映画=ストロンボリ


昔1949年の白黒映画。

ロッセリーニ監督。
主演:イングリッド・バーグマン(女優さんね)


以下は戯作作家としての感想です。
とてもみられたものではないので、みてはいけません。
トリプルクリックか、CTRL+Aで観れます。



まず。

僕の記憶を組み合わせると・・・

ロセリーニ監督の「無防備都市」を観たイングリッドが
感銘してしまい、家族だの全てを捨ててロッシーニの元に飛び込んだ。
ロセリーニはビックリだけど、イングリッドを受け入れて結婚した(はず)。

もちろんこのことは大々的にハリウッドスキャンダルにもなったので、
だから・・・そう考えるとこのストロンボリのストーリーは彼女にとっては
酷なのではないかい?とても観ていられなかったなぁ。。。

あ、これを観るキッカケは、ロッシリーニとイングリッドが一緒になって、
どういう映画を撮るのかなぁ、と興味があったから・・・なおさら
これ、いいの?ってハテナが一杯ですた。

・・・・・

ところで、僕がイングリッドを初めて観たのは高校生の時、
超有名映画「カサブランカ」です。んまぁ初めて登場したとき
には死ぬかと想うくらい衝撃でしたね、白黒なのに美人さんで。
高校時代って男子校で田舎で多感なころだから、特にね^^;

そんな彼女が映画のような駆け落ちをして、ハリウッドの仕事も
追放されたに、後悔してない!と言い切る辺り、さすがなのか
無責任なのか、大人になった今でも、良く分からん。本人はともかく
残された家族のことを考えると、ねぇ。。。

ともかく、あきらかに家族や他人を傷つけるような恋愛は、ちょっと
気持ち良くないや。



感想終わり♪
by nopain-nogain | 2008-09-07 19:25 | 映像・音楽・本 | Comments(0)


<< 自転車 引地川CR 雨雲スゲー(笑) >>