難しい梅の写真、今年もチャレンジ。
梅の写真は難しい。

他の花や植物は多かれ少なかれ自己満足や反省点があるけれど、梅の写真はまったく手応えもないし改善案もみつからない。それでも毎年、頑張って撮りに行っている。


d0002320_18441554.jpg

d0002320_18363065.jpg

d0002320_18375774.jpg

d0002320_18380314.jpg

今年は少し手応えがあった。


梅写真が難しい原因
・梅の多くは植樹。人工的な密集で、自然の美しさがない。
・密集してるので背景が整理できない。
・密集した枝は、よほどいいレンズじゃないとボケが汚い。

・花の咲き具合が一定ではない。どうしても傷んだ花が入ってしまう。
・光の良さがなんか違う(←不確定)

・寒いのでじっくり撮影できない。今日も2時間頃に指が痛くなった。

(追記中)


# by nopain-nogain | 2019-02-18 18:43 | カメラ・写真 | Comments(0)
メインPCのHDDの増量
メインPC06のDドラ(1TB)の空き容量が10%を切っていた。

・無駄ファイルを地道に消してもたいした改善せず。
・世代管理データを隔離or削除することも考えるが、精神的にそれはヤダ。
・写真データが800GBなので外付けHDDで別管理するか?でも転送遅くなるのヤダ。
・カレントデータだけ内蔵にして、古いのは外付け?いやそういうの感覚的に嫌だ。
・仕事を内蔵、趣味を別ドラにする?うーんでもどっちも速度落ちるとストレス。
などと頭を悩ませていたのだが・・・

Dドラの容量を増やせばいいじゃん、それで全て解決だよ。どうしてそれを考えなかったんだろう。数年前だと数TBは高額だったから?いやそんなに高くなかったはず。ケースの中身をいじるのが不安だった?たしかに外付けHDDは手軽だが、内蔵もSATAになってからは手軽で安定になってる。じゃあなんで今まで無駄なことで頭を悩ませていたのか。というわけで内蔵型3TBのHDDを調べたら、いまや1万円以下で買えるのな、安いすぎる!悩んだ時間がもったいなかった。



少し高くても国産にしようと探したが見当たらず。国内メーカーの多くは海外に買収されたようだ。なるほど。

d0002320_04450388.jpg
というわけで信頼性と価格のバランスで、WD(ウェスタンデジタル)にした。もともと僕が持ってるHDDの8割がWDで故障率も把握してるから、WDで揃えたほうがいいかなと。で、このREDシリーズはサーバー用に24時間可動に特化してるとのことで、年に数回しか電源落とさない僕にとってピッタリ。回転数も速度重視なら7200だが、今回は安定性を重視して控えめの5400を選んだ。3TBで12000円。


d0002320_05012171.jpg
ドライバーなしで簡単装着、一発認識。便利になりました。

NTFSでフォーマット。900GB分のデータのコピーは、フォルダごとに20回くらいに小分けしつつ行って、3時間くらいかな。転送速度は平均60Mbpsくらい。「ファイル名が長すぎる警告」が1ファイルだけ。あとは完璧にコピー。ドライブレターで新旧のD:を入れ替えて、全て順調に完了。(自分メモ:もう少し様子を見たら、マザーボードのSATAを白い方に付け替えること)

いままでのDドラHDDは、まるごとバックアップとして永久保存。しばらく安定してたので簡易バックアップだけだったが、フルバックアップすると精神的に安心するなぁ(強迫性障害)。



・・・

さて。一つの記事に複数のコンテンツを入れるのはセンスに合わないのだが、パソの記事が並ぶのはもっと嫌なので、ついでに書く。


●メインPCのCドラがいっぱい?

メインPCのCドラはSSDの256GBで、システム以外は最小限のデータしか入れてないので、ずっと使用率30%くらいだった。なのであまり監視してなかったのだが、いつの間にか使用率99%(空き3GB)になっててビックリ。これじゃシステムが不安定になっちゃう。

たしかに「必要最小限」といいつつ、デスクトップに色々データ置いてたので、D:に移動や削除を行ったのだが、たいして空きが増えない。そもそも200GBもの容量を使っている思いあたりがない。ネットで調べた結果、ウィンドウズのアップデートで溜まったtempファイルだった。なんと100GB以上のゴミ。
c:/windows/temp/ の「cab_****_*」というファイル群80GBを削除。
c:/windows/logs/CBS/ の「CbsPersist_*.log」というファイル群20GBを削除。
上記2つは定期的に(半年おきくらいかな?)チェック&削除するのがいいな。

結果、使用80GB、空き150GBになた。解決。





●モニター2枚が壊れる。

メインPCのメンテのついでに、ごちゃごちゃだったケーブルを周辺も整理した。そしたらサブPCのモニターが壊れた。もう長く使っていたので時期的に覚悟はしていたのだが、電源をオフしてオンしたら、通電しなくなった。電源がコンデンサだろう、もっとも多い故障。こんなこともあろうかと予備のモニターをだしてきたのだが、こちらも電源系故障。三菱なんだけどね、最近は国産も品質&信頼は低くなったね。

というわけで。サブなので5000円くらいの中古で十分と探したのだが、いまや24インチIPS液晶が新品で1万円で買えるのか!安い!こちらも悩み&探してる時間がもったいないので、口コミを参考にして即決した。明日届くのであとで追記する。


d0002320_06231398.jpg
メインのモニターもそろそろ。

メインPCはデュアルモニター。三菱は調子良いが、iiyamaのほうは時間か温度で色味が変化してしまう減少が大きくなってきた。もともと安物だし寿命かな。明日届くモニターが良かったら、メイン用にもう1枚買おうかな。

それから今回初めて知ったこと。
最新のモニターはHDMIだけでDVIコネクタが無い、なのにDSUBがあるのはどうして?って調べたら、HDMIとDVIって形状が違うだけで信号は同じなのか。だからPCからDVI-Dで出力して、変換ケーブル使って、モニタのHDMIにつなげることで、劣化しないということ。ふーん、そうだったのか、いいこと知った。HDMIは省スペースにできるのが便利だな。


●●●

面倒だなと感じたこと。
昔は技術的な情報を得られたが、いまや一般消費者向けの無意味な宣伝文句ばかりで、肝心なスペックが見つけられない。まぁそのおかげで安く手に入ることができているのだが。これは企業に対してではなく、一般消費者が本質的な意味で賢くなってほしいな、という思い。

日本が負けたこと
10年以上前から「このままだと日本はアジアに負ける」と言っていたが、経済的にも技術的にもほんとうにそうなってしまったなぁ。いまや国産よりも中国製品のほうが安くて高機能でアフターサービスも親切だもの。まぁ「勝ち負け」は言葉のアヤで、お互いに切磋琢磨して地球レベルで技術アップするのが理想だと思ってる。だからまた「日本製品最高」と言われるようにみんなで頑張ろうね、というのが僕の考え。なので未来に向かって努力しない人は、日本人だろうと海外だろうと、嫌いです。(こういう政治国際主義主張は書かないほうがいいと知っていて書いてしまった反省)



# by nopain-nogain | 2019-02-09 04:58 | 道具 | Comments(0)
日々の出来事を書くと、何度も同じセリフの繰り返しになってしまうのが最近。
大小のイベントもあるが、基本的に引っ越してから書いてきたことの繰り返し。まぁそれを書くのも記録として意味があるのだが、引っ越してからちょうど1年、基本的に同じなので「まとめて同じ」でいいと思う。もちろん「繰り返し」といっても文字通りのループではなく、日々勉強&チャレンジ&成長している。順調にそれを繰り返しているという意味。



・「そろそろウツが・・・」と言いつつ、ずっとやや躁で、ずっと多幸感。
・家が居心地良すぎて引きこもり。
・でも散歩や旅行も行っている、近場も遠出も充実で楽しい。

・仕事は少しずつだが確実にペースを取り戻してる。
・とりあえず効率良い仕事だけしてるので、売上効率は良い。
・やる気でない3割、やる気満々5割。過集中2割。
・新しいアイディアがポツポツと形になってる。

・死ぬことを考えるのは10日に7回。丸一日死を忘れてる日もある。
・たいてい良く寝てる。寝れない日もあるが問題ない。
・だいぶ運動不足。
・心身ともに安定ライン。

・どこに行っても歓迎される。
・とにかく「いい人」「優しさオーラ」言われる。
・お土産やサービスで美味しいものを食べさせてもらってる。
・知り合う人がいい人ばかり(※)。

※この土地の人柄がいいのか、自分が変わったのか、年齢や職業関係なく良い人がほとんど。しかし、もしかしたら良くない人もいるんだけど、僕が非常に強力に「そういう人」を視界から外しているのかも。事実、古い常連さんの縄張り意識を刺激してしまうことは数回あった。まぁそれも僕がではなく、周りが、だけど。



d0002320_12000504.jpg

人間関係はとにかく良い人ばかりで感謝してる。そして、人間不信からここまで頑張った自分の努力にも感謝。





# by nopain-nogain | 2019-02-06 12:11 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
パノラマ写真をもっとキレイに掲載したい
昨年11月の日帰り旅行。夕暮れに映える山並みがキレイだったので、パノラマ写真を撮った。



ブログの写真サイズ制限のせいで解像度や迫力が出ないのは当然としても、パノラマ写真は趣旨そのものが伝わらない。どうにか試行錯誤してるが、どうにも出来ないので今回は諦める。


d0002320_04394747.jpg
現地で感動したのは「いくつも重なる稜線の奥行き」なのだが、これだと右の大きい山に眼が行ってしまう。



d0002320_04390787.jpg
なので右の山をカット。パソコンで横1280pxで見てもらえると、いくらか現地の風景が感じ取れる。しかしサイズ制限のせいでノイズがひどい。


d0002320_05125913.jpg
横がダメなら、思い切って縦にしてみる。いじりすぎて進路を見失っている。


d0002320_04404359.jpg
逆に、小さくしてみる。



●写真品質も利便性も高い他社ブログもあるが、10年以上ココで継続していることの意味を覆すほどのメリットがない。

●ブログスキンを変えれば(もう少し)大きい写真を載せられるが、そうすると過去記事のレイアウトが崩れてしまうので、いまさら変えられない。

●写真専用サイトからリンクする方法は、数年も経てばリンク切れになる。そういう流動性はセンスとして嫌い。

●そもそも最近の人ってスマホで見る人多いのかな?僕の感覚だとPCの人のほうが多い気がする。




# by nopain-nogain | 2019-01-18 04:41 | カメラ・写真 | Comments(0)
活動開始
年末年始は家でノンビリ過ごしました。ゲームしたり映画みたり近所散歩したり。すべてが順調。

d0002320_04053965.jpg
正月に日帰りドライブで渓谷散歩してきました。これはあとで旅行記にまとめようと思う。


長く空けていると「ブログ書かなきゃ」な焦燥感もあったけれど、書かなくても気にならない。


先週に仕事始めをしたのだが、またもや機材トラブル連発で集中力があげられず。仕事は止めてお正月モードを延長。今週はいろいろ調整して、明日から仕事初めになりそう。


ブログも仕事も、無理してやっても効率悪い。特に何も考えなくても、動くキッカケは自然にやってくる。その流れで行動すれば調子良く結果を出せることを知っている。



# by nopain-nogain | 2019-01-15 04:03 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
レンズ 90mmと50mmを購入
ひさびさにカメラ機材を買ったのでメモ。あ、全部仕事用の機材の話です。


1年前くらいからメインカメラ(APSCサイズ)の解像度に不満を感じてて、技術不足なのか機材不足なのか機材劣化なのか、原因がわからなくてストレスになっていた。なのでメインより性能の良いサブカメラ(フルサイズ)で試写して結論を出したいと考え、それ用のレンズ90mmを買った。今年の10月ごろ。

d0002320_06350189.jpg
15年前の名作レンズ。中古で1万円。細かいことは省略して、解像度も満足で、表現の幅も広がった。記憶では数年前から「単焦点90mmマクロ買うべきか?」と迷っていたが、買ってよかった、満足している。あとフルサイズはやっぱりキレイ。



で「90mm買ってよかった!」と安心した直後に、メインカメラが寿命で終了。同じカメラを買えば良いんだけど、3世代前のカメラだと性能も余命も物足りない。それに組み合わせてるメインレンズも、寿命でガタガタ。
d0002320_07175585.jpg
画角もピッタリで大活躍だった17-70mm。さらに自分用に改造して絶好調だったが、寿命。



それならばメイン系機材を全部売却して、フルサイズに統一するのもアリかなと考える。というわけでフルサイズ用で不足しているレンズを買ってみた。
d0002320_06492036.jpg
50mm。中古で1万円。これはいいレンズ、だけど僕の用途にはイマイチだった。最短撮影距離がちょっと不足だった。しかし、、、


しかし。2013年に買った60mmも「僕にはいらない」と言ったが、その後必須レンズとしていまでも頻繁に使っている。
d0002320_07120394.jpg
名作レンズの60mm。購入当時の記事はこちら。そういった前例もあるので、今回買った50mmもあと数ヶ月使ってから結論を出そう。



で、50mmが使えないならば、じゃあ何がいいのか?と考えると、以前に買って売却した24-70mmがピッタリ。
d0002320_07012067.jpg
一度所有したレンズなので良さはわかっている。ただあの頃は表現写真には優等生すぎるという理由で手放した。でも今回は仕事だから、優等生がピッタリなのだ。でもこれ中古でも10万円するんだよね。やっぱり良いものは高いね。(あと24-105も候補だが詳細省略)




●メインカメラ買い変えか、フルサイズに統一かで迷っている。メインの機材を全部売れば10万円レンズ買えるのだが。ただメインだけでサブ(予備)がなくなるのはプロの仕事として不安なのだが、それも心配性なだけか。

●またいつもの繰り返しになるけど、僕は「思い通りにならない時は、自分の努力不足」という強迫観念が強すぎる。どんなに努力しても機材の性能のバランスが悪いと、努力も無駄になる。悩むなら買え。それで失敗したことはない。

●90mmだとか24-70だとかフルサイズとか、結局は「プロなら持ってて当たり前」っていう定番に行き着いたな。まあでも先輩アドバイス鵜呑みじゃなく、自分で試行錯誤した期間もすごく大切だった。




# by nopain-nogain | 2018-12-29 07:05 | カメラ・写真 | Comments(0)
映画まとめ 12月
●●●は最大3つ。
たまに★付ける。
だいたい50音順。
ネタバレあり。




●●アムール・愛の法定
フランス。恋愛コメディ。僕の好きなファブリス・ルキーニ。いつも似たような内容なんだけど、今回も面白かった。


●アポストル
覚えてない、まだ見てないかも。


●カルマキリング
映画じゃなくてインタビュードキュメント。この手の演出は、飽きた。


●●コードネームプリンス
元犯罪ボスは足洗ったけど娘が薬漬で再びバイオレンス。地味だけど安定したテンポでまあ最後まで見れた。


●●ガールボス
頭も性格も悪い女が古着売買で一発逆転。こういうストーリーは、経営経験があると面白くないです。


●●スター・ウォーズEP7 フォースの覚醒
●●スター・ウォーズEP8 最後のジェダイ
僕は当初からのSWファンなので、一生ファンであり続ける。新作がどんなに期待ハズレでも、途中で寝てしまっても、一生ファンである。本物のファンというものはそういうものである。


●スポックのために
インタビュー形式ドキュメント。見ない。


●ジャンプ
覚えてない、まだ見てないかも。


●ジュピターズムーン
覚えてない


●ジオストーム
覚えてない


●●靴職人と魔法のミシン
他人の靴を履くと他人になれる魔法。アダム・サンドラーは上手なのは解ってるが、どうしても笑いが合わない。


●●テイマイ
傷心女三人が初めて海外旅行でベトナム珍道中。「かしましい」のは構わないが、他人に迷惑は嫌いなので、途中で見るのやめた。こういう人たち嫌い。


●●ドッグ・イート・ドッグ
ニコラス・ケイジとウィレム・デフォーの気持ち悪いやつ。まだ途中。


●トゥームレイダー・ファーストミッション
なんだこれは。どこをとってもつまらない。


●●ニューヨーク1997
勉強のため。非常に静かで間の長いアクション映画。それでも勉強になるから興味を持って見ていたのだが、いつの間にか寝ていた。いつ寝たのかわからなかった。


●●ナルコス・メキシコ編
TVドラマ、アクション。端役だったマイケル・ペーニャが主役まで成長したのが嬉しくて。でもドラマ自体がイマイチで、鑑賞止まったまま進んでない。


●●なんだかおかしな物語
根暗うつ病少年の話で、面白そうだったけど、絶妙に合わない。テンポ悪し。中断。


●●ブルーバレンタイン
真面目夫と退屈妻がなかなか結婚できない話。ライアンゴズリングもミシェル・ウィリアムズも好き、ふたりともいつもどおり。


●●フルスロットル
アクションかな。普通に最後まで見れたような気がするけど、内容覚えてない。


●ファミリー・シークレット
覚えてない。


●●ファーザーオブザイアー
ダメお父さんの下品コメディ。


●●バスターのバラード
コーエン兄弟の西部劇オムニバス。最初のエピソードがすごく良くて「さすがコーエン」と期待がグッと上がりすぎたせいか、それ以降のエピソードは最初を超えられなかった。惜しい。
d0002320_11003333.jpg



●ミュート
耳の聞こえない人が犯罪アクション。なのに、耳が聴こえないことがストーリーにまったく絡まない。そのくせ筆談も読唇もしない。ただただ会話のリズムが悪いだけ。

●マイレージ、マイライフ
この映画は「結婚至上主義・安定思考サラリーマン・リストラ怖い人向けの映画」ということでいいのかな?僕は結婚も安定も興味ないし、自分で人事を決められる立場なので、この映画とは何一つ噛み合わない。前述の面では主人公に近いかもしれないが、この主人公はマイレージにこだわったりハイテクを拒否したりと、実力不足な保守なので、やはり主人公にも共感できない。でも世間的にはいい映画なんだとおもう。


●●●ミッション・インポッシブル 1・2・3・4・5・6
1~5はすでに見ている。このとき体調が悪く頭痛なのに不眠で眠れなくて「気分転換に気軽に見れる映画」ということでこの映画を選んだ。

それでこの映画見てて感想というか心の中でずっと繰り返し思っていたのは「感謝」。こんなに体調の悪いときでも、頭使わず気軽に見れて、テンポ良くあっという間に見終わって、不眠の時間潰しになり、頭痛も少し治ってて、そういう意味で感謝。そして6本も見たのに何の余韻も残らない、ある意味「薄っぺらい映画」とも言えるのだが、それが体調悪い僕にとって期待通りの「軽さ」で、とてもありがたかった。だからこういう気軽な映画を、しかもキッチリ作ってくれる人に感謝。


●●リディキュラス6
下品な西部劇コメディ。やっぱりアダム・サンドラーはいまいち笑いが合わない。


●●ランボー2怒りの脱出
眠れない夜に、勉強のために。よくできている。






●TVドラマも質が良いものが多くなって、面白く見ているものが数本ある。これの感想を書くかどうか迷っている。短期で完結するものは書きやすいが、まだ続いてるものは書くタイミングが難しい。あ、また体裁にこだわってるかな、書きたいときに書けばいいか。


●インタビュー形式ドキュメントとかメイキング形式とかって、演出が固定しすぎてて、飽きた。それにテーマが歴史だろうと政治だろうと、内容やセリフも全部同じなんだよね。なんでこんなに固定されてるんだろう?


●ブルートゥースのイアホンを使ってるんだけど、静かな映画だと音が途切れるんだよね、これがストレス。高いワイヤレスだと途切れないのかな?基本音楽向けだから映画や落語のレビューが少なくて製品が選べない。


●今月は★★★や●●●が一つも無かった。これは良い映画がなかったんじゃなくて、僕の体調が悪いのが続いてたので、軽い映画を選んだから。





●今月の抱かれてもいい男
・ファブリス・ルキーニ
・ミシェル・ウィリアムズ
・マイケル・ペーニャ
・カート・ラッセル
・ティム・ブレイク・ネルソン


# by nopain-nogain | 2018-12-27 09:24 | 映像・音楽・本 | Comments(0)
今年のベストショット
今年撮った写真のうち、半数近くはまだ未整理。今年は引っ越しで被写体が急激に増えたのに、写真をじっくり見返す時間はまだ取れないから。


今年の一枚は、これかなぁ。河原のベンチから撮った写真。
d0002320_05123106.jpg
ここは何回か通っていて、来るたびに感情が集って、その感情に比例して写真がどんどん良くなっていった。やっぱり写真って感情が大切だなぁって知った写真。その時の記事



この写真は未整理で、たぶんこのブログにはアップしてないと思う。
d0002320_05253580.jpg
「写真撮ってください」って頼まれたんだけど、ほぼ真っ暗でスマホカメラじゃどうにもならなかったので、僕のカメラで撮ってスマホに転送してあげた写真。難しい状況しかも短時間撮影で、日頃の練習の成果が出せたという技術的な面と。あとこういう状況でのコミュ障がすっかり克服できたことも、努力の成果として。



努力賞。
d0002320_05503528.jpg
良いモノが撮れそうでかなり頑張ったのだが、時間や天候など制限があって撮りきれなかった。もう少し追い込めたらグッと良くなったとおもう。この旅行の記事



番外編で、気に入っている写真。これもブログ未掲載。
d0002320_05334307.jpg
僕が写ってるので、僕が撮った写真ではない。旅の同行者が僕のカメラで撮ってくれたのだが、操作がわからず、見事なピンぼけ写真に。フォトショでボカシを入れ過ぎたようなこの写真が、なぜか非常に気に入っている。






●メインカメラの60Dが12月に完全故障で、APSCレンズは全部売却する予定。これからは6Dをメインとし、不足レンズを買い足す。なので来年から写真の撮り方も変わると思う。

●フィルムは数枚撮ったが、今年は一枚も現像していない。新居でのカメラ屋が見つからないのと、常用してたネット現像所が震災で閉店したため。良い現像所が見つかったらまたフィルムやりたい。

●去年から引き続き、今年も写真SNSやコンテスト系はほとんど見なかった、見ても感動しない。まだ有名写真家写真集も一冊も見ていない。無名個人で文章が面白い人の写真は、ときどき見て楽しませてもらっている。

●独りでの勉強も頭打ちになってきたので、そろそろ複数人での撮影をやりたい。例えば前述のピンぼけ写真って、わざと撮ろうと思っても撮れないもんなぁ。





# by nopain-nogain | 2018-12-21 05:39 | カメラ・写真 | Comments(0)
体調が悪いので仕事納め
先日書いた「新機材導入・既存機材の故障続出・クレーマー処理」など心労が重なって、それぞれ解決して気が抜けたせいか、肉体的に体調を崩した。いつもなら3日くらいで回復するのだが、グズグズと治らずもうすぐ2週間になる。ここ数日は意識障害や不眠や「出かけなきゃ病」など精神系も不調が出てきた。ウツはまだ出ていない。

今年最後にもう一つ自発の仕事を仕上げる予定だったが、どうしても集中力が上がらず無理してやっても良いものができない=売上にならないだろう、と諦めがつき「ことしはもういいや」となった。お客さんからのオーダーもすべて納期は来年だし。今年はもう、これで仕事納めとする。ただ毎年、仕事納めして気持ちがリセットされると創作意欲が湧く、ってのも恒例なので、それでもうひと仕事に期待する。



d0002320_04394976.jpg
どんなに慎重にスケジューリングしてても、年末はイレギュラーイベントが多く、そのせいで体調を崩すことが多い。ここ数年は健康管理できていたのだが、今年は引っ越しで生活環境が大きく変わったしね。それと心身健康で平和ボケしてて健康管理意識が薄れてたこと、あと老化もある。そんなこともあって治りが遅い。これからの健康のためには運動するのが最適とわかっている。自転車や水泳を再開したい意欲が出てきた。



# by nopain-nogain | 2018-12-21 04:30 | 徒然(つれづれ) | Comments(0)
人が寄ってくる
書こうか書かないか迷ってたのだが、うなぎ屋の件で書くことに決めた。


さいきん仕事忙しいに加えて機材トラブルが頻発し、精神的に疲弊してるので、景気づけにうなぎを食べることにした。店内にイケスがあるような、中居さんが着物を着てるような、ほどほどに良いうなぎ屋さんである。注文してから捌くので30分くらいかかるという。

そうか、ここなら本物のうなぎ屋だけでしか食べられない「本物のうなぎのキモ焼き」があるかもしれないと思って。「あのーすみません、メニューにはないんですが、うなぎのキモってありますか?」と聞いてみたら。同年代くらいの中居の女の人が、えらく喜んで「うちのキモは・・・」と語りだしたのは良いのだが、そうとう嬉しかったのかボディタッチがすごくて。肩から腕・背中・下半身ギリギリまで、まんべんなくタッチ、というよりはナデナデされた。少し前の僕なら対人恐怖症発症しただろうけど、今の僕はいくらでもウェルカムである。

うなぎの肝焼きってもともと隠しメニューというかマカナイというか、わざわざこれを頼むっていうのは隠語の挨拶みたいな意味もあって。それキッカケで板前さんと話が弾んだり、キモにあう日本酒をだしてもらったりと、おじさんコミュの経験はあったのだが。女の人に抱きつかれるほどのことは、初めて。他に常連さんが数組いたのだが、僕のテーブルが一番サービスしてもらったとおもう。

d0002320_02272691.jpg
明らかに美味しい。うなぎは肉厚でふっくらで白くて薄味で、非常に満足。



あと、女医さんに気に入られて娘とお見合いしてくれと言われたり。浅草で着物の人に話しかけられたり。ベテラン揃いの忘年会に入れてもらったり。失語症のおじさんを感動させたり。あとあといろいろ。

数年前も妙に人が寄ってくる時期があったが、その頃は面倒な人が多く、こちらにメリットがなかった。よく「こっちくんな!」と書いていた時期だ。でも最近は、気分の良い人ばかりである。

ただ、もともと人間恐怖症の僕にとって「初対面で距離を詰める一般的なテンション」が解らないので、気に入られるにしてもちょっと一般的を超えてるんじゃないか?という迷いと、古い常連さんを飛び越してしまうことなど、すこし気を使う。




# by nopain-nogain | 2018-12-14 02:52 | 心理学 | Comments(0)