<   2016年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧
料理まとめ 3月
というわけで料理。

今後おそらく記事がふえるだろう、でも料理ブログにしたくないので、最初から「まとめ」にした。決してレシピ紹介ではなく個人的メモです。身についてることは省略してる。



■牛丼■
煮汁=(水150ml+砂糖15ml+醤油50ml+みりん50ml+生姜1cm)を中火で煮立たせる。約10分。
牛肉150g投入。アク抜き。約3分。
弱火にして玉ねぎ半個分を投入。玉ねぎが半透明になるまで。約10分。
d0002320_2351191.jpg
80点。
やや甘く、濃かった。砂糖と醤油は半分でいいかも。
煮汁を少し入れただけでゴハンが汁だくになってNG。煮汁入れなくても十分汁気でる。


■牛丼 2回目■
煮汁の味付けを少なめにした=(水150ml+砂糖10ml+醤油30ml+みりん30ml+生姜1cm)。少し薄かった、次回ちょい濃い目に。肉が固くなった、前回より高い肉なのに。


■じゃがいもコロッケ■
レシピ忘れた。すぐ書かないと忘れちゃう。うろ覚えで間違ったこと書いたら本末転倒だし。
d0002320_033951.jpg
80点。
揚げ物は手順は面倒だが、味の面では簡単。脂=美味いの単純法則。



■豆サラダ■
忘れた。たくさん作るとごっちゃになって勉強にならない。
d0002320_054050.jpg
80点。火使わない混ぜるだけなので。




■卵焼き・玉ねぎ入り■ 
卵2個を溶いて、だしの素3mlを入れる。
玉ねぎ1/3個をみじん切り。
中火でバター15ミリ角を溶かし、玉ねぎ投入約3分、溶き卵投入約1分。
d0002320_23511551.jpg
60点
玉ねぎが多いと水っぽくなるようでNG。次回は玉ねぎ減らすか、もう少し火を通す?
写真ひどい。


■甘い卵焼き■
卵1個に砂糖(てんさい糖)7ml。薄甘。次回は砂糖15mlで試す。間違った。
卵1個に砂糖(てんさい糖)3ml。薄甘。次回は砂糖5mlで試す。
こういう間違いを無くさなければならない。


■大根のきんぴら■
大根100gを切る。
ごま油5mlを温めて唐辛子(種抜き)を1本を入れる。
大根炒める。
みりん5ml+砂糖5ml+醤油5mlを混ぜて、投入。
皿盛って黒ゴマふりかけ。
d0002320_23511139.jpg

70点。
やや甘かった、砂糖半分でもいい。
ゴマの風味が良い、ゴマ多めでもOK。
試しに塩振ったら味がボケた。
お酒のおつまみならもう少し辛くてもいい。そんときは辛子もう一本追加してみる。


■大根のきんぴら 2回目■
なんか味がイマイチ・・・唐辛子入れるの忘れてた。味が薄いと大根の臭みが気になる。こういうのは濃い目にしとけば良いいか。きほん簡単で、しなった大根を使い切るのにちょうどいい。



■コンソメスープ・玉ねぎ入り■
d0002320_2245449.jpg
水300mlにコンソメ15ml。薄味。次回は30mlで試す。

■コンソメスープ・玉ねぎ入 2回め■
前回より濃い目にして、ちょうどいい味。しかし分量を忘れる。すぐ書かないとすぐ忘れる。


■熱湯の温度変化■
猫舌なので、火傷する。火傷するとその後の料理の味がわからなくなる。おいしく食べるために、自分の適温を知ることはけっこう重要。
d0002320_2271099.jpg
ポット85℃を常温陶器コップ&コーヒー豆に注ぐと75℃になった。意外と冷める。
ポット90℃を常温陶器コップ&粉末カフェラテに注ぐと80℃。
ポット100℃を常温陶器コップ&緑茶パックに注ぐと85℃。

・85℃=火傷しないが、熱くて味や香りが分からない。「固い」という印象。
・80℃=フーフー熱い。半口ずつ。
・75℃=火傷せず一口ずつ飲める。「熱々すする」。僕は75が適温かな。


■キャベツと卵のココット■
d0002320_2243337.jpg
※クックパッドのハートマークいっぱいの馬鹿っぽそうなレシピをあえて試してみた。
千切りキャベツ150g、味噌5ml+マヨ5mlをまぶす、卵を入れて黄身に穴あけ。レンジで3分。
不味い!馬鹿じゃないの!なんなのこれ。


■キャベツと塩昆布の温野菜■
余りもの処理なので適当に。キャベツと塩昆布まぜてラップしてレンジ1分30秒。ちょっとシンナリした。1分か50秒でも良かったかも。安物のせいか昆布の生臭さが少しした。すぐ慣れたけど。


■バターを使いやすくする工夫■
「バター専用容器&ナイフ」を買ったのだが、使いづらい。0点。まるで「小学生が考えた未来の道具」状態。ガイドにそって包丁入れるとプラが切れてしまう。プラ食っちゃう。0点。
d0002320_22102298.jpg
いろいろ工夫した結果、いまはこうしてる。あらかじめ15gと30gのブロックに切り出しといて、できるだけ接触面積少なめに盛る。整列させるとくっつくのでNG。それをトングで取り出す。滑らない・手汚れない・計量いらない。これは便利。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

共通点
・レシピ通りにすると甘く感じることが多い。砂糖の種類の違いかもな。てんさい糖とエリスリトール。
・「マヨネーズ」「激辛」好きな人とは根本的に味覚が合わない。人間性も合わない。


やること
・キッチン用のハカリを買う。0.1g単位MAX300gの。(仕事用の使ってたけど高級品なので)
・すぐ忘れる。キッチンにメモ帳置く?そこまでするとまた仕事になっちゃうかな。
・焦がし用に荒く使えるアルミの20cmくらいのフライパンが欲しい(物欲)。
・小さじは、乾物用と濡れ物用の2つあると便利かも。





by nopain-nogain | 2016-03-31 23:59 | 飲む食べる | Comments(0)
カメラまとめ 3月
※まとめなので3月末まで非公開のつもりだったが、操作ミスで公開になってたのでそのまま公開で。随時書き足していく。

 

■自分を試す■
「慣れ合いがキライ」とか言いつつ、ほんとうは評価が集まらない言い訳とヒガミじゃないのか?と自分を疑うこともたまにあるので、真実はどっちなのか検証をしみることにした。

写真投稿サイトで新規ID取って、いままでとほぼ同じ写真をアップ。そして自分から積極的に「イイネ」「フレンド申請」をしてみた。あっというまにイイネ返しとフレンドが増えた。その数何百倍。よし。証明終わり。

こういうことするの性格悪いな~と自分でも思う。でもさ、たいして見もせずに定型文コピペで褒める人のほうが性根悪いんじゃないか?と僕は思う。褒められるのは嬉しい、けどポイント稼ぎの褒めは、傷つく。ほんとうに良かったとおもった人、またはダメ出しできる人と話したい。

というわけで、海外サイトに投稿することが多くなった。社交辞令少ないし、日本と違った感性が見れるし。


■主義主張■
「写真で表現したいのなら、説明はいらない」というのは、誰かの受け売りじゃなく、いつのまにか自然とそういう考えに至った。
d0002320_4455889.jpg
これ学生の時から好きな表現者。昔見たときは聞き流してたセリフ。今はビビッと鳥肌が立つ。うれしい。

だとすれば、このドキュメントのなかで彼が語っている大切なことを、僕はいくつも見落としているかもしれない。けっけよく、表現ってのは教わってできるものではない。自分で気がつかないと。
 


■アンブレラ■
久々に蛍光灯のアンブレラを設置した。70mmで撮ってた小物を200mmで撮ってみた。どうしてそうなったかというと、キッカケはリビングに食事用のネストテーブルを買ったから。このテーブルが偶然にも、撮影専用テーブルよりも使いやすい(笑)。なので寝室で狭ぜまとやってた撮影機材をリビングに広げた。結果は良好。おおきい背景紙とストロボもう一台欲しくなった。ほんとうに必要?物欲??


■ゼンザブロニカのピント■
ブラケットを外すほどピントグラスを下げたら、かなりピント合うようになった。しかしブラケットを外すのは非正規だ。推測するにレンズのマウント位置がズレてるんだと予想。だとしたら150mmだとまたピントがずれるのか?・・・でも150mmは絞るから大丈夫か。じゃもう一つのニッコール75mmだとどうだろう?いや、そこまで研究する必要ないな、仕事じゃないし。しばらくはこの75mmで撮れそう。

d0002320_23242174.jpg




■映画とカメラ■
好きな映画を久々に見たら、カメラワークに気がついてしまった。絞りの形とかで「別撮り」してることが丸見えで、せっかくの名場面の流れが美しくなくなってしまった。敏感になりすぎた。

逆に、ほんとうに絵作りが美しい映画にも気がつくようになった。ヨーロッパ映画は昔からそういう繊細さがある。最近のアジア映画は積極的な熱さが。アメリカは昔は良かった。邦画はノーコメント。



■商品撮影をアップデートしない理由■
10年前に撮影した商品写真が粗々なので、最新の機材と技術で撮り直した。もちろんクリアな写真が撮れた。すこし考えて、ボツにした。

どういうことかというと、たとえば0.8mmの部品なのだが最新撮影だとキレイに撮れすぎて大きさが把握しにくい。言われなければ30mmくらいの部品にも見える。対して昔の写真だと「小さいものを拡大したが小さすぎるので画質粗くなっちゃいました」というイメージが強く伝わる。商売においては正確な説明よりもインパクトのほうが大切なので。昔の写真のほうが心に伝わるのは確か。

僕も消費者だった頃は「どうして一流企業なのに判りにくい説明なの?」って不満を持ったが、自分が送り手になると、なるほど「意図的にブラす」ってのが理解できる。商売人か消費者かは、この境界線のどっちにいるかだ。右にいる人は右にズレていくし、左にいる人はどんどん左に行く。その差は年齢を重ねるごとに広がっていく。



■物欲としてのカメラ■
貧乏だった・・・もっと言えば借金人生だった頃、一眼レフは憧れだった。そして目標だった。やっと一眼レフを買ったのも、交通事故の慰謝料で、だ(笑)。それからさらに年月経って、白レンズやフィルムまで楽しめるようになって、やっとなんとか昔の「目標」には達成した。

一眼レフに関しては目標のフラグだった。物欲・所有欲にも似てるが、もっと人生的な目標だった。だから手に入れた達成感がピークで、そこからはゴールのあとの失速走行。そのあとカメラ本体より高いレンズ70-200とゼンザブロニカを手に入れたときにモチベ(物欲)がストンと下がったのは、実質的な意味で当然の流れだと気がついた。

ついでに写欲も薄れる。急激に増えていた撮影目的の小旅行も、行く場所がなくなってきた。頭は「もっといい写真を撮りたい」と思うがそれは美的センスの側面でありカメラはあまり関係ない。天気がいいと「撮影に出かけなきゃ」と思うのはウツ病の焦燥感であり、やはりカメラと関係ない。

文頭のように僕は借金を返すことをがんばった、そのご褒美のカメラだ。もともとそういうシンボリックな存在だ。もういちどシンプルに所有欲を楽しもう。



■また一つ心(サイト)を閉ざす■
良い写真のお手本としたくて参考にしてた写真コンテストサイトを、ブックマークから消去した。理由は受賞作のうち「子供の写真」「ペットの写真」が占める割合が回を重ねるごとにひどくなってきたから。参加者のなかには素晴らしい風景写真やアーティスティックな写真もあるにもかかわらず、今回は受賞20枚中19枚が子どもとペット。同じような写真を見せられてうんざりする。

もっとも理由は解ってる。子どもとペットは儲かる。たったそれだけのことだ。僕が経営者ならそうする。ただあまりにも「バカな親バカから金を巻き上げる作戦」が見え見えすぎて辛いのだが、ペットや子持ちの人たちはそれに気が付かないのだろうか?

観光地ではときどき、嫌がるペットに無理やりポーズをとらせて写真撮ってる人をみかける。ペットが可哀想とか周りに迷惑をかけてるとかいう意識が全く感じられない、同じ人間として不思議な存在だ。



■機材の不調?寿命?■
Aモードで露出が合わない気がする。1段くらい暗くなる。
70-200のピントがシャキッとしない、気がする。
17-70はあきらかにAF不調なので修理出す。





by nopain-nogain | 2016-03-31 23:58 | カメラ・写真 | Comments(0)
ひとふりわがふり 3月まとめ
 
●なんで田舎の同年代はみんな同じように、ヤンキー中学生が年取ったような「ちょいワル」みたいな感じになってるんだろう?あいや若い人も相変わらず昭和のヤンキーだしな。いまはネットもあるしもっと多様化できるとおもうんだけど。田舎を出ない人間は根本的にそんなものなのかな。


●たまにFBで古い知り合いが出てくるが、ほとんど99%残念な感じだった。やっと一人だけ
「人生を貫いてるな」と納得できる友達を見た。嬉しかった。


●他人と視線が合う回数・時間が増えてる謎。別記事に転記。

●(飲み以外の日常で)自分から声かけるのは積極的に増やしてる。が、他人から声かけられる回数が増え続けてるのは、何が原因なのか?まぁいまのところ嫌なコミュはなく、楽しんでる。


●EBで一時期「Rが居ると他の客が逃げる」ってあったが、いまは「Iが居ると逃げる」な気がする。Iだけ一人で居る風景が異常に多い。僕も絡みたくない、他人の話題に割り込むうえに話がつまらないし。Kさんも愚痴が多く。JNも8とセットだし。そういう季節なのかな?・・・客に厳しいKZやSNYはそういうの無いから、そっち行く回数が多くなった。僕が変わったのかな。


●お出かけの行き先を伏せ字にするのはあまり好きではない。旅の記録としても見難いし。だけど仕方なく伏せ字を使うのは、マナーの悪い人達が来るとその土地の文化や風習が壊されてしまうから。あの人達には来てほしくない。どうせ文化など理解できない無教養な人は、別の分相応なところに行けばいい。







by nopain-nogain | 2016-03-31 23:57 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
AZ公園
 
 
久しぶりにAZ公園を散歩。


d0002320_14251431.jpg
今日は露出をマニュアルでやってて、こんな写真が撮れてた。

細々したイベントは、あとで書こう。

 
 

by nopain-nogain | 2016-03-31 14:28 | お出かけ | Comments(0)
人間
ほんのちょっと前までは好かれたくて四苦八苦してたのに。


いま、いかに嫌われるように慎重に言葉を選んでる。





by nopain-nogain | 2016-03-30 23:06 | Comments(0)
受注を悩む仕事の受け方
 
やればオカネになるけど、ちょっと興味が薄いとかモチベーションが上がらない仕事の場合。そのとき欲しいものを衝動買いする資金として受ける。そすると仕事のモチベも上がり、お客さんも満足、自分の物欲も満たされる。

今回はPS4買うか、海外でも行こうか。DWをCCにしようかな。



・・・・・

仕事を断るのはいまだに罪悪感がある。ビジネスではないから。「憧れの・・・」なんて言われると断るの辛い。そして「どうやったらフンワリ断れるか」なんて文章を悩んでいる時間がストレスでもったいない。だったら仕事受けて欲しいものを買おう。

そうかんがえても良いイメージが浮かばない仕事は、早めに断ろう。それは仕事内容じゃなく人間的に相性が悪い場合が多い。なんかメール読んでて疲れるし。



仕事はたくさんある。やれば月100余裕で行く。だから仕事が無くなる心配はしなくていい。ちゃんと仕事を断れるように、リハビリ続けよう。




by nopain-nogain | 2016-03-30 00:16 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
寿司屋で

d0002320_019407.jpg
「お客さん、どこ行っても歓迎されるでしょ」とズバリ。 



by nopain-nogain | 2016-03-29 00:07 | 飲む食べる | Comments(0)
消費者の意見は聞きたい
 
商品のネーミングと価格設定は、難しい。商品の本来の良し悪しよりも、名前と価格のほうが売上に直接影響ある。

自信がもてるようになって10年だが、経営脳でモノをみるようになったのは幼稚園の時から。40年も売り手のほうに居ると、買い手の気持ちが分からなくなってきてる。ときに策に溺れる。

経営知識のまったくない購買層の意見を聞きたいと思う。一般論じゃなくて、具体的に今日の新製品の名付け法則を、数案から選んで欲しい。

スタッフに聞こうかとも思うのだが、よく考えるとこの人は僕と同じ思考回路なので、いつも「同意」になる。たまに反撃したり逆転ホームラン打つので、慣れ合いではないのは解ってる。ネーミングについては僕が主導の歴史。



・・・・・

さんざん考えて決定した商品名が、既存の(自社の)商品名と被ってることをスタップに指摘された。なんてバカなんだ俺は。しかしもう20年1000点以上の商品があり、ボツ商品はその数十倍だ。一人で考えると似たような名前になってしまうのも道理。こういうとき意見を出しあう会議が必要だとおもう。一人ですべてやるのは限界がある。

ただ今日は、自分の限界を知って妙な満足感があった。スクロールもめんどくさいくらいビッシリ書き込まれたエクセルの商品管理表を見て「これすべて自分でやったんだなぁ、たった一文字も無駄がないよなぁ」と急に感慨深くなった。



今日もファンレターが2通来てる。



by nopain-nogain | 2016-03-28 16:17 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
視線恐怖症のリハビりはだいたい終わり
 
他人を見るのは失礼か気がして見れない。他人に見られるのは恥ずかしい。という他人と目を合わせることができない視線恐怖症。それをリハビリしてだいぶ普通になった。でもときどき混乱する。




なんか知らない女の人と眼が合うことが多くなった気がして。電車とかで。しかもこっちが視線はずさないと10秒とか見つめ合ったりすんのな。それは視線恐怖症じゃないひとにとってふつうのコトなのかな?わからない。2秒でも長いよ、それより長いとなにか意図があるとおもってしまう。悪意とか抗議ならわかるけど、そういう意思は感じられないし。

おととい。
エレベータに乗ってたらベビーカーの若奥さんが乗ってきたので「開ボタン」を押してあげた。ありがとう、いえいえ。のあと、なぜかずっとこっちを見てる。なんだ?と思う。降りる時も「開ボタン」を押してあげて、ありがとう、いえいえ。のあと、なぜか見つめ合う。しかも近い!かなり近い。そしてまっすぐな視線!2mmほど引いてしまう俺。そうやって引くのも失礼だよなと杞憂する。

こういうのが自意識過剰の視線恐怖症の典型で、前だったら一瞬で眼をそらして逃げるように立ち去るんだけど、いまは何度か見直すと「まだ見てる!」ってなってびっくりする。どうなん?ふつうなの?あいや僕は病気自覚だけど、あの奥さんは普通なの?





疑問は疑問だけど、長く引きずることはなくなった。さいきんそういうの多いし。なんとなく、日記的に書いた。

 

by nopain-nogain | 2016-03-28 06:36 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
冷凍睡眠
 
夏はもちろん冬でも、布団が温かいと寝苦しい。


リビングでゴロンとなったらアッサリ寝れてぐっすり寝れた。半袖ハーフパンツで。冷たい床に直接で。ブランケットも掛けずに。とうぜん冷える。ふつう風邪引く。風邪ひかないギリギリの低温くらいが寝るのにちょうどいいらしい。

かつて不眠症の真っ最中のとき、12月31日の年越しに大酒飲んで深夜の公園で寝て凍死自殺しそうになったあのとき、寝入りが異常に気持ちよかった。寒さなんて全く感じなかった。「ああもうこのまま・・・」と。

d0002320_621550.jpg
たいていは特に女性は手足が冷えて寝れないはよく聞くけど。「足の裏が熱くて寝られないことあるよね」はほんの数人だけど共感する人が居る。冬でも、今日も、足裏が熱くて寝れなくて、こうしてパソコンしながら足を冷やしてる。疲れてて寝たいのに、きがついたらメガネもせず3時間仕事してた。過集中のときと似た感じになってる。

ま、管理下にあるので健康の範囲内。




by nopain-nogain | 2016-03-28 05:57 | 健康 | Comments(0)