<   2016年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
映画まとめ 12月
●●●は最大3つ。
たまに★付ける。
だいたい50音順。
ネタバレあり。





●●あいつの声
韓国か中国。息子が誘拐されたキャスター夫婦。ややブラック。

●●アメリカン・ハッスル
詐欺師が政府の仕事を手伝う。だったかな。まあまあ面白いが何も覚えてない。

●●イニシエーションラブ
邦画。バブル時代の恋愛模様。世代の懐かしさが合致した。ミスリードの典型。

★海のトリトン
頭とラストだけ再見。やっぱり震えるラスト。
TV版=そしてまた少年は旅立つ。(オンリー)
劇場版=王国を作ることを断った。(中略)そしてまた少年は旅立つ。その行く先は誰も知らない。


●●アース・トゥ・エコー
子供と宇宙人の交流。ようするにETの焼き直し。なにも心に残らない。

●●この街に生きて
田舎が退屈に思った主婦が何かする映画、だったかな?

●●クリムゾン・ピーク
戦略結婚と本物の愛と幽霊と嫉妬と特撮とCGと。ごちゃまぜで食べ合わせ悪かった。画はキレイ。

●●霧の中の風景
ギリシャ映画。子供二人がドイツまで旅する。ヨーロッパの暗い描写が好き。


●●この森で天使はバスを降りた
鬱映画。女性メインでややキリスト教で子を授かる話。なので僕は今ひとつ共感できなかった。ただこれは女友達の勧めで観たので、その友達がどこに没入したのかを知れるのが良かった。

●●孤独のススメ
高貴なオジサマと貧乏オジサンのハートフル。使い古されたプロットでやや退屈。画はキレイ。

●●キングスマン
アクション・コメディ。リズムが良い。イギリス系はキレイ。気楽に見れた。

●●ギフト
予知能力がある人の苦難。サム・ライミもケイト・ブランシェットも好きだが、食べ合わせが悪かった。残念。

●帰らない日々
子供をひき逃げした犯人と親は関係者だった。っていうありがちにして、まとまりの悪い映画。

●●診療ドクターと消された記憶
小さい頃のトラウマを思い出して解決する映画。脚本や演出がイマイチ惜しい感じ。邦題は大損してる。

★★★シェアハウス・ウィズ・バンパイア
珍しいニュージーランド映画。マニア向け。3回観た。

●●滝を見にいく
邦画。こういうオバサンたち、いるいる。こういう人間にならなくて良かった。可愛いラストかな、もっと捻ってほしかった。

●ダークハウス
ダニー・トレホが広告詐欺に使われてる例のやつ。本編は覚える価値なしで覚えてない。

●デスクルー
ダニー・トレホが広告詐欺に使われてる例のやつ。本編は覚える価値なしで覚えてない。

●●●ナイトクローラー
ジェイク・ギレンホールがレポーターになる鬱映画。ジェイクはこういう影のある役ばかりだな。重くて面白かった。

●ハンガー・ゲーム
突然不条理死のゲームに参加型。でも愛があるから生き残る。ありがちすぎる。

●●ハウンター
同じ日が延々つづくミステリー。プロットは好きなんだけど、後半の脚本が残念賞。



ヘイルシーザー
コーエン兄弟なので。あとで見る。


●●ミラクル・ニール
モンティ・パイソンが再結成とのことで観た。以前ほどブラックがなく、普通の映画だった。残念。

●●マチェーテ・キルズ
ダニー・トレホ主役のやつ。ロバートロドリゲス監督の完全に悪ふざけ。面白かった。

●●モンスター上司
職場でイロイロなハラスメントを受けるコメディ。僕は完全独立思考なので、こいうの無縁の世界。よって感情移入できず。

●●欲望という名の電車
欲求不満で情緒不安定の女が七転八倒。まったく感情移入できず。レベル低い人達どうしでやっててくれ。

●ワールド・ウォーZ
ブラピとゾンビと特撮と家族愛。どこをとっても観る価値なし。







■「能力がありすぎて、周囲に僻まれる」っていう設定が多かったなぁ。

■特にアメリカ映画に多いのが「幼少時に親の性的虐待にあったから、大人になって犯罪を犯しても同情される」ていうの。ロリコン・姦淫・そしてキリスト教のミックスグルだなぁ。

■今月もやはりオモシロイと思ったのはヨーロッパ映画かマイナー映画が多かった。

■今月は30本弱か、少ないな。なにか「観たリスト」がスっぽ抜けてるかもしれない。あと再見映画が数本。

■VHSを買った!
d0002320_1144623.jpg
カフカは小学生の時から好き。「トライアル・審判」はオーソン・ウェルズ版は観た。カイル・マクラクラン版はTVでちょっとだけ見て、それ以来夢でうなされる。それに決着を付けたくてずっと探していたが、どうも流通がないらしく。探すのも疲れたのでレンタル落ちのVHSを買った。でもVHSデッキがない。でも手元にあるのが嬉しい。デビッド・リンチに映画化してほしいな。





by nopain-nogain | 2016-12-26 10:00 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
お母さんが死んだとき
お父さんと僕と、お母さんの友達の加藤さんがいた。4人でお酒飲みながら夕飯食べてたら、突然お母さんが倒れた。

お父さんは大パニックでオロオロ、僕は冷静に救急車の手配。異変に気付いた近所の人も手伝ってくれた。それらは良くある光景。でも不思議だったのは加藤さんだ。

加藤さんは、倒れてからずっと半笑いのまま、死亡報告があった後もずっと半笑いのまま。皆がアタフタしてる中、ほぼ同じ姿勢のまま半笑い。

まぁ人情的に見れば、肉身の死に際にあれほど冷静でいられる僕が、いちばん異常状態だとおもう。






by nopain-nogain | 2016-12-26 05:39 | 自己紹介 | Comments(0)
ひとふりわがふり 12月
●初対面で「いくつに見える?」って聞いてくる人が面倒だった。が、所見で「わたしは面倒くさいかまってちゃんです」ってのが判断できるのは非常に便利。あとでワイルドカード考えよう。


●電車。フラフラしてるおじさんに席を譲ったはいいが、しっぱいだった。なぜならフラフラしてるのは酔っぱらってるせい。しかも隣にいた子供にからみ出して、自分の判断ミスだったなぁと申し訳なくおもう。

よく見ると電車のあちこちで似たような光景が。クリスマスの夜は子供も大人もイレギュラーな動きするのでイロイロ難しい。それでも今年のクリスマスは静かな気がする。


●なぜ、ただでさえ師走の忙しいときに大掃除?
腰痛めたり風邪引いてさ。そんで病院混んでるって文句言って。いい加減、古いしきたりに囚われるのをやめて、もっとやるべきことが有るでしょうよ。




by nopain-nogain | 2016-12-24 19:25 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
昨日私は花壇を小鳥と会話できる野良猫が荒らしたので腹がたった。
夏くらいから手話の勉強をしているのですが・・・

本屋で「初めての手話」って本を観たら、こんな例文が載ってた
●「私は小鳥と会話することが出来ます」
●「昨日、野良猫が花壇を荒らしたので腹が立ったという夢を見ました」
手話の本はどれもこんな感じ。料理本の「適量」と同じ臭いがする。

手話も含めて新しい言語を勉強する場合、最初に「こんにちは・ありがとう」を覚えるのは良いことだと思う。でも最も重要でもっとも使用頻度が多いのは「はい・いいえ」だ。それが載ってない本が多い。

ところで「小鳥と会話できる」ってのは、聴覚障害者だからこそ小鳥の鳴き声じゃなくて小鳥の仕草を観ることで小鳥の気持ちが理解できる、っていう感動的なお話なのか?とも思ったが「昨日野良猫」は文法からして間違ってるので、この著者がバカなだけだ。他にも面白い例文あったので、むしろネタとして買っておけばよかった。

あ、真面目に手話を勉強しようとしてるからこそのヤツですよ。





by nopain-nogain | 2016-12-22 17:41 | 道具 | Comments(0)
12リベ
約100個前後。手作業でも作れるが精度が出しにくい。業者に頼むにはコストが合わない。なにか代用品があるはずだと1ヶ月考え探し続けた。トータル30時間くらいだろうか。

代用品は家の引き出しにあった。しかもコストゼロで。

30時間も悩むなら、手を動かせば5時間くらいで終わっちゃう。または最初から代用品に気がつけば時間はゼロだ。じゃあ30時間はムダだったろうか?今回はムダじゃなかった。悩み探している最中に別の発見がいくつかあった。別のことに代用できるアイディアも。

悩む価値がある悩みと、そうじゃない悩みがある。




ホチキスの針
by nopain-nogain | 2016-12-18 23:57 | 道具 | Comments(0)
ライバルと体格
10年以上のライバルで、生き残っているのは皆んなデブである。


綺麗な作品を作る人だから本人も身の回りもキレイなんだろうな、という美化妄想は僕の悪い癖である。僕もライバルも年月を重ねてそれなりの年齢になってるので健康の話題も多くなる。「15kgダイエットした」という話を聞くと自分もやらなきゃって思うが、よく聞けば105kgから90kgになったとか。うーん。

挫折したり自殺しちゃった人は総じて痩せ型だ。作品作りで疲弊してるのに健康まで気を使ったらダブル疲れで死んじゃう。作品作りで体力使ったらそれ以上に食べて寝てダラダラしないと。だから生き延びた人は太った人が多い。結果的にも、過程的にも、精神的にも。

久々に書くけど僕は、高校生から30歳までずっと55kg、鬱病拒食症で43kg、薬の副作用で95kg、現在69kgで安定。



d0002320_9402949.jpg
ついでに。
他人の道具と作業机を参考にさせてもらってる。これについても体重と同様。汚い人は生き残り、整理整頓は自殺。でもどっちも作品はキレイなんだよね。なんか不思議だよね。


ままでも作品作りにもっと大切な共通事項は、確実にある。これはいつも書いてるので省略。





by nopain-nogain | 2016-12-17 09:36 | 健康 | Comments(0)
ゼンザブロニカ フィルム55本目 全12枚
大判の撮影をやったりRX100導入したり、あと「出かけなきゃ病」と抗ったりで、フィルム1本たった12枚を使い切るのに初夏から晩秋まで約半年かりました。なのでちょっと不正露光してる写真もあります。

今回は大失敗写真もなく、特定の人物やプライバシーも写ってなかったので、フィルム1本12枚全部載せてみます。


d0002320_1324699.jpg
01-初夏の明治神宮。
特に意図のないスナップです。


d0002320_13241093.jpg
02-みなとみらい。
フィルムの場合はシャッタースピードが長くなるので、観覧者と水面がどう写るか考えた。長時間露光なのでブレは覚悟してたが、ビル群や左の橋とかシャキッと写っててビックリ。


d0002320_13241243.jpg
03 小田原城。
元気ないけどムリして出かけた感じが写真から出てるかなぁ。


d0002320_1324159.jpg
04 週末の江ノ島。
撮影ポイントは観光者にゆずる。混んでる観光地は、大きいカメラ持ってても不審者にならないので助かる。


d0002320_13241895.jpg
05 近所の公園。
これ木の質感がキレイに撮れたのに、スキャン&ブログ制限でボンヤリ。


d0002320_13242185.jpg
06 横浜臨海公園。
夏の晴天なのでキレイに撮れてるとおもったのだか、粒子とか出ちゃってる。原因はわからない。そういえばキャノン35mmのときも晴天で粒子出た覚えが。なにか関連が?


d0002320_13242465.jpg
07 赤レンガのイベント準備中風景。
いつもと同じように撮ったのだが、ときどき異様に彩度が高くなる時がある。ネガを観た時点で解るほど。原因は解らない。ブロニカは直射日光に弱い?


d0002320_1324281.jpg
08 山下公園。
とくに狙いのないスナップ。熱い日だった。


d0002320_13243159.jpg
09-象の鼻パークの近くでランチ。
たぶん僕のカメラと同じ年齢くらいのお店。観光客の来ない、お気に入りの隠れ家。左上の青いのは心霊じゃなくて不正露光。


d0002320_1324336.jpg
10-大桟橋付近。
絞って被写界深度の練習。ほんとは色をもっと鮮やかに撮ったつもりだった。解らない、どうしたら鮮やかに写せるんだろう??


d0002320_13243773.jpg
11-伊豆。
温泉旅行に行って、宿の近所を散策。ピンとボケのバランスが思った通りに出来た。あと、とても幸せな気分で散歩したのが出てるだろうか?


d0002320_13244040.jpg
12-長谷寺か、阿夫利神社。たぶん長谷寺。
梅雨と紫陽花の時期は激混みなので、落ち着いた10月頃の訪問。



まとめ
・出かける回数と場所が減ったので「コレ!」って撮影することが少なく、スナップ的が多かった。

・コントラストを上げるために絞り気味で長く露出ってのを探ってる。なのにあまり変わらないのはなぜか?手っ取り早い解決法は、ポジを使うことだ。が、ネガでの理屈がわからなければ意味がない。

・150mmか75mmか、ちゃんとメモしておこう。






by nopain-nogain | 2016-12-10 13:52 | カメラ・写真 | Comments(0)
普通っぽいからデキる人
僕ら好奇心がありすぎて、あとカメラが大きすぎて、入れない施設や場所がある。

普通の人は普通のカメラ持って普通のところで普通の写真を撮る。

S氏は、普通の人っぽくて普通っぽいカメラ持って、普通じゃ入れない所にやすやすと入っていく。

d0002320_1017922.jpg

僕の感性を広げてくれる。尊敬とはちがう性質だが、偶然というわけでもない。ともかく感謝。





by nopain-nogain | 2016-12-10 10:20 | 心理学 | Comments(0)
お金の使い方が上手い人
1000円の工具は買うかどうか迷うのに、1000円の日本酒はスッと逝ってしまう。

工具ってどんなに高くても、自分に合う道具って30%以下。だからもし使えなかったら・・・って悩んでしまう。でも日本酒だって1000円以上したって比例して旨くなるわけでもなく、お気に入りの550円の純米酒で十分。それに日本酒は身につかないが、工具は30%の確率で、何百倍の売り上げをだす。その利益でいくらでも日本酒飲める。

貧乏時代はそういう理屈で食費さえもギチギチに削って、自分の投資に回した。その後のマイバブル時代は美味しい酒飲んで、さらに道具は迷ったら全部買って一番いいのだけ使うようにした。どちらも極端。極端だった経験が今でも仕事の役に立っている。



「私、『セレブ』って言われるのがイヤ!」って言う女の人が居た。たしかに収入は多めだし、外面的な華やかさを一言で表せば『セレブ』だ。でも僕が彼女をみていて感じるのは、お金の使い方が上手だなぁと思う。もし収入が並み以下だったとしても、セレブっぽい華やかさを持てる人だと思う。あ、もっと大切なのは価値ある人間のつながりが多い。それこそお金では手に入れられない、彼女の人間力だ。根から良いのである。


周りの100人が1000円のを買った中で、僕一人だけ高級8000円のを買ったら僕が一番注目される。周りの100人が1000円のを買った中で、僕一人だけ激安200円のを買ったら僕が一番注目される。そういう理屈。



こないだ買った1万円の裁断機は、すでに12万円の売上になってる。もっと早く替えばよかったやつ。


単に「工具として便利」「売り上げアップ」ってのを超えて、人生の岐路になる工具ってある。サラ金で金借りて買ったデンマークの8万円のアレは、うーん、トータル数千万円くらいになってるとおもう。サラ金から金借りるなんて普通の人は反対するだろう、けど、ここ判断ができるかどうかが非常に重要。たった8万で人生を変えた。

■じゃあ同じ仕事の他人が同じ8万円の工具を買ったとしても、数千万には化けない。道具と人間力の相性だから。


いま購入を検討してる工具がいくつもある。800円~120万円まで。ここまで書いても800円のモノを買うかどうか悩む。どうしてだ?


そういう病気ってのもある。が、最近特に感じるのは「嘘くさい広告に騙されて買うのはイヤだ」っていうメディアに対する嫌悪感。損金や品質の悪さよりも「騙された」っていう精神汚染が嫌なんだと思う。


それと「セレブ」は似てるな、外見だけで中身を観てない感じが。


ココまで書いて、800円のモノを注文できた。やっと。


ま。お酒やゴハンも楽しまないとバランス取れないから。いい道具買って、売り上げ伸ばして、良いお酒飲もう。



by nopain-nogain | 2016-12-10 10:05 | 道具 | Comments(0)
自分褒め・不可思議データ整理編
昔のデータが「どうしてこうなった」って感じで変な保存状態になってる。なので最新の知識で整理しようとする。いったんシンプルに一律に均し、それから効率よさを考えて、キレイに並べ替えて、今後の更新もしやすいように考えて。アレコレやっているうちにふと気がつく。けっきょく昔のデータ整理が最適だ。

いっけん無駄とか無規則にみえて、実は非常に考え抜いた整理術になってる。そして15年たった今でも更新しやすいように作ってある。昔のオレスゴイ。

一方で、20年たっても最適な整理法がみつからないデータもある。





by nopain-nogain | 2016-12-08 22:14 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)