久々の温泉旅行と旅行記を書くことと。
久々に、一年ぶりかな。温泉旅行に行ってきた。

d0002320_03544789.jpg
ここ1年、引っ越しやアメリカ子供などイベント続きで、旅行に行く余裕がなかった。今回は行き慣れた土地で、プールで泳ぎながらのんびりと過ごした。



数年前から「旅行記はオンタイムだと全然まとまらなくて、なぜか1年くらい経過してからのほうが上手く書ける」というのがあって、今回も1年後くらいに書くつもりでいたのだが。でも旅行中の感情の起伏っていうのは、どんなに読みにくくても書いておいたほうが感情を読み取るにはイイかな。だからオンタイムで書いて、さらに1年後に精査して書くっていう2段階を、最初からその段取りでかくのが一番いいよなって思った。

そしてこの「2回書いてもいいんだ」っていう気づきは、僕の中でけっこう革新だった。「一つの旅行は一つの旅行記で書くべき」っていう固定観念が強く過ぎて「いつ書くべきか?」って悩んでいたけど、そうだよ、2回書いてもイイんだよな。だれにも迷惑かけないし。記録としても、そのほうが面白いでしょ、自分も読み手も。

で、感情にまかせてオンタイム旅行記書こうという決断はしたのだが、現実にはいろいろ忙しいのもあって、書けないうちに感情が平坦化してきてしまっている感じがする。そもそも昔ほど起伏がないしなぁ。

ま、無理して書くのは良くないだろうから、近いうちに。



# by nopain-nogain | 2018-08-14 04:07 | お出かけ | Comments(0)
年取ってトラブル増えるが対応能力が上回りアドレナリン過ぎて死にたい。
加齢とともにミスが増える。しかし「年取っても対応できるような備え」をしてきたから、対応技術が上回る。それは良い事なのだが、イベントやトラブルが起きてもまっとうな判断と行動と結果を得るため、盛り上がりが少なくなった。結果「生きてても面白みがないな」「凡人になってしまったのかな」と感じてしまう。そして凡人になるくらいなら死んだほうがいいな、と思う。若くて神経質だった頃はトラブルが起きると過剰反応して「死にたい」となっていたのとは真逆だが「死にたい」に結びつくのは同じだ。


d0002320_03112490.jpg

加齢とともに集中力が落ちてきて、でも無理にでも集中力を上げる方法を身に着けてるから、無理にでもアドレナリンを出すことができる。でも肉体は落ちてるから、手が震えてしまう。出すぎてミスすることもある。でも出ないよりマシかな。いったん出して調整するのが今のベスト。


もう何度も書いてるが引っ越しを決めてから1年ずっと過集中の躁状態なので、いつか鬱になるなず、ならなきゃバランスが取れないのだが、いまだに鬱にならない。だから休むことができず、ずっと「やらなきゃ」状態がつづいている。でも無理して鬱になるのは方法も結果も良くないだろう。


いま人間関係を持っている人たちは僕の変人ぶりを理解した上で付き合ってくれているとても良い人たちで感謝している。が、僕の冒険心や人生観はその人達に心配や悲しみを与えるタイプの冒険心が未だに強くある。その「申し訳ない」と「でも飛び出したい」の狭間から見える道は「もう死のう」しか見えない。あといま考える死に方があまりおもしろくないのも、すごく劣等感。まぁそれがあるから死なないと思う。もし面白い死に方を見つけたらドンドン死の方に傾く。


文章に「でも」「けど」が多くなるのは、精神的にストレートな状態。僕たちは常に反証の脳で動いている。読みやすい文章のために「でもけど」を減らす努力はすることがあるが。本質的には自分に対する反証を繰り返すことは精度を上げることになる。疲れるけど。


それでも、いまの生活を客観的に見れば、普通の人とは違う、けっこう十分に変人の生き方ができている。ただ、変人キープ状態では僕はつまらない。

# by nopain-nogain | 2018-08-14 03:17 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
imo
d0002320_17585959.jpg
d0002320_17590501.jpg

# by nopain-nogain | 2018-08-01 17:59 | Comments(0)
花火
d0002320_21570587.jpg
花火を見にきた。


d0002320_17293136.jpg
会場まで自転車でちょうどよい距離。メイン会場から少し離れた、ゆっくり座って見れる場所で。


d0002320_17294765.jpg
カメラ設定を復習してこなかったので、試行錯誤。



d0002320_17311012.jpg
この花火大会は初めてで混雑具合が解らなかったので、三脚は持ってこなかった。でもこの辺だと人が少なくて全く迷惑にならない、三脚持ってくればよかったな。


d0002320_17311387.jpg
でも、失敗写真もけっこう好き。


d0002320_21505868.jpg
これも失敗写真好き。


d0002320_17314578.jpg
横浜の花火と比べると、小さいのを数多く上げてる印象。あと花火の余韻の違いもあった。そういうのも地域性とか歴史が続いてることなのかな。


d0002320_17455674.jpg
撮影は程々にして、後半は肉眼で楽しみました。



d0002320_17322216.jpg
いろいろ感じながら見ることができた。来てよかった。





メモ
・花火大会の最後の最後で「ポンポンポン」と音だけの花火が上がったが、これたぶん「お・わ・り」の意味だと思う。コレを聞く前に「終わった」と思ってしまい、フィナーレを見逃した人たちが周りにいた。花火で「終」「END」とかの文字を出せたら良いのに。

・人混みを楽しめるようになった。自分の精神状態もあるけど、世の中のマナーが良くなってるのかな?それとも地域性なのかな?

・たしか以前はAPSC+270mm(換算400mm)だった。今回はフルサイズ+200mmなので画角が半分。あとフルサイズ特有にまだ慣れてない、バブル撮影ももっと練習しとこう。

・ISO-100、F13、バルブ3秒~8秒。WBは3200か4800を選ぶ、面倒なら4000固定。ケーブルレリーズ。ND4つけても。




# by nopain-nogain | 2018-07-23 17:42 | お出かけ | Comments(0)
仕事は順調で電車は遅延し睡眠障害の小旅行はテレビ宣伝して食中毒。
今週8日~15日は、何もかもタイミング悪かった。

前半は、良いイベントが多数発生するもことごとくタイミングが合わず、参加したいのにキャンセル。気分転換に食べた外食で少し食中毒。食べれない遊べないのストレスで寝れなくなり、どんどん心身が疲弊。

なので後半はリフレッシュに静かな場所に旅行に出た。しかし特急遅延で満員電車、車中食べるつもりで自炊したお弁当は食べれず。旅先は偶然にも先週テレビ放映したらしく、静かな雰囲気に似つかない人たちで大混雑。一泊する予定だったが、一食さえもせず、たった2時間で帰宅。地元に帰って行きつけの店で酒飲もうと思ったら臨時休業。

d0002320_10032658.jpg
誰が悪いでもなく、自分のミスもない。とにかくタイミングが合わなかった。



追記
そのあとリベンジで、静かでお気に入りの千葉の海岸に旅行に行く予定で宿を調べたら、なぜか高騰してて。予定日がちょうど花火大会だった。いろいろ楽しみにしたのに、また予定立て直しだ。もうやだ。




# by nopain-nogain | 2018-07-16 10:01 | 健康 | Comments(0)
お気に入りの江戸川の土手の階段の手すりの感情の乗った写真
さいきんこの場所でボーッとするのがお気に入り。

d0002320_10505765.jpg
これ意味ない被写体なのだけれど、この場所が気に入った今、気持ちが乗った状態で写真撮ると少し良い写真になる。やっぱり写真撮るときに感情って大切。



d0002320_10515327.jpg
これはココにはじめてきたときの写真。左の手すりがそれ。とても良いロケーションだなと感じているが、あくまで観光気分でアウェイの感じ。写真も証拠写真だしね。写真撮るよりも休憩がしたかった。リピートはまったく考えてなかった。



d0002320_10565736.jpg
ところが、ココには立て続けに通うことなる。似たような、あるいはもっと近くてもっと良いロケもあるのだが、なぜかココがとても落ち着く。この写真から「それぞれ、自由に」っていう雰囲気、伝わるかなぁ?


d0002320_11065811.jpg
これも良い写真なのだけど、縮小されると伝わらないね。

d0002320_11175245.jpg
近くに室内休憩所もある。歴史的な建物でボーッとできるなんて贅沢。


d0002320_11174991.jpg
サイクリングロードがたくさんあるのも嬉しい。


d0002320_11065401.jpg
ここにいるとき「ああ僕の人生幸せ」と思うことが多い。そして団子食べて天ぷら食べて家帰ってシャワー浴びて仕事する。




# by nopain-nogain | 2018-07-13 10:59 | カメラ・写真 | Comments(0)
大卒と決め付けられて
初対面の人と一通り盛り上がったあと「さすが大卒はいいなぁ」と言われることがおおくて、すこしモヤモヤする。

「どこの大学ですか?」と聞かれたなら「いえ田舎の工業高校です」と答えられるのだが。トイレに行きつつなど訂正できないタイミングで言われることが多い。何故か?

まま特にお世辞や嫌味とも感じないし、ささいな固定観念なのだろうから気にはならないんだけど。ああでも誤解されたままなのはヤダなぁ。でももしかして「高卒です」って訂正する方がイヤミになるのかなぁ。

わからないなぁ。僕をみて大卒って決めつける人は、どういう心理なんだろう?どうやって対処するのがいいんだろう。

d0002320_04533360.jpeg


僕自身は学歴コンプレックスがあったので「大卒に負けないぞ!」と努力してきて。その結果現在は、周りにいる成功者は学歴の話なんて全くしない、実力オンリーの世界に居ることができている。

大卒に間違えられることを気にしてるってことが、まだ学歴コンプレックスが残ってるってことなのかな?そりやゼロにはならないけど、さ。ほんと、どうして言われるのか、どう対処するのかいいのかわからない。だれか教えて。


補足
もちろんインテリジェンスな会話ではない。酔っ払いの下ネタとかからの。

大卒言われることはごくわずかに嬉し要素はある。でも誤解からくるモヤモヤ不安のほうがなん百倍多い。

# by nopain-nogain | 2018-07-12 04:37 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
昔のことを思い出す時期
●小学生の頃に見たアニメ、主人公の声が子供向けアニメにしては地味・暗い・大人・自立・孤独に感じた。しかし今見たら若くてかわいい声で孤独の寂しさを感じた。本編の内容は、子供のときよりも面白く強く感情移入した。


●宅配便会社と契約した初期の頃(15年前頃)は、集荷に来た人を出迎えるのに、僕はパンツ一丁で出ていた気がする。夏も冬も。まぁ今とは状況が全然ちがうっていうのもあるある。


●ある若手写真家の写真歴10年の作品を見返してその成長に関心した。それに比べて僕は人生も写真歴も先輩なのに才能・努力足りないな~と思いつつ自分の過去写真10年を見ようとしたら、俺のカメラ歴6年なのな。2012年から。まだたったの6年。


●旧居にいるうちに対人コミュをもっと完成させたかった。いま上り調子の4合目くらい。頂上まで行って、マンネリして、試行錯誤して、調子に乗って失敗をして、6合目くらいのバランス点を見つけて、それで対人の完成。これを旧居で終わらせておきたかったな。いま新居で対人は非常に良くできているが、出来過ぎるせいでどこまでやっていいのかが分からない。これから長く住むつもりなので、未知の失敗、そのフォローの研究を、この地でやるのは素材の消費が激しいな。旧居でやっておきたかった。


●対人恐怖症、とくに人混みでの被害妄想を、どうにか克服したいと長年研究してきた。ここ2年ほぼ100%対処できてる。それはたったひとつの対象法を発見したから。ずっとそういった対人グチ日記がないのは、書いてないからじゃなく、乗りこなしてるから。これはいつか単独記事で書こうと思ってるのだが、鬱人限定なので書けないでいる。けどほんとうに魔法のように効いているので、同じ悩みの人に役に立てば嬉しい。



●久しぶりに映画館で映画を見た。過去の貧乏底辺の自分を思い出すような映画で、映画としての面白さより、ここから抜け出せてよかったなという思い。あまり心に残らなかったが、その日の夜、昔の嫌な人間の夢を見た。

d0002320_03443292.jpg

●昔、というかここ半年くらいのことだが、引っ越しで神経使って鼻血が出まくったのは、いい思い出だなぁ。いつも自殺したいと思っていても、血が出ると止まってほしいと思う。リスカや自傷する人って、死に近づくことで自分の中の生きたい要求を確認するっていう要素があるのかもしれないなぁ。僕はまったくリスカ興味なかったから、そこは想像でしかないが。



# by nopain-nogain | 2018-07-05 17:02 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
散歩写真
d0002320_10100419.jpg
神奈川にいた頃よりも都内のほうが空がキレイに見えるのはなぜ?たまたま今年がそうなのかな。


d0002320_10103098.jpg
散歩写真。


d0002320_10172372.jpg
撮りたい理想はあるけど、現実がバラバラな写真。


d0002320_10100666.jpg
モノクロームの練習。


d0002320_10095121.jpg
やっぱり空がキレイ。




# by nopain-nogain | 2018-07-02 10:18 | お出かけ | Comments(0)
レタッチ前提でRAWで撮ることの意味を知る。
ときどき練習してるけどRAW現像があまり上手じゃなくて、RAWの利用価値を感じたことがなかった。でも今回、一連の成功を知った。


d0002320_05165723.jpg
動物園にて。普通に撮ると、頑張ってもこんな感じ。

汚れ傷だらけ指紋だらけの分厚いガラス越しに撮る。さらに他の見学者の映り込みもある。とても悪条件。こういう場合は現場の調整で最善の一枚を撮るんじゃなくて、あとでレタッチすることを前提にした設定でRAWで撮る。それを思い出して、試しにRAWで撮った。



d0002320_05190948.jpg
RAWから現像した。おおこんなにいい感じにできるのか。



d0002320_12381877.jpg
普通に撮影。人の映り込みがある。これもRAW現像ならある程度消すことができる。(フォトショ使えばきれいに消せるが、それは写真じゃなくてCGになっちゃう)


d0002320_12333786.jpg
RAW現像した写真の拡大。慣れないでコレだから、もっと練習したらもっと良くなるな。



d0002320_12351874.jpg
普通に撮影。


d0002320_12345435.jpg
RAW現像。今回は子供の記念写真だから、すこし強めに補正している。

やぱり具体的な目的がなく机上練習だけだと身につかないものだね。今回みたいに被写体・撮る人・見る人がちゃんと揃ってると、よい結果が出せる。あと子供のポートレートも(初めてにしては)良く撮れた、ここに載せられないのは惜しいが。

あ、でも机上練習があったからこそ、RAWやポートレートができたのか。練習も実践もどっちも必要だね。いい勉強になった。写真も喜んでもらえたし。良かった。




おまけ。

RAWとは関係ないが、これ好きな写真。
d0002320_13075370.jpg
忘れたのかゴミ置き去りなのか。それにしても未開封の袋そのままとは。




# by nopain-nogain | 2018-06-25 13:13 | カメラ・写真 | Comments(0)