子供と過ごす
これまでの人生ずっと知的好奇心とチャレンジしてきた結果、数年前から「残っているチャレンジは嫌いなことだけ」という状態になっていた。まま子供は嫌いでもないのだが優先順位はほぼゼロ。だから未経験のイベントとして、今回のチャレンジはちょっと好奇心を踊らせた。そして結果から言うと非常に楽しかったし、僕のポリシーは全く変わらない。

d0002320_14400473.jpg
8歳女の子と13歳男の子。基本的には保護者と一緒だが、ときどき僕と子供だけの行動もあった。


d0002320_13004112.jpg
予定では「嫌われないように、挨拶だけで」のつもりだったが、けっきょく2泊3日ほぼすべて一緒にいた。サポート役という意味もあったが、純粋に楽しかったので。


d0002320_13010688.jpg

・僕は子供に対して異常なほど責任感が強い。
・自分の育ちが悪いので、悪い影響を与えてしまうのが怖い。
・ケガでもさせたら、自責の念で切腹自殺してしまう。
・トラブルに巻き込まれたくない、バカ親と関わり合いたくない。
・僕は子供を子供として扱えない。一人の人間として接してしまう。
・よほど条件が揃えば遊んでもいいが、そんなガチガチな僕に子供が懐くはずがない。
・総じて近づきたくない。

ところが、前にも書いた現象「子供好きな人が子供にしつこくして嫌われて、子供嫌いな僕のところに子供が避難してくる現象」が今回もそうなった。なぜあの人種は、子供が嫌がってるのに無理やりお菓子を食べさせようとするのだろうか?なぜ子供が嫌がってるのに無理やり抱っこしようとするのだろうか?僕は子供は嫌いじゃないが、子供の周りに群がる、子供を自慰の道具にしている人間が、とても嫌いだ。だから僕のところに避難してきた子供は、静かに受け入れ、守るようにそばにいるだけにしている。

・そいった「嫌な大人の反作用」もあって、すぐ信頼関係が築けた。
・子供の遊び相手は、接客業と似ている。どうすれば満足?=CSを考えることが多い。
・2泊3日。遊園地や釣りや枕投げ。けっこう楽しかった。
・自分の子供?やっぱり要らない。
・ときどき子供と接するイベントがあるくらいで十分。
子供が好きになったか?という自問には、前述の「子供を一人の人間としてみる」の通り、楽しく過ごせる人なら好きだし、性格悪いなら嫌い。それは大人でも子供でも老人でも区別しない。

d0002320_14553091.jpg
とても良い3日間でした。




実は今回のイベントにはもう一つ大きな知的好奇心があったんだけど、それはまた別の記事で。




# by nopain-nogain | 2018-06-12 13:38 | 家族・親友 | Comments(0)
散歩写真
d0002320_09251048.jpg


d0002320_09230091.jpg


d0002320_09230506.jpg


d0002320_10253807.jpg


d0002320_09322984.jpg


d0002320_09223944.jpg
写真欲が復活しのたはいいが理想が高すぎるせいか「今日もカメラ出さなかったなぁ」などと自責しつつ撮った写真の整理しない日々が多いが、ふと見返すとまあまぁいい感じの写真が撮れてる。小学生の写生大会で、ぜんぜん不満足だった絵が金賞になったのと似ている。

引っ越ししてから被写体には恵まれているので、散歩の回数が多く週に4回くらい。またちょっとした買い物でも総重量6kgのカメラを持っていく。地下通路は偶然通った場所で、こういう偶然のためにカメラを持ち歩いてて良かった。まぁ近所だから後日撮り直しに行くこともできるのだけれど、やっぱり最初に感じた「共産圏の未来っぽい!」っていう感情が乗ってるときに撮るのが、一番いい。




d0002320_10224087.jpg
理性で言うと「センスない写真」なのだが、なぜか手がとまる写真。


d0002320_10202970.jpg
僕が行く場所・座ったベンチ・ご飯食べた店・ファインダーの中。行く先々に現れる二人。



# by nopain-nogain | 2018-06-04 09:33 | お出かけ | Comments(0)
CGみたいな空


台風後でもないのに、朝起きたらこの空。
d0002320_10234407.jpg
じっさいはもっとコピペ感がすごかった。



「CGみたい」といえばこの写真。
d0002320_10251053.jpg
2017年バンコク。



# by nopain-nogain | 2018-05-21 10:28 | カメラ・写真 | Comments(0)
鬱じゃないのに創作意欲が出てる
「鬱期の方が良い作品を作れる」と、うすうす気がついたのは5年くらい前かな。

それに気がつく前はそんなこと思いもしないから検索もしなかったし聞いたことも無かった。が、今検索すると有名無名クリエイターみんな同じこと言ってる。

これだけ多数の人が同じ事を言っているのだから過去何度か眼にしてただろうが、頭に残ってないのは、自分で気づかなければならないからだろう。

たから鬱で苦しんでる若手クリエイターにも「鬱は強力な武器にもなる」と、頭の片隅にメモしておいて欲しい。

d0002320_07320411.jpeg

ところで。
引越しを挟んだここ半年は、深い鬱になってない。やや躁なときもあるけど、非常に安定して幸せ。

もし文頭の仮定が正しければ、健康と引き換えにセンスを失う事になるなら、それはイヤだ。

しかし心配とは違って、安定期でも創作意欲があり頭も手も動く。お客さんの評価も良好なので「躁の誇大妄想」でもないと思う。

鬱にしろ躁にしろ「いまが創作チャンス」つていうタイミングを掴んだかな。そんなきがする。





そういや友達に「このまま普通の人間になっちゃうのはやだなぁ」って言ったら即答で「それはない!!」と断言されて、なにより心強かった。






# by nopain-nogain | 2018-05-20 07:01 | 健康 | Comments(0)
色と、色の名前のはなし
茶色っていえば土の色やチョコレートみたいな赤黒色だというのを48年間当たり前のように認識していた。しかし今日とつぜん「茶色は緑色だよね!?」と気がついてしまってから、茶色が緑色としか思えなくなった。


d0002320_08483390.jpg
仕事で、自分で作った色に自分で名前をつけるとういう作業があって。最優先は売れる名前であることであり、その条件は分かりやすい名前だったりインパクト重視だったり、さまざま。名前をつける作業はとてもむずかしい。

で、そういう仕事してるせいか。それとも多少裕福になって飲むお茶が鮮やかな緑になったせいか。それとも単に老化現象なのか。ともかく「茶色は緑色でしょ!」ということになってしまった。だから今までの茶色は「濃い烏龍茶色」の方が正しいと想う。他にも不適切な色の名前ってたくさんあるよね。色の名前については小学生の頃から違和感あった。

あとこれは別の問題だけど「肌色」ってのも、海外ではどう言ってるんだろう?って気になる。




# by nopain-nogain | 2018-05-16 09:02 | 道具 | Comments(2)
SBMT散歩

はじめての来客が無事に終わり、ホッと安心して散歩。


d0002320_19373289.jpg

d0002320_19374204.jpg

d0002320_19375755.jpg

d0002320_19380604.jpg

d0002320_19381174.jpg

d0002320_19381437.jpg

d0002320_19382123.jpg

d0002320_19382487.jpg
ずっと幸せ。




# by nopain-nogain | 2018-05-07 19:40 | お出かけ | Comments(0)
散歩
仕事が楽しくてずっとやってしまうので、散歩。


d0002320_14432767.jpg
散歩の環境は非常に良い。でもまだギン!とくる被写体を見つけられていない。なので気楽にスナップ。



d0002320_14224320.jpg
予想では「一段落してウツになる頃」のはずなんだけど、やや躁で安定してる。まだ一段落してないからかもしれない。仕事すると集中できて、気が抜けるとドバっと疲れがでる。2秒で寝て、2時間で起きちゃうときと、10時間寝れることもある。食欲あり。お酒を毎日飲んでる。だいたいコントロールできてて、心身ともに中の上。


d0002320_14223152.jpg


d0002320_14221101.jpg
これよく撮れた、んだけどブログサイズに縮小すると何も見えなくなっちゃうんだよね~。


d0002320_14354310.jpg



# by nopain-nogain | 2018-04-27 14:24 | お出かけ | Comments(0)
自慢になってしまうので書けないことなどのまとめ
いろいろイベントが発生しているので書き留めたい、でも全部が自慢になってしまうので書けない。うーん、でも日記としては書きたいし、でも自分語りはやりたくないというセオリもあるし・・・ああ一体何に誰に気を使っているのだろう。一番の読者は未来の僕だ。じゃあ苦肉の策で、一つの記事にまとめて書こう。



●「優しそう」と言われすぎる
小さい居酒屋とかなら社交辞令っていうのもあるだろう。でも、クリーニング屋のおばちゃんやスーパーのレジの若い女の人にまで「優しそう」と言われるのは、ちょっと普通じゃないとおもう。んだけど、どう?

●仲良くなるのは実力者
新居で初めてメル友になったのは、中国人アーティスト。つぎに土地持ちの地主さんや定年後ゆうゆう生活のおじさん。あと女性。

●居酒屋他店に紹介
初めての居酒屋に入ったら、なぜか知られていた。オーナー同志で情報が回っていたらしい。そして良くサービスしてもらえる、いちばんの高額は牛タンステーキ。ほんとうにどの店でも歓迎してもらえる。古い常連さんの反感を買わないようにするに一苦労しているほどに。

以上、鬱病で人間不審の僕が、どうしてこうなった。自分でも不思議だが、良くしてもらえるのは本当に嬉しい。



d0002320_12033025.jpg

●いい街である。
自分語りを抜いたとしても、ここはいい街。食べ物は美味しいし、物価は安いし、人はちょうどいいし、都会すぎず田舎でもない。徒歩&自転車圏内に映画館もあり自然もあり、駅前店も郊外店もあり、チェーン店も個人店も、生活も芸能も、何でもある。若者もお年寄りも生き生きしてる。まあね関東かなり広範囲の物件を探した中で、一発で「ここイイ!」っておもった土地なので。自分で選んだんだから、そりゃそうなんだけど、それにしても想定以上にいい街。

●近くに教会があるのがイイ
家の裏にね。朝昼夕に教会の鐘の音が鳴る、これがイイのよ。僕は時間で区切らない生活が好きだった、今が朝か夜かも解らない、自由な生活。だけど時間感覚を失しすぎると病気になることを経験した。だから教会の鐘がちょうどイイのよ。徹夜開けに朝の鐘を聞いて、あっという間に昼の鐘になり、いいかげん区切って、昼から酒のんで寝るとかね。

●公園、散歩、サイクリングロード、写真スポット、多数。
これは徐々に書いていく。多すぎてプレッシャーになるくらい多い。楽しみ。

●まだのこと。引っ越しの後処理がまだ落ち着かない。エアコン3台取り付けとか、やらなきゃいけないことが常に僕を焦らせてる。そんなこともあって、どうしても荷物が片付かないのでレンタルトランクルーム借りた。物が捨てられない貧乏人だったが、これを機に70%くらいのモノを捨てた。精神的にスッキリした。

●なぜか別荘や海外移住の実現姓が高まった。
これ何度か書いてる。僕も他人も「持ち家買ったら動けなくなる」と思っていたのだが、なぜか拠点が広がる実感をしている。どうしてそうなるか根拠はだいたい解ったので、別記事で書く。荷物の整理ができたらトランクルームを辞めて、小さい部屋を借りようとしている。

●仕事のペースがまだ不安定。順調であるが、納得できる環境までには調整できてない。でも有り余る余裕があるので負担は少ない。あと2ヶ月位たてば旧居よりも効率化できる予定。

●まぁまぁとにかく非常に充実している。も少し安定したらもっとだよ。

●でも旧居も良かったよ。あそこも一通り揃ってたし。最終的な人間関係も非常に良かった。





思いついたら追記する。









# by nopain-nogain | 2018-04-25 12:11 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
蜃気楼
蜃気楼の原理は一応理解してる。しかし「じゃあ写真で撮れるか?」の論理的には解らない。


d0002320_03412515.jpg
撮れた。


正しくは「逃げ水現象」かな?こういうのとかオーロラ現象は、人間の生理的な不思議であって、カメラや光学機器では当たり前の現象なのだろうな、って想う。ままそう解っていても、実際に撮ってみないと解らないよね。



d0002320_03540945.jpg

ああと、この木がどうしても人間に見えてしまう。それは幻覚。



# by nopain-nogain | 2018-04-19 03:45 | カメラ・写真 | Comments(0)
公園と広角と望遠
近所にとても広い公園があって、とても嬉しい。



「広い」を表現しようとすると広角レンズを使いたくなる。
d0002320_03305521.jpg
iPhone+広角レンズ。



しかし、望遠でも広さを表現できると想う。練習。
d0002320_03271119.jpg
いろいろ試した。これは対比を大きくしすぎて解りにくくなった。


d0002320_03271549.jpg
これくらいが伝わりやすいかな~


最初に来た時は単純に「広い!」って驚いた。でも写真をやってると広さよりも奥行きのほうに美意識を向けられるようになりたいって想う。

# by nopain-nogain | 2018-04-19 03:35 | お出かけ | Comments(0)