<   2016年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
料理はどこまでやるか、が問題。
d0002320_122549.jpg
写真はビリヤード最初の2年の研究資料。ぜんぶ自分の手書き。後半はデジタル化で、印刷したらこの倍はあると思う。料理もこうなることは目に見えている。やればできるのは自分が一番よく知っている。問題はどこまでやるか?だ。






by nopain-nogain | 2016-05-31 23:12 | 飲む食べる | Comments(0)
料理まとめ 5月
■料理まとめ 残念中間報告■

夕飯時、オナカが減ったので「白米・味噌汁・モウカサメのバター炒め・納豆・卵と野菜のサラダ」にすることにした。そんで「ゆで卵の湯で時間実験」をやった。卵を3つ茹でただけで疲れてしまったのか、食欲がまったくなくなった。ちなみに卵は食べていない。

不純物を取り除くために鍋を綺麗に洗い、沸騰にも温度計を使って、卵は一つ一つ重さを測って揃えて、キッチンタイマーを2つ使って、仕上がった卵の写真を撮って、料理データと感想をメモして。

(別記事に転記)



■どこまでやるの?■
別記事に転記





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


■ゆでたまご実験■
条件を一定にするために、つぎの手順で行った。
・鍋に、卵が浸かる+くらいの水(約2L)を沸騰。
・冷蔵庫から出してすぐの卵を入れる。
・規定の分数、茹でる。
・取り出したら流水で約1分。

d0002320_21143510.jpg
左から6分、8分、10分。


6分。ゆるい。殻をむくとき白身がプルプルしてる、固めのプリンに近い。黄身は溶け出してしまう。これはゆで卵じゃないな。サラダとか何かのトッピングとかにいいかも。

8分。レア。横にすると黄身がゆっくりトロッと垂れる。僕はこの辺から9分がお好み。

10分。ミディアム。黄身は外が粉状で中心はネットリ。

12分。次回。

15分。次回。
2016.06.17実験済。
d0002320_1211897.jpg
完全ウェルダン。15分以降は変化無しと思われる。




中間報告。
・黄身の過熱具合はほんの1分で大きく変化する。狙ってできるのか?
・熱湯に冷えた卵入れると割れる?半分割れた。
・卵を常温に戻してから茹でる実験。
・熱湯から上げて余熱でどれくらい火が入るかの実験。5分刻み。


■切り餅■
ガスレンジにオートで「切り身焼きモード」ってのがあるので弱でやってみた。さいしょのピピピで少々焦げ気味。続けて「干物モード」の弱でも焦げ気味。3分もいらないか?次回はタイマー弱3分でやってみる。
d0002320_169494.jpg





■ペペロンチーノ17回目 ハーフバージョン■
オイル15+ニンニク1P、弱火2分。火止めて唐辛子10輪。
水2000に塩20+パスタ50を5分で上げ。オイルとあえる。
ここで前回と違うのは、パスタを上げてから追加のオイルは無し。茹で湯を40か50くらい。
試食して熱が足りなかったらわずかに中火入れる。
これで3分4分。乳化するし十分ソースが余る。

おいしく食べれた。手順はだいたい固まった。
しかし、数多く作ってると基準が分からなくなった。
誰かが作ったお手本を食べるか、自分のを誰かに食べて欲しい。

■ペペロンチーノ18回目 ハーフバージョン■
前回と同じ。なのにやや油っぽくなってしまった。次回は塩を10gに。オイルを10gに。パスタは5分30秒で。

■ペペロンチーノ19回目 150gバージョン■
オイル15+ニンニク大きい1片。火止めて唐辛子15輪。
水2L+塩20g。パスタ5分30秒。
オイル15+茹で湯30。生パセリ。
自分的には最近の定番の仕上がり。

これを人に食べてもらった。「パスタが固い、アルデンテの一歩手前。辛さが弱い。その他は気にならない」。お世辞を言わず、ちゃんと指摘してくれる人でよかった。パスタ150だったので6分くらい茹でたほうがいいかも。辛さは確かに30輪くらい入れても良い、特にこの人は辛いのが好きなので、次回調整だな。

■ペペロンチーノ 20回目 茹で6分バージョン■
前回「固い」と言われたので5分を6分にしてみた。湯から上げた状態で芯はほとんど無い。フライパンで和えるのも2分から少し長めの3分に。。。まず塩味が強くなった。麺は芯なしだが、ダランとならない程度の固めではある。次回7分で・・・いや思い切って茹で過ぎの9分でやること。

■ペペロンチーノ 21回目 茹で9分バージョン■
7分を9分は流石に茹で過ぎ。盛り付けで麺が切れてしまう。麺が水分吸い過ぎて、オイルソースを吸ってくれなくてベチャベチャする。完全に失敗。

■ペペロンチーノ 22回目&23回目 茹6分+先に乳化版■
オイル+ニンニク+唐辛子が温まったら茹で汁を60入れて先に乳化させるバージョン。麺とのからみも良い。茹では6分で上げて混ぜながら3分、硬ければさらに1分、そのときもし水分足りなかったら湯15追加。これの繰り返しで5分はかからない程度。。。。仕上がりの見た目は油っぽいが粘度が高く麺と絡んで良かった。
d0002320_15263682.jpg
フライパンにソースが全く残らないと、いい感じ。


食べ終わって、すぐに23回目をつくった。連続でつくると勉強になる、そのためにパスタ50gと小刻みにしてやってる。作り方は22回目と同じ、ちょっと調整した。試食して、同じようにできたので安心。そのまま同じ味じゃつまらないので、仕上げに余ってるレタスを入れてみた。
d0002320_1525044.jpg
イタリア式のアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノを調べるとオイル多めでテカテカしてるようだ。盛り付けの前に生オイルを入れる人もいるみたいだし。写真はテカテカだが、これでも「少なめ」な感じ。日本のペペロンとは全く違うのが解ってきた。


■カルボ 1回目■
単独記事に転記



■鶏きんかん煮物■
実家では良く出てきた「鶏きんかん」だが、都会では10年に一度くらいしか見ない。聞いても知らない人のほうが多い。まあ血管や肉膜がついてたりしてグロっぽいから、都会向けではないんだろうかな。

きんかんは軽く水洗い。(今回は薄皮剥きや足付けなどの下処理無し)
煮物基本セットの、水100+みりん30+酒30+醤油30+砂糖30+しょうが5cmを中弱火で軽く沸騰。
鶏きんかん入れて中火で10分。完成。
d0002320_14131785.jpg
ゆで卵の黄身の味が好きだがパサパサは嫌い、そして白身の食感が好きだが味が薄すぎる。かといってまるごと一個は食べれない。そんな一長一短を鶏きんかんは叶えてくれる。黄身の味で白身の食感。適度な大きさ。おいしく出来た。

半分は冷蔵庫で冷やして温めなおした。味が染みこむが、その代わり卵味は薄れていく。


追記:
友達に「きんかんって知ってる?食べたことある?」って聞いたら「あるよ。うち鶏さばいてたから」って!家庭でニワトリさばくのか~どこで売ってんだよ。。。ってことでやはり、きんかんはちょっと生き物寄りなんだろうな。屠殺って否定する人もいるからな。



■バターライス+冷凍ミックスベジタブル■
バター5+ミックスベジタブル50g+ゴハン1.5杯+中華粉1。
d0002320_1414448.jpg
味薄かった。次回、塩1週+胡椒1振りを追加。


■カップで即席コンソメスープ■
水150+コンソメ5。もう少し濃い目でもいい。※日によって味覚も変わるので、時間のあるときに3種類の濃さを同時に作って味見する。ダラダラやらず、実験で決着させること!


■鶏肉の塩ガーリック焼き■
d0002320_14171582.jpg
妙に柔らかく美味しかった。酒飲みながら適当に作ったので、おいしく出来た原因は分からない。


■鶏肉の煮物■
余っていた鶏肉を、同じく余っていた煮汁基本セットで煮た。
d0002320_1421773.jpg
味濃い煮汁は、何入れてもそれなりになっちゃうな。


■鶏もも肉の焼き加減の実験■
まず中火で両面焦げ目を入れるのが2分。弱火にしてフタして、1分おきに切り込み入れて断面を見て焼き加減を計る。
1分~5分=とうぜんレアレア。
6分~8分=ミディアム。食べられるだろうけど中心が少しピンク。
9分=白くなった。柔らかくて美味しい。
10分=変化わからない。柔らかくて美味しい。
12分以上=変化無いのでやってない。焼き過ぎから焦げるまでもやればよかった。失敗。

10分で火を止めて熱の浸透を待ってたら、肉汁(?)があふれた。肉の投影面積と同じくらいの量。10分後にはゼラチン化してたので、水分じゃなくて油なのか??逃したほうがいいのか食べたほうが美味しいのか。

何も付けなくても鶏肉の味で十分美味しい。塩を振ってもまあ美味しいが、必要ない。粗挽き胡椒を振ったら味が雑になった。コショウはいらない。オレンジジュース飲んだら鶏肉の味が一気に分からなくなった。



■ブロッコリーをキッチリ茹でる練習■
どうやら腕よりも素材によるばらつきが大きいらしい。
d0002320_1418419.jpg
綺麗にできたが、これは素材が良いからだと思う。同じようにやっても茶色くクスむときもある。


■卵焼きの味付けの実験■
卵1個(60g)にだしの素2gはちょっと濃いめ。次は60gに1gで。


■ししゃも焼き■
5尾、干物・弱めで最初のピピピまで。身はおいしく焼けた。頭と尾が焦げたのでアルミで覆ったら、アルミにくっついて頭と尾がもげた。見た目の問題を改善。

■コチュジャン自作■
レシピ見ずに勘で。唐辛子15+ごま油30+みりん30+砂糖15+塩3+コショウ1。これをもやしにあえて食べた。辛さメインなのでそれっぽく食べれたが、味の時間差がバラバラでおいしくなかった。砂糖半分でOK。

■お米炊き■
お米1号=160g。
水160だとかなり固め。水200で標準くらいか。ただしお米が「固めに炊くためのお米」なのでどうやっても固めになる。新米だとかなり変わると思う。

■トマトの冷凍・解凍■
皮がはずれてしまう。味はイマイチ。なにかの料理に加えるならOK。さらに研究。

■パセリの冷凍・解凍■

■ぶどうの冷凍・解凍■

■モウカサメの煮物x2回■
1回目30+30+30+30でちょっと甘く感じたので、すぐ2回目作って30+30+30+10でちょうど良かった。
d0002320_15364870.jpg



■モウカサメのバター炒め■
d0002320_15334930.jpg
安くて柔らかくて美味しいのに、どうして普及しないのか?と思っていたが、調理のあとのアンモニア臭(?)がすごいな!フキンとか捨てるレベル。もう買わない。実際にやってみないと判らないことだね。


■レタスチャーハン■
余り物で。油15強火、豚肉約70を1分。卵1個、すぐゴハン1杯。約3分でパラパラ。レタス3枚、すぐ中華粉10g。感想=油加減が良く、パラパラで食感良かった。味は普通・・・っていうか、自分で作ると味の評価むずかしいな。他人が食べても「普通」って感じだと思うけど。ま合格の範囲内だとおもう。
d0002320_15454067.jpg
被写界深度浅すぎた。



■作ったモノ■
・豚肉冷シャブ+かいわれ+大根おろし。
・固くなったゴハンで、卵入りお粥。
・親子丼。
・ほうれん草のおひたし
・即席味噌ラーメン+キャベツ+もやし




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■料理は相対と比率だ■
絶対値じゃないよなぁ。でも「相対」「比率」のほうが分かりやすい人って少ないのかもな。根本的な・・・


■「塩少々」を理解してる人はいない■
普通に料理してる7人に「少々とひとつまみ」を聞いてみたら、理解してる人はいまのところゼロ。量が逆だったり、量が何十倍も違ってたり、そもそも量じゃなくて違う意味で使ってたり。それでもチャンとした料理を食べさせてくれてた。その人なりの味付け基準はしっかりあるのだが、それを言葉や数値にして人に伝えるのは、料理とは逆のベクトルなのだと思う。

プロの人には、実は前々から聞いている。良く理解してる人と「理由はしらないが昔からこうだから」という人に別れる。

面倒になるのは予想したうえであえて料理自慢の人にも聞いてみた。やっぱり解ってなかった上に、かるくヒステリーになられた。そして聞いてもいないオーガニックキャベツの下ごしらえの話を延々と聞かされた。料理とか以前に、この人はこういう人なんだな、という審判になった。



■料理動画を見て■
切り方とか炒め方を参考にしようと思って動画見ると「キッチン汚い・道具の扱いが粗雑・大事なところはカット」っていう人多いな。あるいはテレビのセットみたいなオシャレ動画は現実離れしてて参考にならないし。普通に家庭料理の勉強をしたいだけなのになぁ。


■落し蓋■
「アルミホイルで代用できる」って良く言うけど、目的と構造を考えたらアルミじゃダメだろ。無いよりマシ程度。というわけでちゃんとサイズと重さを調べて落し蓋買った。ただ、対流とか考えたらもっと効率のいい形があるはず。下面はラジアルミ溝とかね。いろいろハイテクになってるのい、こういう部分は進化を忘れてるよね。
d0002320_15385773.jpg



■嫁と姑問題■
料理教えてくれる人がいたらありがたい。勉強熱心な嫁なら姑も喜ぶだろうに・・・・・・って思ったけど、すぐ姑を追い越して、やっぱり嫌われるだろうな。ああ、たのしく熱心に本気で一緒に料理やってくれるひといたらいいなあぁ。






by nopain-nogain | 2016-05-31 23:11 | 飲む食べる | Comments(0)
カメラまとめ 5月
●大判まとめ●
性能諸元
・シャッター#0
・レンズプレート11.4x11.4mm
・レンズFUJINON・W 1:5.6/105 (35mm換算28mm)

やること
・フィルムバック
・200mm(換算50mm)くらいのレンズ欲しい。

どんなにカメラ好きの人でも「大判はじめた」と言うと、サーッと引いてしまう。大判のことは隠しておくしかない。


●メインカメラ寿命間近●
電源スイッチOFFしたら3秒ほど遅延動作。再起動したら液晶がわずかにブラブラ。センサーかと思ったが再生画面でもブラブラなので液晶から先。何度かの再起動で元に戻る。一生つかうつもりだったけどたった4年か。使ってみて、デジカメ本体って消耗品だと実感する。



●何を撮るか、何処で撮るか●
さいきん感じるのだが、国内で撮ってるなら何処で何を撮っても大して変わらないと感じる。そりゃ都内より地方のほうが光や空気がキレイとかは感じるが、被写体はまんべんなく緑青黄に偏る。海外に出ると空気の違いも大きいが、彩りと造形美のバリエーションが何百倍にも広い。あと人間の肌の色のバリエーションも。ままカメラに限らず、日本じゃ物足りない不満はどんどん上がっている。足りてないのは資金だけだ。








by nopain-nogain | 2016-05-31 23:06 | カメラ・写真 | Comments(0)
ひとふりわがふり 5月まとめ
●珍しくPPC-1さんに飲みに誘われたので、お付き合いもかねて出て行った。そして失敗だった。呼ばれた理由は単に「一人で行動できない」という消極的な理由。僕じゃなくても誰でも良かったのだ。一人で行動できない人って、中身が薄いな。つまらない。

●役者のITKRNさんに呼ばれて飲み。情熱が強すぎるのは相変わらずだが、仕事が終わるせいか、話題が極端に小さくなった。ほとんど聞き流せるので、以前より疲れない。でももうしぼんでいくしかないのかなぁ。。。数日後また誘われたが、とうとう無返事してしまった。有名人と知り合いになれるなんて憧れだったのに、まさか断るとは。

●経営者仲間のSTさん。飲みに誘ってくれたがすでに6回連続で断っている。有能でいい人なのだが堅実すぎて。僕はやっぱりも突出した変な能力に魅力を感じるんだろうな。

●健康的とか華やかとかモテモテという意味で憧れだった人が、どんどん人生を崩壊していく。それどころか周囲の人にとって不快なエピソードになっていく。「どうして・・・」と思うが、じつは「華やか系」の人って実態がないからかもしれない。そもそも「華やか」って他人から出る表面上の感想であって、本人の実力じゃないからな。そう考えると自然の流れかもな。若いころ美人とかモテだった人は中年になるまでにモテ以外の実力を付けないと「惨めなかまってちゃん」になって、悲惨な人生になるよ。同じなパターンを何人も見てきた。

●他人に対するガッカリネタが続いたが、ちゃんと「話してて楽しい」という人はちゃんと楽しい。そういう人は確実に居る。

●ANDさんと飲み。今日は格別に口が走っていた。
出会って少したった頃、会話がなりたたない面倒な人だと思って距離をおいた。すこしして「ああ、これが多動性障害なのか」と理解してから、よく飲むようになった。かなりパワーは使うが、精神的な負担はなくなった。こちらが上手く誘導すれば、会話の内容自体はかなり楽しい。

■寿司屋で
カウンターの女は、帽子被ったままタバコ連続、そしてヘッドホンして音漏れしながら食べてる。
老夫婦はバイ貝のフタが食べられるかどうかで口論してる。
サラリーマン4人は酔って大声。
中年カップルは常連いばり。
どうなってるんだ。レベル低すぎ。1杯で出てきた。人間ってそんなにレベル低いんだっけ?


■大企業の中の人
専門分野の大企業の人に電話。とうぜん電話対応能力も専門知識もあるだろうから安心安心、と思って頼ってしまうが、すべての面において自分のほうが熟練度が高いことに途中から気がついて、こっちがペースをつくったほうがスムーズだった。僕もバカだから単純に「大企業=優秀」「高学歴=優秀」ってイメージしちゃうけど、個人個人の能力はそういうものだということを、いいかげん身につけないと。


■「マナーに反発するのがカッコいい」と思っている人が結構いるので、「マナー守れ」ッて言うほど逆効果になる場合があることを知ったほうが良いのに。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●アスペルガー系コミュ障害をイマイチ把握できないでいたが、あるエピソードを聞いてやっと理解できた。そして思い当たる出来事がいくつか当てはまった。ウツとか多重人格は映画にもなりうるが、アスペは物語にしにくいことも、なかなか理解しずらい原因だったとおもう。傾向が解ったので対応の幅も広がり、自分のストレスも軽減できそう。


●多動性なんとか障害については、ANDさんがそれなので、長い付き合いでバランスがとれるようになった。




by nopain-nogain | 2016-05-31 23:01 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
模倣と審美眼
僕が作ったモノが真似されるのは名誉なことで嬉しい。若者はどんどん真似することで、何かしら学んでもらえれば、と思う。

しかし失敗箇所や手抜き部分までキッチリコピーされると、毛穴の奥を覗かれた感じで非常に恥ずかしい。若手への見本としては大変な責任を感じるとともに、君たちはもっと審美眼を養いなさいよ、と思う。





blckshp-DNDRBUM・
by nopain-nogain | 2016-05-30 23:15 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ
いろいろ発見が多かったので、単独記事で。


●カルボナーラ 1回目●

ペペロンは作りすぎて味が分からなくなってきたので、カルボナーラを。
d0002320_9522498.jpg
イタリアンを創るときは日本レシピじゃなく、イタリアのサイト&動画を観るようにしてます。が、素材そのものが違うので上手くいかないことが多いことを知ることが出来ました。ただし「良い材料ないと作れない」っていうレベル低い料理はしたくない。日常的に手に入るものでアレンジ出来るようにならないといけない(でた!強迫観念・笑)

いきなり余談。
イタリア人って陽気だね!そして料理をほんとうにたのしんで作ってる。それにくらべて僕のは精神病のオタクの理詰め研究だ。でもいいの。僕はそれが楽しいし、たぶん僕を知ってる人たちもマッドサイエンティスト的なそれを見て楽しんでると思う。さて本題に戻って・・・


パスタ50(ハーフ)
パルメザン30
卵黄2個
玉ねぎ30
ベーコン30
粗挽きコショウ=トッピング目視

追記:パルメザンは多すぎた。多くても美味しい。ハーフなら10でもいいかも。


・日本製ベーコンは焦げ付きやすい。
イタリアではアルミパンに直接ベーコン(パンチェッタ)炒めですが、日本のは保存料か増粘剤が多いらしく、テフロンでも焦げてしまう。しかも化学品の焦げなのでおいしくなさそう。少量のOオイルを足した。

・パルメザンの乾燥度
パルメザンはよくある緑缶、それに卵黄を混ぜたらダマダマに。おそらくチーズが乾燥してて卵黄の水分を吸い取ってしまうのかと。やはり削りたてのほうがイイのは分かってるが。まあ実食したら美味しい範囲内だったからいいけど。次回はOオイルか茹で湯で調整か?

・クリームや牛乳を入れるのは邪道だが理にかなってる。
上記のチーズ&卵黄がダマになる件、材料もそうだし、日本とイタリアの気温・湿度の違いもあるとおもう。ダマになったソースをかき混ぜてるとき「生クリームか牛乳で緩めたらいいだろうな」と思ったもの。ま、それはアレンジとしていずれ。

追記:イタリアではパンチェッタ炒めで出た油を足すこともある。
追記:卵白を加えて調整も可。
追記:パンチェッタのフライパンに水又は白ワインを入れて熱を下げておくと、卵が固まるのを防げる(日本式)。


・玉ねぎ品質不安定
大玉68円という安物なせいか、なかなか火が通らないうちに表面が焦げた。失敗かと思ったが、食べたら美味しかった!わずかな歯ごたえの存在感と、にじみ出る甘み。あ「カルボ」は「カーボン」=炭素=焦げのことなので、まさにまさに。

追記:このあと同じ玉ねぎでチャーハンつくったら、これまた食感も香りも良く甘い玉ねぎに。もしかしたらこの玉ねぎが当たりだったのかもしれない。


・パスタ茹で湯の塩
レシピにおいて、入れるときは「入れる」と書くが、入れない時は「入れない」とは書かれない。よって入れるのが常識だから書かないのか、入れないから書かないのか、判らない。僕達理系は、そういうことはしっかり記述・伝達するクセがついてるせいで、料理レシピの曖昧さに困惑する。今回は塩入れないでやってみた。ベーコンとチーズの塩分だけで不足はないようだ。でもパスタに塩味あったほうが美味しいのかも、次回1%でやってみる。あ、湯で時間は規定どおりの7分。カルボにアルデンテは合わないと思うので。

・盛り付けが下手
もう30回目になろうというのに、パスタが崩れてしまう。プロ動画だと簡単にみえるが、やっぱり細かいところにコツがあるんだろうな。

・さいごに粗挽きコショウ
市販の瓶入りをそのまま掛けただけ。挽きたてがほしいところだが。もしかしたらコショウを少し炒ったら香りがでるかも、次回。


d0002320_1024437.jpg
合格の範囲内。

素人が初めて作ったカルボは、偶然にも非常に美味しくく出来た。お店で食べると整った味ででてくるよね。それと比べて素人料理は何かしら個性がでるから(大失敗さえしなければ)印象がつかみやすい。今回は玉ねぎの加減が妙に良かった。「入れなくてもいいんじゃね?そもそもカルボに玉ねぎ入ってたっけ?」ってくらいの存在感の薄い玉ねぎだったが。ただ、偶然の産物なので再現は難しい。

ソースは、ソースというよりペーストだったが、味も食感も良かった。パスタの硬さは印象に残ってない、ってことはちょうど良かったんだと思う。ベーコンも違和感ない、もうちょっと入れてもいいかな。アレンジでマッシュルームとかキノコ系入れたいと思った。




まぁよく一発でできた。ここ数ヶ月の基礎訓練の成果が出たと思う。



by nopain-nogain | 2016-05-30 10:37 | 飲む食べる | Comments(0)
成功者としてふさわしい人間かどうか
成功者としてふさわしい人間かどうか
by nopain-nogain | 2016-05-29 09:18 | Comments(0)
コンプレッサーのメンテが必要なかった
右手親指が軽い腱鞘炎ということでPC作業は自粛して、ふと塗装用コンプレッサーのメンテを始めた。そしたらほとんどメンテの必要なくてびっくりした。だってこれ、もう15年ノーメンテだよ。稼働時間は15000時間は超えてると思う。この堅牢さはいかにもドイツっぽいが、意外とデンマーク製。


d0002320_9505577.jpg
このコンプレッサーは稼いでくれたな、もしコレがなかったら・・・。

15年前といえば貧乏な時期に、どうして高価なコンプレッサーを入手出来たのかを思い出すと、新薬被験者などの危険なバイトの話とか長くなるので省略。まぁまぁ、とにかく正しい設備投資は何百倍にもなることをすぐに実感させられた。人生の分かれ道だったと思う。コレ以降は借金してでも一流の道具を買うことにした。そうやっってまた借金上乗せだが、回収する自信はあったし、こうして結果も出てる。あまた自分自慢になった、話を戻す。

わずかにオイル漏れエア漏れはあるけど問題ないレベル。ホコリと汚れをキレイキレイに。ポリオルエステル系という高価なオイルは入手困難なので予備も買ってあるのだが、なぜかオイルが減らないという不思議。運転ランプ用プラキャップが割れていたがもともと見ないので問題なし。汚れたエアフィルタは女性用ストッキング(超定番!)に交換。水抜きタンクを新品にして水抜きしたら、まず80mlくらい出るのな。どうしていままで満タンにならなかったのだろう?蒸発してた?腰をすえてメンテする予定が、けっきょく清掃と消耗品交換だけで十分だった。


こんなに長い年月を密着して一緒って、このコンプレッサーと車だけかもな。人間だって長くて数年だもん。他の人達で15年以上使ってるものって、何があるかな?こんど聞いてみよう。


d0002320_10154788.jpg
あ!この関数電卓は高校生からなので30年か!簡単な四則はスマホが便利だけど、たまに三角関数とかで使うと「ほんとうに頭いい道具だな」って思う。ちなみに四則だけでも普通の電卓とは計算結果がことなるので注意!


d0002320_10153888.jpg
この車は20歳から15年間。思い出がいっぱい。




by nopain-nogain | 2016-05-28 10:19 | 道具 | Comments(0)
縦に長いページとマウスG602の感想
このマウス、体の一部のように使いやすくて、もう3年くらいかと思ってたが、まだ1年たってないのな!単3電池2個なのでちょっと重いが、滑り止めを貼ってから改善してる。なかなか良いマウス。

さいきん長い読み物が多いので、ページの一番下まで一気にスクロールさる機能を割り当てようと思ったら、ソフトウェアが見当たらない。でもマウスはちゃんと機能してるし・・・しらべたら設定情報はマウス内で記憶してんのな。だからXP時代の設定が残ってて、windows7に買い換えてもそのまま使えてたってこと。あらためてソフトをDLしてボタン5個をカスタマイズ。

ctrl=複数選択用
home=ページトップへ
end=ページ最下部へ
戻る=戻る
ctrl+w=閉じる

これで今まで20回くらい押してたボタンが1発で済むようになった、とても楽。まだあとボタン4つ余ってる。昔は最小化と最大化を割り当ててたけど今使わないな、デュアルディスプレイにしたからだろうな。よく使う機能は時代とともに変わるから、半年おきくらいに見直したほうがいいな。

d0002320_919720.jpg


ページの一番下まで行きたいのは、このブログのように時系列が下からになってる場合とか。

ところで縦にながーいながーいページだが、うちも試行錯誤の上そうしてる。情報が一連なこと、何度も行き来して読み返さないこと、もしセンテンスごとに区切ったら3000ページ以上になってしまこと、などから。もちろんページで区切る場合もあるのだが、追記型情報の場合は使い分けが難しい。10年以上やってやっと落ち着く感じ。

今朝、起きたら右手の親指が腱鞘炎っぽくて。原因はたぶん15年+8年データ整理の負担だとおもう。それがマウスカスタマイズするきっかけになった。やってよかった。




追記:なんと電池1本にしても動く!
普通は互い違いに入れる電池だが、このマウスは揃えて入れるという(確実にコストのかかる)不思議構造だったのは、こういう理由があったのか。軽量か長寿か、選べるんだね。スゴイ!





by nopain-nogain | 2016-05-28 09:16 | 道具 | Comments(0)
データ整理・第2弾 CNH-1

なにか勢いに乗ってCNH-1のデータ8年分も整理した。こちらも対人関係リアルタイムで精一杯で、データ溜めまくり。そのうえデータの形式も保存先もメチャクチャという始末。

時間不足の問題もあるけど、精神的なものも大きいね。完璧整理思考だった8年前ならどんなに時間かけてもできなかっただろう、いま整理が出来るようになったのは「ほどほどでいいや」っていう能力が身についたから。それでも相当の精度でできた。

あと昔は「過去・現在・未来」っていう仕分けが必要だったから管理複雑だったけど、今は基本的にすべて過去基準だから。現在・未来も過去のデータ規則で分類できるから。こういうのは長年&件数こなしたからできること。



・・・・・

前回のPMデータ、今回のCNH-1データ、どちらも対人だ。人が集まってきて、さばききれなくなってた。人間不信だったのに。CNHなんて、かなり異常だよ。

あと、最近安定してる命名規則が、なんと15年以上前から続いてるものだった。15年以上つかえる命名規則を作ったオレすごい。

過去の自分を見て、鬱や骨折やリタイヤしてるのに「成長著しいな」と感じる。ふだん上を見すぎて未熟さを憂いてるけど、過去を見ると十分な努力と結果をだしてる。自分内でもそうだし、まわりの人でこれほど変化してる人ってあまり居ない。ああ前回と同様、また自分自慢になったな。




by nopain-nogain | 2016-05-27 19:29 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)