<   2016年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
映画まとめ 10月
●●●は最大3つ。たまに★付ける。
だいたい50音順。
ネタバレあり。





●●アジャストメント
重要イベントを調整する超能力?マット・デイモン。途中でストップ。

●●愛しのローズマリー
妄想恋愛コメディ。痩せてるかと思ったら太ってた。ジャック・ブラック。

●●●インフォーマント
自分の横領を隠すためにFBIに告げ口。スティーブン・ソダーバーグ。

●●思い出のマーニー(ジブリアニメ)
人嫌いな女の子が田舎で立ち直る。最初は主人公に共感したが、途中からご都合展開で、最後は無理やりハッピーエンド。健康な子供向けで、繊細な人は観ないほうが良い。

●●遠距離恋愛 彼女の決断
付き合ってすぐ長期出張。ドリュー・バリモアの顔が合わない。ゆえに覚えてない。

●●おいしい生活
銀行強盗するダメ男たち。ウディ・アレン。ブラック・コメディ。

●美味しい食卓
カンニバルOV。人食家族。スタッフがAVか?むしろ面白かった。

?かぐや姫の物語(ジブリアニメ)
高畑作品はちゃんと観たいと思うが、どうも遅くて。途中。

●●ガールズパンツァー劇場版(アニメ)
戦車娘。仕事も兼ねて。ハリウッド戦争映画よりも考証がしっかりしてるのは日本のオタクはスゴイってことか。

●●霧の中の風景
子供二人が父を探して冒険旅。ギリシャ映画。ヨーロッパ独特の雰囲気は好きだが、コレは乗れそうで乗れない。途中。

●●クリッシュ
インド版スーパーマン。真面目なアクションモノなのにやっぱり全員で踊るのな。面白かったけど3時間は長い、早送り。

●●サイドウェイ
途中。

●シャイニング映画版
5回目くらい。ホラーなのに映像がキレイっていう奇跡。キューブリックはスゴイな。

●シャイニングTV版
どうしても見れない理由は主人公の顔がDだから。見れば解る。そして長すぎ。スティーブン・キングは原作はいいけど映画は下手だなぁ。やっぱりキューブリックはスゴイなって確認になる。

●ショートターム12
障害者施設の青春。POVが下手で観てられない。障害者の演出が間違ってる。

★★★少女革命ウテナ劇場版(アニメ)
20年前くらいのヤオイ。これはスゴイ。3回観たがまた観たい。御述。

●●ジャンプストリート
新米警官二人のドタバタ。理屈抜きで普通。

●弾丸刑事
孫を誘拐された警官が大暴れ。B旧映画。ダニー・トレホは詐欺に利用されてかわいそう。「デカ」って差別用語?変換できない。

●ダークエンジェル
地下マフィアのボス。B級映画。ダニー・トレホは詐欺に利用されてかわいそう。

●天才スピヴェット
天才少年が・・・忘れた。一般人が考える天才って、こんなにもファンタジーか。だから凡才か。

★★★チーム・アメリカ
人形劇パロディコメディ。僕の嫌いな演出をわざとやるので面白い。アメリカでも同じと知って安心。相当の映画マニアじゃないと理解不能なのでオススメしない。

?ポーラー・エクスプレス
クリスマスにサンタに妄想電車。CG映画。乗れそうで乗れないでストップ中。

●星に想いを
地味男がウソついてインテリになって、インテリ女を口説こうとする。インテリがたくさん出てくるがどうみてもインテリ行動じゃないので、観られなかった。

●●フィリップ君を愛してる。
ジムキャリーとユアン・マクレガーのホモ刑務所。セクシャリティがイマイチリアルじゃなくてストップ。

●●バイオ・インフェルノ
農場で研究してた細菌が漏れてゾンビ化。アメリカ1985。まあ真面目で地味な。ラスト覚えてない。

●バーニング・デッド
火山から生まれるゾンビ。B級映画。ダニー・トレホは詐欺に利用されてかわいそう。

●●はりまや橋
邦画。息子の絵を回収に来たアメリカ人が日本を好きになる。テーマは惜しいんだけど、ズレてる。本当に差別しない人は「差別やめよう」とか言わない。

●●ファイター
家族でボクシング。マーク・ウォルバーグとクリスチャン・ベール。普通のボクシング家族映画。

●フィフティシェイズ・オブ・グレイ
オシャレSM映画。根本的なセクシャリティを誤解してる、勘違い映画。

●?マダムinニューヨーク
インドの主婦が渡米してウキウキ。なんかこの主婦、ウザい気がする。途中。

●●ユーターン
立ち寄った町から抜け出せない男。好きなプロット。ショーン・ペンについては後術。

?リュウグウノツカイ
途中。

●●ライラにお手上げ
結婚したとたん女がワガママになるドタバタコメディ。ベン・スティラーは上手。

●●ラブ・アゲイン
「地味」という理由で離婚された夫が、イケメンにブラッシュアップされて、再婚する。前に観た気がする。

●●●ローマでアモーレ
妄想系オムニバス恋愛コメディ。小さい女、オペラ、アレック・ボールドウィン、ウディ・アレン。まぁこういう女いるよね。

?ラスト・ベガス
冒頭でストップ中。

●●理想の彼氏
年の差の再婚同士のよくある恋愛。キャサリンゼタジョーンズ。覚えてない。

★★★ライフ
3回目かな。映像の綺麗さ、CGの使い方がキレイ、妄想、役者。いろいろバランスいい。






●ショーン・ペン
僕が学生のころ、ショーン・ペンは薬・女・暴力のトラブルが多くてキライだった。そのせいか顔もキライ。映画でも自分勝手系の役が多く、この人の映画は観れなかった。。。僕もショーン・ペンも年取って、やっと見れるようになった。役も落ち着いた役になったし。自分もショーン・ペンも成長したなぁって感じる。

●ウディ・アレン
この人の映画は好きとキライが両極端。それは似てるからだと思う。昔はキライが多いので敬遠してたが、最近は笑える。

●ダニー・トレホ
脇役だからこその人。B級映画にピッタリ。そのせいか新人監督が売名に使うことが多く、心象を悪くしてる。でもこういう人好き。本当の映画好きに好かれる役者さん。

●POVという演出方法がキライ
わざとカメラを揺らすやつね、キライ。9月にも書いた。流行りだからか増えてる。上手なら良いけど下手なんだよな。そもそもPOV多用する映画は脚本そのものが悪い。

●邦画の音声レベルの悪さはなぜ改善しない?
効果音はウルサイくらい大きくてい、人声はボソボソと聞こえない。この苦情は多いのだが、なぜ改善しないんだろう。字幕で見る、または観るの辞める。あらためて声優さんてすごんだなと思う。

●少女革命ウテナ
これがあのヤオイなのか。かなり歴戦な45歳になった今やっと理解できたり、理解しなくて良いと知ったりする。当時これをやってた少女たちはそうとう繊細なのだろうな。病的に繊細な人向け。



つづく





by nopain-nogain | 2016-10-31 23:03 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
料理まとめ 10月
●理想の落し蓋
いぜん落としブタの考察をしたとき「機能を考えるなら同心円かラジアルの溝があったほうがいいのでは?」と書いた。
d0002320_6541034.jpg
まったくその通りのモノを見つけた。


●レシピ本の改革
「調味量は比率」という本を見つけた。僕がずっと求めていた本だ。これと「料理は科学」という本で、ほとんどの料理は理解できた。料理界にもまともな人がいる事がわかって安心した。


●ほんとうの「料理ができる」
丸暗記は興味ない。自分で作り出せるようになりたい。この半年で自分なりにレシピを考えた。そして既存のレシピと照らし合わせて、正しかった。適量じゃなく数値で。絶対量じゃなく相対値で。自慢じゃなく他者本位で。


●いつも異端児だった
どんな趣味も仕事も、僕はいつも周りと違った。レベル高い人に好かれ、レベル低い人に嫌われた。すぐに上達してお金もらえるレベルになった。料理だっておなじこと。いままでレベル低い人の集団に居てイライラしていた。これからは上のステージで上を観ていく。やっと「適量」の呪縛から脱出できた。




by nopain-nogain | 2016-10-31 23:01 | 飲む食べる | Comments(0)
渋谷ヒカリエ
飲みの待ち合わせが3時間ズレたので、時間つぶしに渋谷。

d0002320_17203532.jpg
iPhoneカメラで。

都会に対する漠然とした憧れはなくなったなぁ、本質が見えるようになってから。でもやっぱり能力者が集まれる場所がちゃんとあるのは良いね、いい刺激になる。自分が何処にいるべきか。今日は「リラックスか冒険か」で悩んで、冒険の方を選んだ。良かった。

「もし僕が田舎貧乏じゃなく都会に生まれて、ヒカリエのようなクリエイターの居場所に居られたら・・・」っていうのをいつも妄想する。逆に凡才で終わっていた可能性が高いんじゃないかと思う。それは解らない。



by nopain-nogain | 2016-10-31 17:29 | お出かけ | Comments(0)
心理学の本を読むべき時
要約「同じ仕事をさせて報酬20ドルより1ドルのほうが満足度が高いという感想が多くなる。この現象を〇〇という。」「簡単な問題でも前人が間違えると次の人も間違える、この現象を〇〇という」っていうのをたまたま眼にした。

〇〇は忘れたが。いつも僕が不思議に感じてる心理現象のことだったので、納得がいった。僕の実体験の曲線イメージと先人の統計が合致してるので、あとは右半分を見れば僕の未来の曲線を知ることができる。そして商売にも役立つ。この本を読みたい。


・・・・・

若い頃は自己啓発が濃い勉強だと勘違いして心理学とか哲学・センス・人生満足度とかそういう系の本をよく読んだ。しかしいま思えば何の勉強にもなってない。むしろ丸暗記と誤解が身につくばかりで、あのまま行ってたら中身ゼロの理屈バカになってた。

本や著者に対して「偉人」「目標」「勉強」と思うようではダメ。僕が物理的限界や時間がなくてできなかった面倒な統計を「代わりにやってくれた人」って位置づけになったら、その本は本当に自分の身になるデータになる。本から学ぶんじゃなくて、自分の有能力の補助情報としての本。もちろん先人には感謝。

あさって。市立図書館が家から徒歩1分のところに移転してくる。これはイイ!いろいろイイ。





by nopain-nogain | 2016-10-31 17:05 | 心理学 | Comments(0)
ミス
珍しくミス。立ち直り早い。






by nopain-nogain | 2016-10-30 16:42 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
24H
あっ。また24時間超えてる。途中散歩して体力使ったし。すぐ寝るつもりが、履歴のhtml直しはじめていつの間にか10時間。

EB閉店してから深夜の飲み、深夜の切り替えタイミングが無くなったのは僕にとって痛い。

バーも深夜やってる店少なくなったし。家飲みしないし。布団入っても寝れないし。時間で区切って眠剤で固定したほうがいいのかな。







by nopain-nogain | 2016-10-26 23:05 | 健康 | Comments(0)
ネジの伝達ミスの顛末
10年くらいお付き合いのあるネジ製造会社。


ネジのオーダーをしたら「コストのために先端の凹みは無しでいいですか?」という質問がきた。ネジの凹みを無くしたらネジじゃなくてリベットになっちゃう、いったい何の話なんだろう?と思いながら連絡を取り合うこと数回。僕が誤解してることがわかった。

d0002320_22471285.jpg
ネジの先端の凹みって、ネジの頭じゃなくて、ネジの細い方の先端なのね。あんな小さい0.4mmのところに丸の凹みを入れてるのね。メガネ&カメラ業界ではその凹みがあるかないかのオーダーを聞かれるのね。

教科書では解らないこと、たくさんある。全部勉強したいとおもうが、先輩に甘えるのも必要。




by nopain-nogain | 2016-10-26 22:51 | 道具 | Comments(0)
一人だとカッコ良かったのに4人になると
居酒屋で飲み。隣のテーブルの若いカップル、男も女も今風の細身体型で服もオシャレでかっこいいなぁと思う。

待ち合わせらしく、3人目(男子)が来た。帽子も服も靴も髪型もメガネも、一人目の男と全く一緒。偶然かぶったのかな。4人目の男子が来た、帽子も服も靴も髪型もメガネも、前の二人と全く一緒。うげ、かっこ悪い!。5人目の男子、帽子も服も靴も髪型もメガネも、前の3人と全く一緒。

コピペした男が4人。かっこ悪いを通り越して、気持ち悪いっていうか不安っていうか、ゾワゾワする複雑な感じがした。一人だとカッコいいと思っても、4人になるとカッコ悪い。これは僕の価値観だ、相対的な。

彼らはどう思ってるんだろう?同じってことが安心なのかもしれない。でも流行りじゃないと不安とか、他人と違うと不安とか、そういうのもココまでになると一種の精神疾患なのかと思う。ただ、そうなってしまう気持ちは分からなくもない。センスの有無の問題よりも、日本の社会が強烈な没個性主義だから。

逆に僕は「人と同じが嫌だ」っていう病気なので、もし僕ならその場で帽子やメガネを外して少しでも差異をつける。



・・・・・

高校生の時、友達5人で旅行に行くことになった。その準備のためにみんなで買い物に行って、僕はチェックのシャツを買った。旅行当日、僕はもちろん買ったシャツを着ていった。そしたら同じシャツを着てきた人が2人いた。つまり3人がおそろいのシャツ。兄弟か。3人おそろいのシャツ、僕は恥ずかしかった。

「なんでソレ買ったの?オレがこのシャツ着てくるの解ってたでしょう?」
「うん。解ってたけど、見てたら良いなと思って。次の日買いに行った」

まだこのころは自分のセンスだとか個性だとかに強い意識はなかったので、恥ずかしいながらも旅行は楽しく過ごした。けどこの出来事は強力に印象に残ってる。普段から仲が良い友達だったので、かえって「人と同じ」に対する考え方の根本的な違いを思い知らされた。



本当に蛇足の補足:
大切なのは「自分の意志で選んだかどうか」で、それがたまたま他人と同じなら構わない。嫌なのは自分で考えず他人に流されることと、少数派の個性を「悪」とする風潮。






by nopain-nogain | 2016-10-26 03:43 | 心理学 | Comments(0)
加湿器を買い足した
いままで1台だけで、主に寝室で使ってた。今回さらにもう一台買って仕事部屋に設置。もともと仕事部屋は塗料のためには乾燥してる状態がベストで、加湿する状況はあまり少なかった。最近は塗装の仕事が減ったと、あとノドが弱くなったので健康のために。

d0002320_534282.jpg
購入にあたって最近の商品をしらべたら、数年前に買った寝室用加湿器の同型後継機がベストだった。前回のオレ、ナイスチョイス。今回はリビングでも使えるように少し大型のものにした。


d0002320_58194.jpg
ついでに湿度計も2つ購入。これも手持ちがあったが安物だったので買い替え。しかし安物もけっこう正確だったので、引き続き使える。


良い買い物。





by nopain-nogain | 2016-10-24 20:20 | 道具 | Comments(0)
精神と肉体と環境
心も仕事も人間関係も、すべてがとても充実してる。なのに肉体の微妙な不調が続いてる。

d0002320_12201050.jpg
鼻の奥が痛いのが2週間。それと、3ヶ月でほとんど治ったが僅かに残る腰痛。休憩を多めに取ってるがナカナカ治らないのは、どちらもハッキリした原因が分が解らないから。たぶん過集中の疲れだと思う。わずかな不調だし、もうすぐ治りそう。

d0002320_1230257.jpg
温泉旅行や散歩も行ってる。が、やや運動不足。調子良くなったら自転車や水泳を再開しよう。





by nopain-nogain | 2016-10-21 12:30 | 健康 | Comments(0)