<   2017年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
映画まとめ 8月
●●●は最大3つ。
たまに★付ける。
だいたい50音順。
ネタバレあり。



●G-ORU(伏せ字)
前半一気に見れた。後半はウツ設定なうえに演出がツギハギでイマイチ。資料として見なきゃいけない映像をやっと見終わって一区切り。

●イレイザー
シュワの古いアクション。全てが予想通り。懐かしい。

●ウッドジョブ
邦画。題材は興味あるんだけど、演出と役者が酷すぎる。酷すぎる。

●グッバイレーニン
実は初めて見る。でも毎回寝ちゃう。面白そうなんだけど、本題に入る前に寝ちゃう。就寝前にベッドで見るから寝ちゃう。観たいのに寝ちゃう。

●幸せへのまわり道
パトリシア・クラークソンが中東オジサンと教習所。

●ジュラシックワールド
このシリーズは一本も観てない、興味ない。たまたま流れてたので観てたら、あまりにも酷くて最後まで見てしまった。この程度でヒットしてしまうのなら、映画業界が落ちぶれるのも当然だな。

●そんな彼なら捨てちゃえば?
ラブコメディ。男が真面目で、女がわがままで結婚にコダワリすぎ。っていうテーマ?

●ニック・オブ・タイム
ジョニー・デップの若い頃。犯罪巻き込まれ。編集がガタガタでテンポ悪い。30分で諦め。

●ビフォア・サンライズ
イーサン・ホークがイケメン役。トーク映画。

●ビフォア・サンセット
イーサン・ホークの後日談。前作と比べるとテーマがあいまいで見所ない。

●PK
インド映画でよく見るようになったアミール・カーンは生理的に嫌悪感を持っていた。今回PK観てて気がいつた、この人、Mr.ビーンが好きだったのかなって。演技も脚本も似てるし、嫌悪感まで同じ(笑)。あと役柄は嫌われ役だけど、実物はイイ男ってのも同じだな。

●ファンダンゴ
10回以上観てると思う。たいした映画じゃないんだけど、若いときにたまたまツボに入った。いい曲が使われてるのでサントラ探してるけど無くて、同じような事考えてる人が「自分で集めてサントラ作った」ってサイトを観ながら、久々に曲聞いた。この映画が好きなのは曲なのかも。エルトンジョンのCD買ったのもこの映画がキッカケだし。あと画も綺麗だな。学生のときにコレを「良い」と思った僕は意外とセンスいいな。ただ内容がタイトルどおり「馬鹿騒ぎ」なバカ内容なのでオススメはしない。

●マイ・プライベート・アイダホ
実は初めて観た。男二人は臭いがするくらいイイ男。でもストーリーは合わない。あ、シェイクスピアか、シェイクスピアは嫌いじゃないけど、僕には合わない。あとガス・ヴァン・サントも合いそうで合わない。リバーフェニックスは死んでしまったから伝説になるけど、もし生きてたら本作の評価も違ったのでは?合えばマイベストに入る作品なのに、なにもかも微妙に合わない。

●マーヴェリック
メルギブソンのポーカー。安定のドタバタ。

●ロレンツォのオイル
信頼できる友達からのオススメで。障害子供を家族愛で奇跡。実話ベース。なんだけど、家族愛っていうか、もともと研究者だからね。愛じゃなくて実力だね。

●17アゲイン
人生失敗した中年が17歳にタイムスリップ。まぁ予想通りで。30分で諦め。



●今月の「抱かれてもいい男」
アミール・カーン(インドの役者のほうね。イギリスのプロボクサーは別人)
リバー・フェニックス
パトリシア・クラークソン



by nopain-nogain | 2017-08-31 23:01 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
ウツ期を悪用してインスピレーションを高める
2年前くらいから「なぜか、ウツ時期のほうが良い作品が作れる、人脈が広がる」っていう結果論を感じていた。だからいま「死にたい」と想うなら、それは創作や人脈のチャンスのはず。積極的に利用してムリにでも結果につなげてみよう!と悪巧み。

それが、途中経過を書くまでもなく、創作の方で、いままで出来なかったことがスッとできた。あ、これこれ。ほんとに出来ちゃったよ。はやくも過集中ぎみ。

いいのかなぁ~。ウツの有効利用を知ってしまっては。休むべきなんじゃないのか?




by nopain-nogain | 2017-08-31 22:36 | 健康 | Comments(0)
占い師
居酒屋で初対面の人とイイ感じで話してて、お互いの職業の話題になったらその人は占い師だった。エンタメ系の占い師。僕は占いは興味がないのだが「観たい」と言うので観てもらった観せてあげた。

残念ながら、まったく当たってなかった。良い人なので正直に「まったく当たってない」と伝え、僕の人生の転機など教えつつ、勉強会のようになった。勉強する人は好きだ。

僕は普段は自分語りはしないが、占いの答え合わせの流れからついイロイロしゃべってしまった。ら、周りの人が食い付いてしまって「あ、ミスった」と思った。もう話題は、占いよりも僕の過去に移り変わってしまった。

適当な理由をつけて、退店した。
占い師の人は良い人なので、また会いたい。



by nopain-nogain | 2017-08-31 22:26 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
香港的遊戲
暇つぶしにPS3をネットに繋いだ。

「ログインした」という意味ではなく、1年前に買ってから一度もネットに繋いでなかったPS3を初めて物理的にネットに繋いだ。幾つかのシステムアップデートをノンビリ見守りながら、新しい機能などチェック。昔好きだったが今では絶版で手に入らないゲームが、オンラインで数百円で売っていたので、さっそく買った。

d0002320_13093848.jpg
旧香港を舞台にした、日本製の日本人向けゲームです。このダサセンス!

毎回思うが、昔のゲームは面白い。正確にはゲームの純粋な面白さよりも、作り手のセンスの暑苦しさがスゴイ。あふれるアイディア、新しいことをやろうとする意気込み、お金よりも健康よりも、ゲームを作ることしか考えてない感じ。ビシビシ伝わってくる。




by nopain-nogain | 2017-08-25 13:12 | 趣味・あそび | Comments(0)
死にたい

上手く進んでることと、上手く進まないことの、バランスが崩れてる。一言で言えば安定に向かっている。安定が怖い。安定を望むなら労力無しで安定できる自信がある。いまだって充実してる。多くの人が望んでいることである。でもそれは僕は生きがいがない。だから安定じゃないチャレンジを探すんだけど、安定路線と同時にすることは難しい。年齢・物理的身体力が落ちているのも。

昨年秋の過集中の疲れが初夏に出る予定だったが、もしかして今がウツ期なのかも。前述の「安定・不安定」など被害妄想で、単にウツが出てるだけなのかも。いや安定路線は現実だ。わからない。

「どうせ死ぬならインドで」のインド欲が地味に高まってる。「行きたい」というより「呼ばれてる、行かなきゃ」と思う。

こんな状態なのに若い女ノコが(&男子が)寄ってくる。なんらかの魅力があるから来るんだろうけど、いまの自分の勢いの無さが申し訳なく思い、もっと派手に活動しなきゃという強迫観念が強くなる。たぶん派手を求めてくるんじゃなくて、適度に落ちてるのが良いんだとおもうが。

年取っても現役で活躍してる人と比べて、劣等感を感じる。っつてもビル・ゲイツとかと比べてるんだから、ムダな劣等感。通勤ラッシュに混じれば優越感。でも低い人と比べること自体が劣等感。

ムダに考えてしまうので、お酒を飲む。またはベンザリン1/4。精神薬の効き方ってスゴイな、こんなの1日30錠とか飲んでた頃が懐かし。

d0002320_23055584.jpg

久々に悲しみの森に来てみる。意外と居心地が良くない。悪くもないけど。今死んだら、友達は悲しむだろうけど、納得してくれるとおもう。なんか今いいタイミングだと思う。

でも死なないから大丈夫です。


※精神疲れてくると「でも」「けど」が多くなる。
※この記事、書かないことも出来たけど、あとで読み返して笑うために書いた。



by nopain-nogain | 2017-08-23 23:33 | 健康 | Comments(0)
2016年早春 真鶴旅行回顧録
d0002320_19433146.jpg
「誕生日招待券でイタリアンを食べる」をメインにした旅行です。その他は特にイベントなく、ずっとノンビリ散歩してました。そのためスナップ写真多め、文章少なめです。一泊二日を無理やり1ページにまとめましたので、縦に長いです。オチなしです。



d0002320_19421822.jpg
真鶴駅に到着。季節的には冬ですが、日差しの暑い日でした。


d0002320_19423130.jpg
目的のレストランは海沿いにあります。予約までまだまだ時間があるので、駅から海まで散歩。いつものように大通りじゃなくマニアな道を進みます。


d0002320_19422296.jpg
小さい漁港につきました。


d0002320_19422642.jpg
右も漁港。


d0002320_19422793.jpg
左も漁港です。


d0002320_1943062.jpg
後ろも漁港っぽい?


d0002320_2054449.jpg
ゼンザブロニカで1枚。


d0002320_19441815.jpg
散歩。坂道や塩害など住宅には向かない土地なはずなのに、「豊かな老後」的な良い感じの家がポツポツあったのが印象的でした。


d0002320_19431265.jpg
西湘バイパスの下。この2枚、どっちにするかどうしても決められなかったので、2枚とも載せた。「旅行記の写真」という役割なら、状況の伝わる左かなぁ。


d0002320_19433146.jpg
レストランはけっこう奥まった場所にあり、外観もちょっと不安だったけど、中はとてもキレイに整ってました。


d0002320_1943373.jpg
料理・サービスともに地味ながらも質がよく、とても満足です。都内の人気店よりもレベル高いです。

あ。「東京が最高」っていうのは田舎者の幻想ですね。都会も田舎も「ハズレ9割、当たり1割」くらい。当たりを選べるかどうかは実力次第。


d0002320_1943515.jpg
食後のノンビリも満喫。


d0002320_19454849.jpg
再び散歩。電車に乗ったりしつつ、宿に向かいます。


d0002320_19454389.jpg
もともと人の少ない場所ですが、さらに裏通りを散歩します。


d0002320_19461365.jpg
何年も前に見つけて以来、ずっと行きたいと思いながらタイミングの合わなかったソバ屋さん。今日はオナカも時間もいいタイミングで向かったら、先月閉店・・・


d0002320_19454988.jpg
散歩。右の人、このタイプの造形ってなぜか苦手です。さらに半身生き埋めにしてあるのも不条理感が強い。いろいろ「ゴメンなさい」って感じです。


d0002320_19481498.jpg
散歩。


d0002320_19484093.jpg
宿につきました。ここは僕のお気に入りの隠れ家、何度も泊まってるので写真少なめです。


d0002320_19483378.jpg
料理はぜんぶ手作りの家庭料理、この料理もお気に入りです。苺のケーキは誕生日サービス。


d0002320_19532484.jpg
非常にリラックス。今日もグッスリ寝られました。


d0002320_19494536.jpg
明けて、バスに乗って湯河原梅林。ここは初めてきました。


d0002320_19495831.jpg
梅の写真は難しいです、今日も満足できる写真はまったく撮れませんでした。でもあえて載せます。


d0002320_195055.jpg
ここはロッククライミングでも有名みたいで、若者がぶら下がってました。僕もやりたい。


d0002320_1950885.jpg
梅の写真、ぜんぜんダメです。謙遜でなく、本気で駄目です。だから褒めないでください、褒められたらその人を嫌いになりそう^^;


d0002320_19501174.jpg
ちなみに勉強のため他人の梅写真も観るけど、ピンと来たことがない。被写体として難しいんだろうな。


d0002320_1951193.jpg
撮り方変えながら100枚以上撮ったけど、ぜんぜん。犬の画力に負ける。


d0002320_19501514.jpg
河津桜かな。サクラは適当に撮ってもそれなりになるので、それも満足できない。


d0002320_19501938.jpg
違うモノを撮り始めた。梅はどうしてもダメだ。どう撮ったら良いのか解らない。悔しい。あ、梅と悔って字が似てる。


d0002320_1951019.jpg
バスで街に戻って、お昼ゴハン。「アブラボウズ」は滅多に流通しない希少な魚で、僕も食べたことがなかった。そのアブラボウズを西京焼きで。油がサラサラしてて非常に美味しかった。その他の料理も質量ともに良く、これで1500円は非常に安い。


d0002320_19504667.jpg
ホテルの大浴場で立ち寄り温泉。


d0002320_19511068.jpg
帰宅。アイスワイン。満足。


真鶴旅行、おしまい。



by nopain-nogain | 2017-08-23 23:23 | お出かけ | Comments(0)
写真投稿サイトが馴れ合いを公式で禁止
馴れ合いが嫌いで距離を置くようになった写真投稿サイトを久々に見たら「自己卑下発言の禁止」「いいね返し目的のいいね禁止」などの制限をオフィシャルで警告していた。レベルの低い人達に嫌悪感をもっていたのは僕だけじゃなかった、嬉しくなった。


d0002320_11040707.jpg







by nopain-nogain | 2017-08-22 16:46 | カメラ・写真 | Comments(0)
ハトぽっぽクライシスの脱出
ごくたまにベランダにハトが来てるのを「カワイイからいいか」程度に気にしないでいた。あるときから急にハトが住み着き、1日で山盛りになるほどの糞をするようになった。糞を片付け、ハトの足場を妨害するようにしたが、一度住み着くと強引にでも居つく。これはマズイとおもってネットで調べて、ハト対策を行った。対策してから1ヶ月、まったくゼロになった。良かった。

d0002320_16545474.jpg
ハトの住み着きは危険。とにかく早めにしっかり対策すること。



by nopain-nogain | 2017-08-22 15:15 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
伊豆大島 その6 帰路
3日目。早朝からの三原山登山が終わったところです。

d0002320_15433614.jpgもっとも行きたかった三原山見学が無事終わりました。まだ朝8時。少し時間が余ったので、寄り道しながら帰ります。



d0002320_17300037.jpg何年か前の土砂崩れの跡地だとおもいます。最新の技術を多数投入して修復されてますね。


d0002320_1632416.jpgここも土砂崩れ修復&対策施設。棚田みたいになってます。


d0002320_166107.jpg
元町港に寄り、レンタカーを返却し、岡田港の宿に戻ってきました。


d0002320_16124021.jpg
まだ時間があるので1時間だけ海に入りました。魚が綺麗でした。防水カメラも持っていたのですが、今回は写真より肉眼で楽しみました。


d0002320_1614588.jpgさて。そろそろ帰り支度です。荷物をまとめて乗船場に来ました。

ところで、伊豆大島には岡田港と元町港があり、自分の乗る船がどっちの港になるかはその日の朝にならないと判りません。だから港によって1時間位のスケージュール調整が必要になります。それも今回のスケージュール組み立てを難しくしてる要素でしたね。


d0002320_16184859.jpg
今日は宿に近い岡田港出発でした。時間が余ったので、お昼ごはんを食べることにしました。

海に入ってカロリー使ったので半ラーメン&半カレーのセット。カレーはイメージ通り普通で満足。ラーメンは予想外の薄味なのですが出汁がとても優しく美味しくて、また食べたいくらい美味しかったです。あと「あしたばの天ぷら」はすこし苦い感じですが特に特徴はなく、普通に美味しかったです。デザートに大島牛乳アイス。


d0002320_16284299.jpg
帰りの船が来ました。来るときは高速ジェットで2時間でしたが、帰りは船旅も楽しみたかったので、客船で5時間かけて帰ります。


d0002320_15444296.jpg
乗船時間になりました。まだ昼ですが、朝4時から登山したり遊泳したので、満足感が高いです。


d0002320_16263018.jpg
帰りの船は学生スポーツ団体や釣りサークル団体など、ちゃんと青春してる若者たちでいっぱいでした。


d0002320_1631446.jpg
船着には必ず警察官がいるみたい。こういう離島は、むかし流刑島だったかもしれませんね。


d0002320_16333266.jpg
やっぱり船の上って楽しいです。


d0002320_16334636.jpg
座席も居心地良かったですが・・・


d0002320_1634245.jpg
外にいた時間のほうが長かったかな。


d0002320_16455840.jpg
同じように外にいる人はずっと外に居ました。オジサン一人か、若い女の子一人ってのが多かった。一人旅と船って相性がいいのかもね。


d0002320_16342135.jpg
大島から東京まで、少しずつ空気が濁っていくのをお楽しみください。


d0002320_16423816.jpg
都内に戻ってきました。さっきまで雨降ってたみたいですが、いまは傘いらない。今回の旅行、まったく雨に振られなかった奇跡のタイミングでした。


d0002320_16452987.jpg
最後に焼き肉食べて、旅の締めくくり。




伊豆大島まとめ


●予約トラブルについて
旅行にトラブルは付き物です。それを含めてのスケジュール、冷静さ、さらにはトラブルを楽しむくらいの心の余裕が、旅に大切な要素だと実感しました。旅行が楽しくなるかどうか、実力が如実に出ると思いました。自分もそうだし関わる人も重要。

●大島など離島の共通点
実は最初の候補は佐渡ヶ島だったんです。ただ調べてるうちに「離島ってどこも同じだなぁ」ってなって。なのでアクセスしやすい大島にしました。想像どおり、特別な観光はないしノンビリするにも不便で物価高い。何かしら明確な目的が無いと、物足りないとおもいます。僕は三原山火口見学でしたが、リピーターは釣りとかシュノーケリングとか、そういう人が多かったです。

●大島の人柄
言えば対応してくれるし、適度に放置してくれます。運転も上手でした。会話のとき、かなり言葉を省略する独特のナマリがあるので、あらかじめ心がけておくのが良いと思います。全体的に「良い田舎」な感じ。

●(また追記するかも)


伊豆大島旅行、これにておしまい。


その0に戻るその5に戻る



by nopain-nogain | 2017-08-12 20:06 | お出かけ | Comments(0)
伊豆大島 その5 三原山
3日目は早朝に起きて、三原山ハイキングです。

d0002320_143948.jpg
まだ暗い朝4時に起きました。一週間くらい前から「山登るなら3日目の早朝狙い」と予想してたのですが、まさかこれほどピッタリ当たるとは。


d0002320_1441315.jpg
レンタル中の軽バンに乗って、山の中腹までドライブ。地元の軽トラと並ぶと「勝手にお仲間!」と思ってテンション上がります。


d0002320_14425381.jpg
登山口に着きました。あの山頂まで徒歩です。自分の感覚では3時間以上って感じましたが、案内板によるとたったの45分!山って難しいですね。


d0002320_1445824.jpg
本日は昼の船で帰る予定。時間の余裕はとってあるけど、気持ちが焦りぎみ。焦燥強迫観念をうまくなだめつつ、こころの余裕を持つように歩いていきます。


d0002320_14523492.jpg
「登山・トレッキング・ハイキング・その他」それぞれ基準があるみたいで、今回は山頂まで行くので「登山」に当たるみたいですが、整備された道を歩くだけなので「ハイキング」のほうが近いかなぁ。まぁニュアンスで書いていきます。


d0002320_14531060.jpg
山頂に近づいてきました。雲はないけど、地面から上がってくるモヤがあります。あと今日はまったくの無風。まだ朝6時だけどけっこう暑い。もし日中なら相応の体力が必要ですね。


d0002320_1458336.jpg
振り返ると、富士山?


d0002320_14583699.jpg
富士山の逆側はこの景色。朝日に照らされたモヤも綺麗。


d0002320_14591032.jpg
あ、鳥居が。やはり富士山でした。


d0002320_151193.jpg
山頂までまだ1時間くらい掛かりそうですが、案内板は6分と言ってます。


d0002320_1524269.jpg
火口展望台に来ました。火口から出る蒸気で、底の方は見えなくて残念。少しでも風があれば良かったんですが、今日はほんとうに無風です。昨日は立っていられないくらい強風だったのに。


d0002320_1585547.jpg
登山口から山頂まで案内では45分のところ、写真撮りながらゆっくり歩いて55分でした。ほんとうに1時間かからないで来れるんですね。山の予測って難しいですね。


d0002320_1513040.jpg
ちょうちょが滑空してるのは珍しい。

往路復路とも、マラソンしてる男子一人とすれ違っただけで、完全貸し切り状態でした。早朝に来てほんとうに良かったです。


d0002320_15163029.jpg
登山口まで戻ってきました。


すこし時間が余ったので、寄り道しつつ宿に戻ります。


その4に戻るその6に進む



by nopain-nogain | 2017-08-12 20:05 | お出かけ | Comments(0)