カテゴリ:カメラ・写真( 211 )
カメラ機材=アンブレラ導入
※もともとカメラマニアな記事は書きたくなくて、「カメラ趣味じゃない人が読んでも楽しめるように」「もっとキレイな写真撮ってから」などと考えていたら、いつまでたっても書けない病気なので、思い切ってざっと書いた。




仕事用機材は、引っ越しのとき80%くらい売却&廃棄した。それからは最低限機材でとりあえずの撮影をしてて、その過程で改めて必要な物が分かってきたので、順次買い揃えた。

特に変化があったのは、天井バウンスから傘バウンスにしたこと。以前の家は壁が白くインテリアが少なかったので天バンで設定煮詰めていた。いまの部屋も真っ白なのだけど、天バン壁バンの設定を最初からやり直すのが効率悪く感じたので、傘バンにした。なので新しい機材の殆どはアンブレラ周り。



d0002320_08510779.jpg
シルバーアンブレラは光が硬すぎるので、少々割高だけどホワイトアンブレラにした。100円ショップの傘も試したのだがホワイトバランスが不安定で、その貧乏努力とお金のバランスを考えると、専門品を買ったほうが良い。


d0002320_08545018.jpg
アンブレラホルダー。「ガムテでいいじゃん」とやってたが、やはり貧乏努力より専門品買ったほうが良し。なおアマゾンで買ったものが2週間経っても届かず、いつになるやら仕事ができないのでキャンセル処理して、別のお店で2つ目買ったら、翌日2個同時に届いた。まぁ安いし、数個あると便利だからこのまま使う。


d0002320_09153576.jpg
LEDライト。スピードライト撮影では部屋を真っ暗にするため、以前は天井の蛍光灯をつけたり消したりの貧乏努力をしていた。それを手元で行えるようにするために。


d0002320_09154989.jpg
そのLEDライトをスタンドに固定するためのクランプ。


d0002320_09160638.jpgクランプを使ってLEDとスピードライトの中心軸を合わせることで、光の当たり方をシミュレーション出来るようになった。つまりモデリングライト方式。もっと早く買うべきだった。


d0002320_09161815.jpg
ほしかった照度計、安くなったので買った。これも以前は「撮ってPCで確認して設定変えてまた撮って・・・」の貧乏努力だが、これから数字で管理できる。


d0002320_09235197.jpg
縦撮影用L字ブラケット。縦撮影は頑丈な三脚でも強度が不安定だし、パンすると中心軸がずれる、アングル棒が干渉するなどの問題があったが、全部解決した。もっと早く買っておくべきだった。そういえば縦グリップ持ってたのにどうして売却しただろう?と思って過去を見返したら、縦グリップは三脚穴がなかった。


d0002320_09261052.jpgアルカスイス・クイックシュー。プロのカメラマンが口を揃えて「シューはアルカスイス」と言っていて「僕はそこまでは・・・」と思っていたが、結局やっぱりアルカスイスになった。まぁ正規品は4万円で到底無理だったが、互換品が40分の1の値段で買えるようになったので、助かった。メイドインチャイナがなかったら僕はとっくに自殺していたかもしれない。



●精神病のコーナー

d0002320_09322898.jpg
スポットライト効果を出す「スヌート」は自作。買い物ばっかりしてると「ただの機材オタクなんじゃないか?」「買い物依存症?」と自分を責める病気なので、貧乏努力もしてみる。でもこれ買っても1000円だし、後に「もっと早く買っておくべきだった」って言うだろうね。


d0002320_09342697.jpg
サブのモデリングライトは100円ショップ懐中電灯をテープ止め。買い物ばっかりしてると「ただの機材オタクなんじゃないか?」と自分を責める病気(以下省略)


d0002320_09354190.jpg
酷使したストロボは電池のフタがパカパカなので、毎回テープ止め。「ただの機材オタクなんじゃないか?」と自分を責める病気(以下省略)


d0002320_09353133.jpg
酷使してゴムが切れてしまったので、テープ止め。「機材オタク?」と自分を責める病気(以下省略)




●その他の機材
背景紙を固定するのに便利かと思って、洗濯物用の突っ張り棒を買ってみたんだけど、天井の高さって±1cmくらい誤差があって、ちょっと移動するたびに突っ張り長さを調整するのが面倒。で結局ライトスタンドの便利さを痛感して、あとで2脚買い足す。


●機材を買うことについて
自作や100円ショップで揃う物も多いのだが、最大の欠点はホワイトバランスが不安定なこと。それに角度調整が面倒。その試行錯誤や時間や精神ストレスを考えると、やはり専用機材買ったほうが良い。というわけで今回買ったものでムダなものはなく、どれも「もっと早く買うべきだった」。そうは言っても長年試行錯誤しなきゃわからないからなぁ。信頼できるカメラ先輩に教わるのが手っ取り早いのだが、初心者の頃は「カメラマニアの機材自慢」との見分けがつかないからなぁ。結局人間性なんだよな。


●「安物買いは遠回り」
カメラ先輩のアドバイスで、いつも「僕はそこまでは・・・」っておもっていたが、結局は自主的に
「フィルムやれ」→35mm、中盤、大判までやった。自家現像もやった。
「三脚は高いの買え」→マンフロット(イタリア製)の三脚&ギア雲台
「ストロボやれ」→2灯使って壁バン・傘バン。(次はモノブロック)
「シューはアルカスイス」→いまここ

あと良く言われるのが「やっぱりライカ」なのだが。ライカはショールームで触らせてもらったが、たしかに物は良いのだが、これは技術向上というより趣味寄りかな。使ってみたいけど、一番やすいので50万円とかだもんな。でも無理してローンで買った人も全員「買ってよかった人生」って言ってるし、やっぱり良いんだろうなと。

僕がこの中でひとつオススメするのは、三脚。最初は1000円の三脚で良い。それで不便に感じたら、次は三脚2万円以上、雲台1万円以上の物がオススメ。急激に上達する時期なので、1万円前後の三脚はすぐ不満になる。僕もそうだった、お金と時間をムダにした。


●中国ふくめアジア企業
安いなりに粗悪だった中国製品が、ここ数年、価格は安いままで国産と同レベルの性能になっている。今回たくさんの機材を買って、10年前なら20~30万円たが、今回焼肉2回分の出費。そのうえアフターサービスも日本よりも質が良い。僕が死なずに生きていられるのは、だいぶ助かっている。


●仕事用で欲しいもの
・モノブロック。スピードライトがもうすぐ寿命なので、その頃に買おうか。
・CPLフィルターが剥離してしまった。2000円~2万円まであるが、これは高いのがほしいなぁ。
・スピードライトをワイヤレス設定できる送信機。高くないので買ってもいいが、買わなくてもいい?
・フルサイズ用マクロレンズ。85mmか100mm。プロなら必携だろうな、わかるよ、今なら。

・マンフロット三脚は中央ロッドのため最低高50cmより下がらない。ギア雲台12cm+アルカスイス15mm+L字10mm。アオリで撮りたいから被写体テーブルは70cm以上必要。折りたたみテーブル買う?いらない?

・メインのカメラのショット数が、寿命の2倍の20万ショット。ときどきおかしな動きをするが、まだ動いてることのほうがすごい。修理するより新型の中古買ったほうがいい。まぁ致命的になったら買い換える。



●趣味で欲しいもの
・散歩してたら70-200のオートフォーカスが壊れた。3世代前(20年前?)の中古なので修理サポートも終わってる。新たに中古買うと20万円くらいかぁ。それはさすがに贅沢なお金だな。しばらくマニュアルでいいかぁ~。

・ゼンザブロニカ&大判で撮りたいのに撮ってない。近くに現像屋さんがなくて。お気に入りだったネット現像屋さんも地震被害で休止中。フィルムはどんどんコストが上がっていく。撮りたいのに。




●病気
何度も書くが「単なるマニアの物欲?」と自分を責めてしまうが、既存の機器も十分使っているし、新しい機材も必要最低限だし、ここに書いてない努力もしてるし、仕事の成果も上がってるし、責めるどころか頑張ってると思うよ。買うか買わないか悩んでる時間があったら、カメラ持って散歩したほうがいいよ。




by nopain-nogain | 2018-10-04 09:16 | カメラ・写真 | Comments(0)
お気に入りの江戸川の土手の階段の手すりの感情の乗った写真
さいきんこの場所でボーッとするのがお気に入り。

d0002320_10505765.jpg
これ意味ない被写体なのだけれど、この場所が気に入った今、気持ちが乗った状態で写真撮ると少し良い写真になる。やっぱり写真撮るときに感情って大切。



d0002320_10515327.jpg
これはココにはじめてきたときの写真。左の手すりがそれ。とても良いロケーションだなと感じているが、あくまで観光気分でアウェイの感じ。写真も証拠写真だしね。写真撮るよりも休憩がしたかった。リピートはまったく考えてなかった。



d0002320_10565736.jpg
ところが、ココには立て続けに通うことなる。似たような、あるいはもっと近くてもっと良いロケもあるのだが、なぜかココがとても落ち着く。この写真から「それぞれ、自由に」っていう雰囲気、伝わるかなぁ?


d0002320_11065811.jpg
これも良い写真なのだけど、縮小されると伝わらないね。

d0002320_11175245.jpg
近くに室内休憩所もある。歴史的な建物でボーッとできるなんて贅沢。


d0002320_11174991.jpg
サイクリングロードがたくさんあるのも嬉しい。


d0002320_11065401.jpg
ここにいるとき「ああ僕の人生幸せ」と思うことが多い。そして団子食べて天ぷら食べて家帰ってシャワー浴びて仕事する。




by nopain-nogain | 2018-07-13 10:59 | カメラ・写真 | Comments(0)
レタッチ前提でRAWで撮ることの意味を知る。
ときどき練習してるけどRAW現像があまり上手じゃなくて、RAWの利用価値を感じたことがなかった。でも今回、一連の成功を知った。


d0002320_05165723.jpg
動物園にて。普通に撮ると、頑張ってもこんな感じ。

汚れ傷だらけ指紋だらけの分厚いガラス越しに撮る。さらに他の見学者の映り込みもある。とても悪条件。こういう場合は現場の調整で最善の一枚を撮るんじゃなくて、あとでレタッチすることを前提にした設定でRAWで撮る。それを思い出して、試しにRAWで撮った。



d0002320_05190948.jpg
RAWから現像した。おおこんなにいい感じにできるのか。



d0002320_12381877.jpg
普通に撮影。人の映り込みがある。これもRAW現像ならある程度消すことができる。(フォトショ使えばきれいに消せるが、それは写真じゃなくてCGになっちゃう)


d0002320_12333786.jpg
RAW現像した写真の拡大。慣れないでコレだから、もっと練習したらもっと良くなるな。



d0002320_12351874.jpg
普通に撮影。


d0002320_12345435.jpg
RAW現像。今回は子供の記念写真だから、すこし強めに補正している。

やぱり具体的な目的がなく机上練習だけだと身につかないものだね。今回みたいに被写体・撮る人・見る人がちゃんと揃ってると、よい結果が出せる。あと子供のポートレートも(初めてにしては)良く撮れた、ここに載せられないのは惜しいが。

あ、でも机上練習があったからこそ、RAWやポートレートができたのか。練習も実践もどっちも必要だね。いい勉強になった。写真も喜んでもらえたし。良かった。




おまけ。

RAWとは関係ないが、これ好きな写真。
d0002320_13075370.jpg
忘れたのかゴミ置き去りなのか。それにしても未開封の袋そのままとは。




by nopain-nogain | 2018-06-25 13:13 | カメラ・写真 | Comments(0)
CGみたいな空


台風後でもないのに、朝起きたらこの空。
d0002320_10234407.jpg
じっさいはもっとコピペ感がすごかった。



「CGみたい」といえばこの写真。
d0002320_10251053.jpg
2017年バンコク。



by nopain-nogain | 2018-05-21 10:28 | カメラ・写真 | Comments(0)
蜃気楼
蜃気楼の原理は一応理解してる。しかし「じゃあ写真で撮れるか?」の論理的には解らない。


d0002320_03412515.jpg
撮れた。


正しくは「逃げ水現象」かな?こういうのとかオーロラ現象は、人間の生理的な不思議であって、カメラや光学機器では当たり前の現象なのだろうな、って想う。ままそう解っていても、実際に撮ってみないと解らないよね。



d0002320_03540945.jpg

ああと、この木がどうしても人間に見えてしまう。それは幻覚。



by nopain-nogain | 2018-04-19 03:45 | カメラ・写真 | Comments(0)
あまり写真
貼り忘れた写真など。

d0002320_14463868.jpg

d0002320_14463542.jpg




by nopain-nogain | 2018-02-10 14:47 | カメラ・写真 | Comments(0)
カメラまとめ 2017年
●ベストショット
今年のベストショットを選ぼうとしてブログ過去写真から抽出していたら、選んだ写真がほとんどが2017年じゃなく昔の写真だった。今年は旅行回顧録とか多かったからなぁ。

例えばコレとか。
d0002320_04452723.jpg
台湾旅行回顧録(2015年)から

●今年の写真が無かった理由は、カメラ熱が一段落したから。
2016年に大判カメラを手に入れたとき、「ここがカメラ趣味のピークだな」と感じた。その後やはり熱は下がっていき、2017年8月RAW現像の概要が身についたときに心の火がフッと消えた。また今年後半は私事が忙しくてカメラ持たない日も多かったので、写真の枚数が少ない。

マスターの方をザッと見返して、これが今年のベストかなぁ。
d0002320_05100587.jpg
手に入れたばかりのフルサイズ6Dの練習で撮った写真。なにもない木陰で「光がキレイ、いい写真撮れる!」と感じ、思った通りに撮れたのが良かった。人物が入ってきたのは予定外だが、その調整も瞬時にできて、今までの努力の成果を感じた。

他にも候補写真はあったけど、思い出補正が強く、純粋に写真として選ぶには違うと思ったので除外した。たとえば、
d0002320_05362503.jpg
たとえばコレも好きなのだが、被写体と旅情が良いのであって、写真として技術の突出はしていない。

●写真投稿やコンテストやSNSについて
国内国外ともに、投稿してないし観てもいない。正直に言うが投稿サイトやSNSで長居する人ってセンスない。センスある人は個人ブログや個展でどんどん外に上に出ていく。

●お金のはなし
カメラ機材の出入りも落ち着いたので、一眼レフを買ってから約5年間で使ったお金を計算してみた。出費したお金は約100。(ほとんど型落ち中古なので定価で換算すると250以上)。そして売却利益が60なので、実際の出費は40くらい。おお!5年間熱を上げた趣味としては、かなり上手にやりくりした。半分くらいは買値よりも売値が高かったからね。

●現在のカメラ
いまメインにしてるのは仕事用に60D+17-70、お出かけに6D+70-200とミラレス11-22とiPhone6sカメラ。ときどきゼンザブロニカ。チャンスさえあれば大判も持ち出したい。

●まとめ
一年間をまとめるとなるとかなり時間がかかるだろうと気合を入れて始めたが、思いのほか内容が無く短時間(約2時間)で終わった。今年は焦燥感や物欲が無くなり、ノンビリ撮影を楽しめるようになりました。それが今年のカメラ事情です。




by nopain-nogain | 2017-12-28 05:27 | カメラ・写真 | Comments(0)
すきやき
おしゃれミラーレス買っておしゃれカフェ行っておしゃれ写真を撮ろうと必死になってる人は「がんばれ」って想う。

d0002320_06151096.jpg

大した努力もしないで「褒めて褒めて」って言う人はキライです。こっちくんな!


by nopain-nogain | 2017-10-19 06:21 | カメラ・写真 | Comments(0)
フルサイズカメラと雨男
せっかく6Dを手に入れたのに、10日先まで雨予報。2年前に5Dを買ったときも雨続きで撮影ができず「悪いイメージが付いてしまった」という記事を書いた。


d0002320_04165709.jpg「フルサイズってすごい!」って思わされた最初の写真。5D+35mm1.4。


あ!そういえば60Dの初外出は、大雪だった!

d0002320_05344372.jpg雪はフォトジェニックなので良かったとも言えるが。




それにしてもなぜ、高いカメラ買うと毎回荒天になる。雨男というせいで十万単位で損してる。



by nopain-nogain | 2017-10-15 05:26 | カメラ・写真 | Comments(0)
フルサイズカメラ導入
友達がカメラ買い替えるということで、なんと相場の半額以下で売ってもらいました。

d0002320_01074433.jpg
60Dから6Dへ。

いま気がついた。カメラ機材を買うのはRX100から約2年ぶりなのか~。ちょっと驚きだな。そんなに長いあいだ物欲がなかった、つまり夢中になる趣味がなかったってことだ。これだとお金稼ぐとか人生にハリがでないよな。

さてフルサイズですが、どうやって使うかこれから試行錯誤になります。手持ちの60Dがすでに15万ショットで寿命を通り越してときどき不安定なので買い換えを考えてたが、ちょうどいいので6Dに乗り換えることになるのかな。

あそうだ、安く売ってくれたのは信頼関係があってこそ。自分の頑張りと、良い人に感謝。


by nopain-nogain | 2017-10-11 23:59 | カメラ・写真 | Comments(0)