タグ:執筆 ( 95 ) タグの人気記事
ヘタとウマ
どんな趣味も仕事も、上手になっていくほどシンプルになっていき、他人との差もなくなっていく。じゃあ僕の未経験の世界に行ったとしても、もうコツを知ってるのでやはり初心者のようはなれない。だから逆に、初心者や下手な人の奔放さがうらやましいと感じる。僕にはもうその絵は描けない・・・

d0002320_08103356.jpg

d0002320_08103684.jpg

と思っていたら、意外なときに無意識に描けた。しばらく嬉しかったし、いまも嬉しい。でも狙ったら描けない。どうしてこの時は描けたんだろ?








by nopain-nogain | 2017-11-07 08:14 | 執筆 | Comments(0)
ねむれないときにスマホで瞑想的にできる遊びになるかも。お絵かきアプリ
ねむれないときにiphone触ってはダメだとわかっているが、かといって布団に潜ってじっとしてると妄想がこじしれていく。だつたらiphoneのほうが区切りもあるしマシかなとおもう。

こないだ何となくミニアプリで絵を描いたのが楽しかった。アタマ使わないし適度に疲れるし達成感もある。特に一筆書きの「増殖」は羊を数えるのに似ている。

d0002320_03584238.png
5分。


お絵描きアプリとしてシンプルで最低限の機能。だから良いのだが、少し変な癖がある。例えば太線にすると縁がボケるとか。それを利用して被写界深度を表現することもできるが、それ考え出すとフォトショップよりむずかしくなる。

d0002320_05132905.png
20分。



あと点が描けないのがもどかしい。点書くにはいったん長い線書いて両端を消す、みたいなことやってる。パズルみたいで面白いのだが、やはりそれ考え出すと「寝れない暇つぶし」が本末転倒になる。
d0002320_08554072.png
10分。

寝入りは一瞬でそのまま寝れるときもあるけど、寝て1分以内に起きちゃってそのまま寝れないことが多い。やや睡眠障害だが、いつでも寝れるのであまり問題ない。



by nopain-nogain | 2017-09-23 03:44 | 執筆 | Comments(0)
増殖01
ねれん。

d0002320_04442323.jpg


ねれん。

d0002320_04542966.jpg

d0002320_05093582.jpg

d0002320_05293308.jpg

d0002320_05481965.png

by nopain-nogain | 2017-09-16 04:43 | 執筆 | Comments(0)
フォントサイスを大きくした
フォントサイズを無指定(デフォルト9pt?)から、12ptにしてみた。

他者の面白いブログを読んだあと、自分の見ると小さく感じたので。変更したのはPCのみで、スマホは変化なしのはず。試験的・一時的で、戻すかもしれない。





by nopain-nogain | 2017-07-11 18:15 | 道具 | Comments(0)
文書実験
気をつけてほしいのは崖側を歩くことです。

崖側を歩くようにしてください。
崖側は歩かないようにしてください。
崖側を歩くときは気をつけてください。





渋谷と町田と中野と川崎に行った。
渋谷君と町田さんと僕の3人で、中野と川崎に行った。




中学を卒業したばかりの母が大好きなお兄さん。
中学を卒業したばかりのお兄さんは、母が大好きだ。
母が大好きなお兄さんは、中学を卒業したばかりだ。
母は、中学を卒業したばかりのお兄さんが大好きだ。

京都に住んでいる母が大好きなお兄さん。
京都に住んでいるお兄さんは、母が大好きだ。
兄さんは、京都に住んでいる母が大好きだ。

中学を卒業したばかりのメロンが大好きなお兄さん。
中学を卒業したばかりのお兄さんは、メロンが大好きだ。
お兄さんは、中学を卒業したばかりのメロンが大好きだ。




レンタル自転車を1時間借りました(300円)
レンタル自転車を300円で借りました(1時間)
レンタル自転車を1時間300円で借りました
1時間300円のレンタル自転車を2時間借りました。




入場は諦めました(混雑)
混雑してたので諦めました(入場)
混雑してたので入場は諦めました。




九份に行ってきました その1
タワー101に行ってきました その2
士林夜市に行ってきました その3


台湾 その1 九份に行ってきました
台湾 その2 タワー101に行ってきました
台湾 その3 士林夜市に行ってきました

台湾 その1 九份
台湾 その2 タワー101
台湾 その3 士林夜市

台湾 その1 九份は大混雑
台湾 その2 タワー101からの眺めに感動
台湾 その3 士林夜市で食べ歩き





by nopain-nogain | 2017-07-07 07:07 | 執筆 | Comments(0)
吸血鬼カーミラ
小学生の時に「将来なにになりたいか?」という作文で「ドラキュラ」と書いて先生に怒られましたよ。



いまでもドラキュラになりたいです。世界中を同時に旅したいのと、人類の歴史を何千年でも見ていたい。ついでに人の血も味わってみたい。というわけで、前から読みたかった吸血鬼の原点と言われる「吸血鬼カーミラ」を買いました。

d0002320_1350952.jpg

残念なことに、1ページも読まずに終わりました。断念した理由は、先日の「フロイトを読んでガッカリした」とほぼ同じ理由です。

文体に凝りすぎてて読みにくく、そのせいで内容が遅々として進まない。説明が多すぎて想像を楽しむ余地がない。この時代こういう難解でクドい言い回しが流行ったのでしょうか。それ以前に翻訳者のクセが入っているのかもしれないし。こういうタイプの文体がキライです。

フロイトもカーミラも楽しみにしてたのにガッカリした、という話を友達にしたら、ガラカメつながりでカーミラを読みたいということで、この本は友達のもとに渡りました。ちょうど良かった。

後から気がついたんだけど、僕の本棚にときどき読み返してるくらい好きな吸血鬼漫画があって、これ、よく考えたらその友達から借りてるものだった。・・・ん?友達には返して、自分で買い直したんだっけ??あーこれマジで記憶錯綜。



あと、今回も心の中のカミーユ・クローデルが嫉妬して、カーミラを追い出したんじゃないか、って思った。

カミーユ・カーミラ・カミュ・カミーラは同じ名前の発音ユレかとおもったら、Carmilla、Kamille、Camus、Camille などなど違うんですね。今知った。



by nopain-nogain | 2017-06-29 14:22 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
貧乏なM君
けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君と飲みに出た。けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君と会うのは2ヶ月ぶりと短めで、何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕の方はあまり変化(ネタ)は無いのだが、けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君はまだ若手というのもあって、物理も精神も波があるようだ。

おもしろいのはけっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君の最近の悩みが、何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕の悩みに似てきたことだ。それはクリエイターとして誰もが通る道でも有るが、もしかして何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕に影響されてるのかな?という責任感も感じる。

そんなけっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君と何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕の共通の悩みは、飲みに出ても楽しい会話ができる人が少ないこと、新しい知識を手に入れたいけどなかなか見つけられないこと。つまり自分で引きこもってできる勉強はあらかたやり尽くして、外に出ようとしたら、それ以上のネタが見つからなくて驚いてるって言う感じ。けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君が言葉を飾らず正直に言ったセリフは「世の中の人たちってこんなにつまらなかったでしたっけ?」うん、何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕もそう思う。

いっぽう、突然ネコを飼いだした友達がいる。そこに至る心理はほぼ同じだろう。こういうのって、やるときは悩まず一気にそうなるんだろうなぁ。おおきい一歩を踏み出して、羨ましい。ネコいいなぁ~




つづく











by nopain-nogain | 2017-06-28 14:21 | 執筆 | Comments(0)
話術の実力不足と努力の成果
あまり飲みなれてない街で、料理の美味しそうな居酒屋を探し、おもった以上に美味しくて雰囲気の良いお店を探し当てた。

d0002320_8411944.jpg

ただ唯一残念なのは、たまたま流れてるTV番組がお店の雰囲気を台無しにしていたこと。ま、それはたまたまだからいいとして。

しかし一緒に飲んでる友達が、そのTV番組の虚実演出にイライラしだした。僕も入店時からTVは消して欲しいと思っていた、だからその気持はわかる。でも友達のイライラは少しずつコジれていった。

僕は「もっと僕の話術のテクニックが高ければ、TVなんて忘れるくらい盛り上げることができたのに」「だから友達がイライラしてるのは僕が悪い」という思考に陥った。前回の記事で「執筆が順調」と書いた直後というのもあって、一転、実力不足に悔しい思いをした。といっても強迫観念は薄いポジティブ思考で、しかもまだ挽回できる時間はある。

ここで、自分の過去の頑張りを褒めたい。

こういうときのために書き溜めているネタ帳があるのだ。さりげなくカンニングし、話の流れを変え、TVから意識を反らせ、また楽しい雰囲気に戻すことに成功した。そのあと同TV番組内で世間を騒がせる何かがあったようだが、僕たちはそれを知らない。







by nopain-nogain | 2017-06-19 08:57 | 執筆 | Comments(0)
写真と文章の短期投稿
写真も文章も、しばらく投稿を辞めてたが、なんとなくポツポツと再開。

コメントくれる人はやはり同じタイプの人で、少数だが共感してくれる人がいて嬉しい。ただ以前と違うのは素早いレスポンスがある。訴求力がアップしたのか、ずっとチェックされてたのか。

d0002320_1456734.jpg

特に文章の方。出せば当たるようになったのは嬉しい。









by nopain-nogain | 2017-06-17 14:59 | 執筆 | Comments(0)
上手になりすぎていつも居場所がなくなる
あるweb小説が面白かったので「とても面白かった」という趣旨のレビューを書いてる途中、ふと心がザワザワッとなり全文削除した。どういうことかというと、これだと小説よりもレビューのほうが文章が整ってしまう。それは立場をわきまえてない、ということに気がついた。だからレビューも星つけるのも辞めた。

友達がある映画を「訳が分からなくてつまらない、ひどい映画だ」と言ったので、その映画の観方のポイントを説明したら「そっか、また観てみる!」「すごく面白かった!」ってなった。

レビューってのは「作品をより楽しむための情報共有」の性質を持つべきだし、僕はそういう役割をするのが好きだ。

その対象が超有名監督なら是非ともに宣伝にもなるのだが、個人出版レベルの作家の場合、褒めて欲しいのか本音が欲しいのかは人による。その繊細な部分を間違えるのは僕も相手もよろしくない。そんなふうに気を使いすぎて素直な感激を(作者に対して)伝えられないのは小さなストレスでもある。

ちなみに僕は、良かった点・悪かった点両方書いてもらえるのが一番嬉しい。※


d0002320_947521.jpg
ま、ビリヤードもG仕事もカメラも、ずっとそうだかからもう諦めるよ、僕はもうずっとそうだから。




たまに僕の一番ウリの部分を指して「そこは好きじゃないけど、大ファンです」って言ってくる人がいて「なんだそりゃw」とおもいつつ、こういう正直な感想がとても嬉しいです。




by nopain-nogain | 2017-06-12 09:51 | 執筆 | Comments(0)