22:15 | 心理学 | Comments(0)
相変わらずダメな「他己紹介」
 
もう、なんど同じグチを書いたらいいんだろう?
 

初対面の人に「仕事なにしてるの?」と聞かれると、
まわりの人がかってに僕の仕事を説明する。
そのあとは例のサンタの話でうんざり。


・・・・・


自己紹介できるときはサンタのコトは言わずに
「作家です」と言おう。ウソではないので。

タコ紹介になったときは、付け加えて「サンタは
スタッフに任せてます、いまは作家業に専念してます」
と言おう。


・・・・・

このグチ、いい加減ウンザリだ。
でもこのグチ、あえて毎回書いていこう(笑)
なんか面白くなってきた。

バカにはどんなに説明しても無駄だ。
バカに期待するな。バカなんだから。
ネクタイしめたバカ。バカバカバカバカ!!
(↑子供・笑)


そう言わないとバランス取れないほど、
僕の被害が大きい。それを解って欲しい。
どこにいっても、ダメなのだ。




あ、そうだ。
彼女欲しい。彼女と一緒なら、変なサラリーマンに
声をかけられることもあるまい。彼女募集。
by nopain-nogain | 2013-08-29 21:51 | ライフワーク | Comments(0)
バイクで丹沢湖
 
 
先日、バイクに2分しか乗れなかったのでリベンジしてきました。


d0002320_8581028.jpg


適度な疲労感と満足感。

本文は、あとで書こう。
 
by nopain-nogain | 2013-08-28 08:58 | お出かけ | Comments(0)
バイク2分、屋形船
 
体調良く時間も余ったので、バイクで出かけようと思って
1時間くらい行き先を計画。準備してバイクに乗り「いざ、出発!」で
最初の信号で大粒の雨が降ってくる、この感じ(笑)
そのままクルッとまわって家に帰る。走行2分。


今年も屋形船に誘われた。バリバリ体育会系の飲み会なのに
毎回誘ってくれて、ありがたい。しかし、昨今の人間ラッシュにて
「もう、新規開拓はむずかしいみたい」で落ち着いてるので、今回は
断ろうかな。悩んで返信保留中。


どんなことでも勉強になるならチャレンジするけど、ずっとそんな
人生を43年もやってると「やらなくても解る」ってのも、だいたい
合格点で解るようになっちゃうよね。成長としては嬉しいだけど、
楽しみは減ってく。


そう、こないだバーで話した若者がインド方面に長期旅行に
行くとのこと。とってもうらやましい。僕も、行けばいったで
楽しめるけど、もうどこに行ってもそれなりに順応できる自信が
あるから、カルチャーショックってのが期待できなくて・・・
だったら、純粋に癒しな所、フルサービスorセルフな所のほうが
今の自分に合ってるかな。


メイン仕事はユックリペースで順調。仕事と収入はいくらでも増やせる。
執筆も悩みながらも順調。ここでの悪態記事とは裏腹に、好評をえてる。
ただ商業執筆には基礎からもっと勉強が必要・・・だけど、基礎通り
やったらつまらなくなるのでは?という懸念も強い。すこし売れて
変に発言力を持つとつい主観をだしたくなるけど、そこはガマン。
執筆用のペンネームが決まらない。いまだまったくノーアイディア。


日本で登記するより、海外に進出か?商才や財力よりも
なににしても、体力!が必要。体重は70kgでずっと安定。
もう少し腹を落とし、筋肉を付けたい。美的にも、人生的にも。


ドル円の換金、タイミングよかったようだな。その後を見ても。
大手の年末商戦、だいたい読みが当たって、それだけでも
100万単位。「外したらどうする?」って不安はつねにあるけど、
ここ数年、外したこと無い。先読みの能力、キッチリ。でも
その話をするとナゼか嫌われる。なぜ?ごく一部の聞いてくれる人
ありがとう。先読みって大切だよね。


自転車で、ヘトヘトになるまで走りたい。100kmとか200kmとか。
ただ僕のヘトヘトって自分に厳しいから、やりすぎる傾向がある。
水泳も本格的にタイム縮めたい。ランも入れて、トライアスロンやりたい。
登山、ダイビング、中型免許、船舶免許、やりたいことばかり。


旅行に行ってない。海とか温泉とか料理とか時間とか。
いつでも行けるという余裕から、行けてない感じ。
北海道、沖縄とか海外に行こうかな。


余力があるせいか、夜、眠れない。考え事がとまらない。
でも寝ると長く寝れるので心配ない。



ま、いろいろあるけど。
充実、幸せ。贅沢な悩み。高い目標。尽きない好奇心。
by nopain-nogain | 2013-08-27 04:42 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
機能美vsファッション
 
 
財布を作ってて、幾人かの反応を見て、想ったこと。

ブランドとか虚栄を気にする人は、表面しか見ないよね。
一生懸命、機能美にこだわる僕たちをバカにするよね。

そういう被害妄想を持っている。だから、くやしいから、
機能美とファッションを同時に表現してみたのが、コレだ。


コレだ!


d0002320_3373495.jpg


 
どうだ!どうだ!!!

刃渡り15cmにちりばめられたキュートなデコが女子力アップ!
蒼いリボンがモテ期の予感!秋を先取り!ワンランク上のプレミアムグリップ!
料理するだけでダイエット!?そろそろ本気で愛されたい!エコ出刃!



・・・・・


僕たち技術者が一生懸命つくった道具を、あっさりと
壊してくれる。それでいて僕らをバカにする。
良く分からん。お前ら、ビーズやリボンで生活できるのか?
ビーズもリボンも携帯も包丁も、僕ら技術者が作ってるんだぞ。
メール、顔文字、SNSだって僕らオタクが作ったモノだぞ。
なのになぜ、僕らをバカにする?



って、じつは気分がいいから、こういうコト言える(笑)



by nopain-nogain | 2013-08-27 03:48 | 道具 | Comments(0)
財布を作る
 
 
どうしても気に入った財布が見つからなくて
100円ショップの財布を改造して使ってた。

過去の財布の記事



待ち合わせの時間つぶしに、新宿高島屋で財布を物色。
やっぱり良いのがない。少し高くても・・・と思っても
よく観ると素材がウソだったり、ステッチが曲がっていたり。
あと高い財布の悪趣味な高級感がイヤ。


で、ふと思った。自分でつくればいいじゃん!


d0002320_1773784.jpg

d0002320_1774022.jpg

d0002320_177412.jpg

d0002320_1774379.jpg

d0002320_1774567.jpg

d0002320_1774730.jpg

d0002320_1774934.jpg


あり合わせの道具と材料で、半日で試作1号が出来た。

自分の指の長さ、
自分の服のポケットのサイズ、
自分の財布を出すシチュエーション、
自分のお金の扱い方・・・

そんな都合よくできないだろう・・・と思ってたら、考えた通りの
使いやすい「機能美」の財布ができた。あと微調整と強度実証
さえすれば、充分実用。調整が済んだら、良い革で本番作る。
同時にフォーマルな長財布も作って使い分けよう。


・・・・・

オレって「自分はクリエイターだ」って自覚と努力を常にしてるはずなのに、
どうして「財布を自作する」って考えが今まで思いつかなかっただろう?
そういうところ、ダメだよなぁ。



お金・お札を写真に撮ってアップするのって、ちょっと趣味悪いけど
今回はそれが主題だからしょうがないよね。割り切ってアップ。
by nopain-nogain | 2013-08-25 17:14 | 道具 | Comments(0)
人間ラッシュの余韻
 
それでも週2人くらい、新しい人間関係が出来ては、消えていく。

名前も覚えてないひともたくさんいる。

だんだん自分の立ち位置が解ってくるので、無駄ではない。

嫌いなタイプの人を適当にあしらうことにも慣れてきた。

なんだかんだと、単に贅沢なのである。

現状で付き合ってもらってる友達たちとの関係は

とってもイイ物だ。 スバラシイ!
by nopain-nogain | 2013-08-24 17:14 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
オレ天才。
 
 
20代で独立したときから先輩方に「キミは商売の才能がある」と
言われ続け、まぁなんとか20年ほど自力で商売を続けているので
合格点にはある、と思う。

・・・・・

商売の原点、僕がどの時点で商売を意識し始めたか?を
思い出してみると、明確に、なんと5歳の時に商才を発揮してる。

幼稚園の時、お祭りで模擬店を出したときだ。自分で創った
折り紙とか絵とかを売るイベント。まわりの子供は
好き勝手に値段をつけてメチャクチャなお店を作ってた。
それを観て「こいつら、バカか」と痛烈に思った記憶がある。

僕はそのとき、損益の考え方、市場調査、価格競争、宣伝、
品質、薄利多売品と高級品の売り分け、顧客の分析、商品陳列、
店の立地、などなど、本気で考えてた。もちろん専門用語はしらないけど、
隣の店よりも少し安くとか、大きい通りの角地に出店とか、そういうことを
考えるので必死だった。

まわりの子供たちが無邪気にデタラメな店を作ってるのを観て
「バカだ、そんなのが売れるわけ無い」と思って、イライラしてた。

でもしょせん「手作りの紙幣」での商売だ。買う側の財布も痛くない。
顧客と言っても幼稚園児の父兄である。僕の緻密な商売とは
関係なく「自分の子から、知り合いの子供から、たくさん買う」「売れてない
子供が居たら、情けで買う」という、健全で当たり前の光景が
ひろがっていた。

僕は思った「ここは大人も子供も幼稚だ、僕の居場所じゃない」

そこからの人生、小学生も中学生でも、孤独だった。
とにかくまわりが幼稚に見える。みんなに遊びに誘われても断る。
集団行動が出来ないんじゃない、バカらしくて参加したくない、という
考えだった。そんなだからいじめられもしたし、時には主役にもなった。
でも常に、違和感を感じてた。「僕はココじゃない。」

・・・・・

今になったら、なおさら信じられない。
幼稚園の模擬店の時に考えたマーケティング思考、
あの頃の考え方はほぼ正しい。その手のノウハウ本と
比べても、間違いない。あのときのコトはハッキリ
覚えてる。ほぼ満点なのだ。

いまでは海外までも商売の手を広めている43才中年の僕と、
お漏らしが治らない5歳の僕と、商売の考え方がまったく
変わってないというのはどういうことだ?

5歳の子供が、どうして商売の思考を正確に持ち合わせたんだ?
ウチの親は運転手と専業主婦。商売は無縁。なのになぜ?
僕にも解らない。ほかにもそういう子がいるんだろうか?
解らないことだらけ。

d0002320_1626277.jpg
↑これだぜ(笑)これが5歳くらいの僕。
まだウンコ漏らしてたのに。


この子がこの時に、ほぼ正解の商売思考を持ってたんだよ。
こんなの自慢にもならないよ。たぶん信じない人がほとんどでしょう。
でも僕だけは知っている。これが僕の商売の、一番古い記憶。





・・・・・

しかしなぁ。
タイムマシンに乗って、孤独で不安だった5歳の僕に言ってやりたい。
「おまえは正しい。そのまま突き進め」と。。。

いや、待てよ。
もしかして50年後くらいにタイムマシンが開発されて、
93歳の僕がタイムワープして5歳の僕に会って、商売の
ノウハウを伝えたのかも知れない!そうだ、きっとそうだ。
そうでもしないとあんな子供が商売を出来るわけがない。



そーか、そーか。ちょっとインチキだったな(笑)



解決♪




 
by nopain-nogain | 2013-08-20 16:28 | ライフワーク | Comments(2)