カテゴリ:執筆( 94 )
闘病日記と読み物との狭間
ここ半年くらいグルグル悩んでること。(内容ヒドイです)


d0002320_11452173.jpg

引っ越しや子供とかの健全な話題が連続するのって、読み物として面白くないとビクビクしてる。それを見た知人に「とうとう凡人に落ちたなぁ」と思われるのはちょっと嫌で、それ以上に自分自身が凡人になることが非常に怖く絶対に嫌なので、少しでも変人でいようともがいている。

たとえば大好きだったお笑い芸人が、結婚出産してから「子供あるあるネタ」しかやらなくなってキライになった。僕はそうなりたくないから、子供や家の話題を続けるのが怖い。

引っ越ししてから積極的&受動的に人間関係が増えてて、95%は順調にあるいはそれ以上にうまく行っている。それは「鬱病で対人恐怖症なのにもかかわらず対人が順調」っていうギャップが面白みであって、僕が病気なのを知らない人から見たらただの「友達たくさん自慢」に見えるかもしれない。自分でも「どこに行っても歓迎される」「優しそうって言われる」って書くのもしつこいと思ってる。

ただ、積極的に仲良くなった人たちはみんな立派な変人才人で、その面では自分がキープオン変人であることに自信がもてる。子共たちとの3日間が楽しかったのも外国人だからであって、もし日本人の子供だったら一緒に行動しなかった可能性が高い(ひどい)。

久しぶりに行った遊園地だって、一般健全な人たちをウォッチングして「列に並ばず早いものがち」「食事処でのマナーが悪い」という低俗状態を眼にして「ああならなくてよかった」という自己満足を得ている。本当の本心は、みんながマナー良くなればみんな幸せなのに・・・って思ってるが、でも現実を見ると「成長しないレベル低い人種」と思う。そのスノッブ感覚があるから自分はもっと頑張ろうのモチベになるのであっって、もう少し疲れていたらあんなマナー悪い人達と一緒の場所にいたくない(ひどい)。


つづく。
つづき。

そういったヒドイ考えはおおむね他人に期待しすぎる自分のせいだという自覚がある。田舎貧乏・家庭崩壊だった自分からすると、都会で金持ちはすごく上品なはずだ!結婚して子育てしてる人は自分に比べたら聖人なはずだ!という決めつけが強すぎる。その過剰な理想像のせいで現実にガッカリしている。

逆の現象もある。僕が時間が自由で好きなことを仕事にしてるから「いいなぁ金持ちの息子は」と言われる時がある。そんな人などどうでもいいのだが、ときどき攻撃をうけるのが面倒だ。そんなとき相手を傷つけず平和に解決するいい方法はないかな、と探してる。

あ、話がずれた。ただのグチになってしまった。

本題に戻ると、僕はもともと底辺の人間で、田舎貧乏借金地獄だったこと、やっとそこから抜け出したと思ったら過労で精神病になったこと、そこから地獄のリバビリを続けて今に至るること。その前提がないと子供やマイホームの記事の意味が違くなってしまう。そういう杞憂をしてる。

ああと日記の流れでどうしても他人の悪口書くときは、けっこう気を使って書いてる。どんなに悪い人でも攻撃するのではなく、読み物の登場人物として面白エピソードにできるように演出する、ま、それ結構好きな作業。でも嫌な人間関係はほんとうに少なくなって、やはり幸せ。(ん、またズレた)

まぁまぁこのブログも13年。そりゃコンセプトも混乱して当たり前だよな。当初はポエム書いてたもんな、死ぬほど恥ずかしいけど削除しなくてよかったよ。笑えるから。だから今も、悩んだら書いておくのが良いとおもう。グチも自慢も。10年後に見たら笑える。だから書きたいと思ったら直感で書いていこうと思う。しばらくは幸せボケな記事が続きそうだが、またそのうち大きく動くときが来ると思う。

そうだ一応書いておくけど、もしブログがなくても、リアルで誰にも知られないとしても、僕は知的好奇心と成長と冒険は続けます!絶対に辞めません!もしやめるときはそのときは自殺するときです(お~、ときときとき)


つづく。
つづき。


そうだ、趣旨は少し違うけどついでに。
「記事に関連した写真を付けなければならない」という強迫観念がある。そのせいで記事は書いたのに写真ないからアップしないとか、写真選びに2時間かけて結局アップしないとか、という無駄をときどきやってる。誤解さえなければ無難なイメージ写真付けておけばいいのに。あるいはフィラーとしてのアイコン写真をつくておくか。執筆でちょっと実績があったものだから、校正も厳しくなり、ボツが異常に多くなってしまった。書かなきゃ上達しないよ、それどころか落ちてるよ。とにかく書け。

※いま一つの記事書くのにだいたい2時間~5時間かかってる。もともと理系で作文苦手なので、特に校正に時間がかかる。



つづく。かな、おわりかも。




by nopain-nogain | 2018-06-24 23:17 | 執筆 | Comments(0)
自分のボーダーラインを超えるための絵
d0002320_21050187.jpg

左のような絵は人生で無数に描いた。しかし右の絵は人生で数枚も描いてないと想う。

右の絵は、無限のセンスがいる。想像すると目眩がする。本当のセンスって怖い。




by nopain-nogain | 2018-01-18 21:08 | 執筆 | Comments(0)
女性の年齢の段階的な呼び言葉
「悲しみのミルク」という映画を観ていて疑問におもったこと。10代後半から20代で結婚してない女性を指し示す言葉が解らなかった。男性なら「青年」で伝わるニュアンスの言葉。

調べてみると、おおむね
幼年期0~4歳
少年期5~14歳
青年期15~24歳
壮年期25~44歳
中年期45~64歳
高年期65歳~

改めてよく見ると、どの言葉も性別を表す言葉はないにもかかわらず、どれも男性をイメージしてしまう。特に「少年・青年・中年」は一般的にも男を指して使うことが多い。女性でパッと思いつくのは「処女・熟女・人妻」って、そりゃAVのタイトルだな。あ「幼女・少女」はあるのに「幼男・少男」は無いな。

調べれば有るかもしれないけど、調べないとわからないような馴染みのない言葉は、あんまり使いたくないんだよね。まあ今回は「青年女性」で意味的な伝わりはするとおもう。青年女性。


d0002320_22395875.jpg

●●悲しみのミルク
ペルー映画。「母の悲しみは母乳を通じて娘に引き継がれる」という古い言い伝えを信じすぎて自閉してる青年女性のはなし。テーマ的に女性なら共感できるのかな?僕は、人を不幸にする迷信がキライなので、感情移入できなかった。すごく丁寧に作った映画で絵もキレイなのに、共感出来なくて残念。「青いパパイヤの香り」のときも全く同じ感想を持った。女性と一緒に見るのがいいかな。


by nopain-nogain | 2017-11-30 22:42 | 執筆 | Comments(0)
ヘタとウマ
どんな趣味も仕事も、上手になっていくほどシンプルになっていき、他人との差もなくなっていく。じゃあ僕の未経験の世界に行ったとしても、もうコツを知ってるのでやはり初心者のようはなれない。だから逆に、初心者や下手な人の奔放さがうらやましいと感じる。僕にはもうその絵は描けない・・・

d0002320_08103356.jpg

d0002320_08103684.jpg

と思っていたら、意外なときに無意識に描けた。しばらく嬉しかったし、いまも嬉しい。でも狙ったら描けない。どうしてこの時は描けたんだろ?








by nopain-nogain | 2017-11-07 08:14 | 執筆 | Comments(0)
ねむれないときにスマホで瞑想的にできる遊びになるかも。お絵かきアプリ
ねむれないときにiphone触ってはダメだとわかっているが、かといって布団に潜ってじっとしてると妄想がこじしれていく。だつたらiphoneのほうが区切りもあるしマシかなとおもう。

こないだ何となくミニアプリで絵を描いたのが楽しかった。アタマ使わないし適度に疲れるし達成感もある。特に一筆書きの「増殖」は羊を数えるのに似ている。

d0002320_03584238.png
5分。


お絵描きアプリとしてシンプルで最低限の機能。だから良いのだが、少し変な癖がある。例えば太線にすると縁がボケるとか。それを利用して被写界深度を表現することもできるが、それ考え出すとフォトショップよりむずかしくなる。

d0002320_05132905.png
20分。



あと点が描けないのがもどかしい。点書くにはいったん長い線書いて両端を消す、みたいなことやってる。パズルみたいで面白いのだが、やはりそれ考え出すと「寝れない暇つぶし」が本末転倒になる。
d0002320_08554072.png
10分。

寝入りは一瞬でそのまま寝れるときもあるけど、寝て1分以内に起きちゃってそのまま寝れないことが多い。やや睡眠障害だが、いつでも寝れるのであまり問題ない。



by nopain-nogain | 2017-09-23 03:44 | 執筆 | Comments(0)
増殖01
ねれん。

d0002320_04442323.jpg


ねれん。

d0002320_04542966.jpg

d0002320_05093582.jpg

d0002320_05293308.jpg

d0002320_05481965.png

by nopain-nogain | 2017-09-16 04:43 | 執筆 | Comments(0)
文書実験
気をつけてほしいのは崖側を歩くことです。

崖側を歩くようにしてください。
崖側は歩かないようにしてください。
崖側を歩くときは気をつけてください。





渋谷と町田と中野と川崎に行った。
渋谷君と町田さんと僕の3人で、中野と川崎に行った。




中学を卒業したばかりの母が大好きなお兄さん。
中学を卒業したばかりのお兄さんは、母が大好きだ。
母が大好きなお兄さんは、中学を卒業したばかりだ。
母は、中学を卒業したばかりのお兄さんが大好きだ。

京都に住んでいる母が大好きなお兄さん。
京都に住んでいるお兄さんは、母が大好きだ。
兄さんは、京都に住んでいる母が大好きだ。

中学を卒業したばかりのメロンが大好きなお兄さん。
中学を卒業したばかりのお兄さんは、メロンが大好きだ。
お兄さんは、中学を卒業したばかりのメロンが大好きだ。




レンタル自転車を1時間借りました(300円)
レンタル自転車を300円で借りました(1時間)
レンタル自転車を1時間300円で借りました
1時間300円のレンタル自転車を2時間借りました。




入場は諦めました(混雑)
混雑してたので諦めました(入場)
混雑してたので入場は諦めました。




九份に行ってきました その1
タワー101に行ってきました その2
士林夜市に行ってきました その3


台湾 その1 九份に行ってきました
台湾 その2 タワー101に行ってきました
台湾 その3 士林夜市に行ってきました

台湾 その1 九份
台湾 その2 タワー101
台湾 その3 士林夜市

台湾 その1 九份は大混雑
台湾 その2 タワー101からの眺めに感動
台湾 その3 士林夜市で食べ歩き





by nopain-nogain | 2017-07-07 07:07 | 執筆 | Comments(0)
貧乏なM君
けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君と飲みに出た。けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君と会うのは2ヶ月ぶりと短めで、何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕の方はあまり変化(ネタ)は無いのだが、けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君はまだ若手というのもあって、物理も精神も波があるようだ。

おもしろいのはけっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君の最近の悩みが、何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕の悩みに似てきたことだ。それはクリエイターとして誰もが通る道でも有るが、もしかして何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕に影響されてるのかな?という責任感も感じる。

そんなけっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君と何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕の共通の悩みは、飲みに出ても楽しい会話ができる人が少ないこと、新しい知識を手に入れたいけどなかなか見つけられないこと。つまり自分で引きこもってできる勉強はあらかたやり尽くして、外に出ようとしたら、それ以上のネタが見つからなくて驚いてるって言う感じ。けっこう有名でお金も精神も余裕のある人が借りるにもかかわらずなぜかほんの僅かな欠点を指摘して契約を解除されてしまうマンションに住むM君が言葉を飾らず正直に言ったセリフは「世の中の人たちってこんなにつまらなかったでしたっけ?」うん、何度も引っ越してきたけど今のマンションと街がけっこう気に入ってて人生で一番長くこのマンションに住んでいる僕もそう思う。

いっぽう、突然ネコを飼いだした友達がいる。そこに至る心理はほぼ同じだろう。こういうのって、やるときは悩まず一気にそうなるんだろうなぁ。おおきい一歩を踏み出して、羨ましい。ネコいいなぁ~




つづく











by nopain-nogain | 2017-06-28 14:21 | 執筆 | Comments(0)
話術の実力不足と努力の成果
あまり飲みなれてない街で、料理の美味しそうな居酒屋を探し、おもった以上に美味しくて雰囲気の良いお店を探し当てた。

d0002320_8411944.jpg

ただ唯一残念なのは、たまたま流れてるTV番組がお店の雰囲気を台無しにしていたこと。ま、それはたまたまだからいいとして。

しかし一緒に飲んでる友達が、そのTV番組の虚実演出にイライラしだした。僕も入店時からTVは消して欲しいと思っていた、だからその気持はわかる。でも友達のイライラは少しずつコジれていった。

僕は「もっと僕の話術のテクニックが高ければ、TVなんて忘れるくらい盛り上げることができたのに」「だから友達がイライラしてるのは僕が悪い」という思考に陥った。前回の記事で「執筆が順調」と書いた直後というのもあって、一転、実力不足に悔しい思いをした。といっても強迫観念は薄いポジティブ思考で、しかもまだ挽回できる時間はある。

ここで、自分の過去の頑張りを褒めたい。

こういうときのために書き溜めているネタ帳があるのだ。さりげなくカンニングし、話の流れを変え、TVから意識を反らせ、また楽しい雰囲気に戻すことに成功した。そのあと同TV番組内で世間を騒がせる何かがあったようだが、僕たちはそれを知らない。







by nopain-nogain | 2017-06-19 08:57 | 執筆 | Comments(0)
写真と文章の短期投稿
写真も文章も、しばらく投稿を辞めてたが、なんとなくポツポツと再開。

コメントくれる人はやはり同じタイプの人で、少数だが共感してくれる人がいて嬉しい。ただ以前と違うのは素早いレスポンスがある。訴求力がアップしたのか、ずっとチェックされてたのか。

d0002320_1456734.jpg

特に文章の方。出せば当たるようになったのは嬉しい。









by nopain-nogain | 2017-06-17 14:59 | 執筆 | Comments(0)