<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「害がない人」っていう他己紹介
近年、出会う人が良質な人ばかりなのはどうしてだろう?という疑問があった。おおざっぱに、下記の3つのどれかかなと思っていた。

・自分が成長した(人間不信が治った)
・周りの人が成熟し、変人の僕を受け入れてくれてる(年齢層の変化)
・世の中全体が良くなっている(社会的時代的なもの)


人と関わるのが楽しいので積極的に団体行動に参加していたのだが、さいきんいくつかの団体で「良くない人間」「レベル低い集団」も変わらず居ることが解った。たいした努力もせず、他人の幸せをひがんだり、自分のミスを誤魔化すような、人間性の低い人達。どうしてそんなに馬鹿でいられるんだろう・・・というわけで世の中は変わっていないということを知った。自分自身の変化の結果、良き人たちのテリトリーに囲まれ、レベル低い人たちが視界から外れたのだった。



d0002320_09512070.jpg



良い人自慢。


先日、あるお店の○十周年記念祝賀会に招待された。引っ越してきたばかりでまだ1年も通ってないのに、とても嬉しかった。だが一方で招待されてない先輩常連さんもいるので、この話題は口にしないようにしていた。しかし周りの人が言ってしまうので、少しヒヤヒヤした。

祝賀会の当日、会場では端っこの暗い席に割り当てられて、自分には居心地良いピッタリな場所にしてくれたなと納得して着席。同じテーブルの人に初対面の挨拶すると、やはり同じように静かなタイプの人でまた安心。無駄な社交辞令とか無く、言葉は少ないが、ひとつひとつに意味がある会話。居心地の良さを確かめる。

少し宴が進んだ頃「サインしてください」という人が数人きた。どうやら有名な女性らしい。本来は頂点に座るべき華やかな人が、この端っこの暗い席に居るのは、本人の希望なのだとおもう。「どういう有名人か」ということは、僕も彼女も話題にしない。

時系列は1年前にさかのぼって。
このお店に入った最初の日に「やさしさオーラがにじみ出てる」と言われ、いろいろサービスしてもらった。この記事。他の常連さんに紹介するときも「この人いい人」と連呼。やがて数カ月たった頃の僕の紹介文は「この人、まったく害がない人」になっていた。そんな他己紹介は初めてだ。「害がない人」って。

時系列は祝賀会に戻って。
僕とこの女性が同じテーブルに配置されたのは、ぼくが「害がないから」選ばれたんだろうな、と解った。そもそも招待されたのも、害がないから利用しやすいということだと思う。そのおかげで、著名な人と同席・会話することができた。そして逆隣の席には、TV局のディレクターの人。この人と盛り上がったのは、先日の記事に書いたとおり。向かいの席は今日の司会の人。このテーブル、4人とも演出側の人だ。すごい。


というわけで、僕はこの「害がない人」っていう紹介文がとても気に入っている。


数年前「この人はスゴイ人!」っていう他己紹介をされて、とても嫌な思いをした時期があった。そのことは何度も何度もブログに書くほど辛かった。現在は「この人いい人」っていう他己紹介が多くて、おおむねスムーズに入っていける。でもこれ古い常連さんに対して言われると反感を買ってしまう場合があるので、すこし落とすように気を使っていた(実際にはそういうトラブルはまだ一度もない、いい人ばかり)。そこにきて「害がない」ってのは反感を持たれにくい。そして警戒されない存在だと、いろいろな話しをてくれるので、先輩たちの面白い情報が聞けるのも楽しい。




それにしても「害がない」っていう他己紹介はとても絶妙だな~。もう自分から言っちゃおうかな「僕、まったく害がない人間なんです」って。自分で言ったら変かな?






by nopain-nogain | 2019-05-19 09:23 | 心理学 | Comments(0)
朝の公園
d0002320_07121384.jpeg

by nopain-nogain | 2019-05-16 07:10 | Comments(0)
西向きの家を非常に気に入っている。
●引っ越して1年経ったらマンション購入のイロイロをまとめようと思っていた。のだが、例によってまとめようと思うといつまでたっても書けない病になっている。このまま時間がたつと感動や書きたいことを忘れてしまいそう。なのでちょっとずつ小出しで書こうと思う。今回は「家は南向き」のこと。


●部屋選びでは昔から「南向きが良い」とされている。また西向きの西日は嫌われているようだ。たくさんのメリットデメリットを経験した先人たちの総意なのだろうから、素直に信じていた。




●ちなみに前住居は南向きの7階で眺めも良かった。

d0002320_01273050.jpg
前居・北西方面。夕焼け。


d0002320_01491084.jpg
前居・南方面。朝焼け。





●今回の物件探しした地域は、良くないとされる西向きが多かった。それは予算が少ないから南向きが候補に上がらないのだと思ってた。だがしかし高級マンションでも西向きが多くて、なぜかと考えていた。この辺は南北に流れる一級河川が多く、それに沿った道路や区画にすると、どうしても西向きになるんだと思う。7割8割の物件が西向きか東向きだ。そんなわけで地理的な理由で南向き西向きという条件は考慮しないことにした。


●結果、西向きのマンションになった。1年住んで実感したのは、南向きよりも西向きのほうが断然良い!ということ。

d0002320_01511802.jpg
東。窓をオレンジに染める朝日。



d0002320_01432991.jpg
西。なぜか、神奈川よりも東京のほうが空がきれい。なぜ?


d0002320_01442178.jpg
同じく西。きれいな夕日を毎日見られる。いい感じ。


●家の間取りと窓の位置がちょうど良かったというのもある。西ベランダの南側が開いていることや、リビングの出窓がやはり南側に開いてるので、午前中の太陽光も入ってくる。東には窓2つとベランダがあるので、実質的に東南西の三方から光が入ってくる。マンションの6階でそれほど高くないが、視界に大きい建物がないことも良かった。

※間取り図を載せても良かったんだけど、それだと生々しすぎるというか、この場合載せないほうがいいだろうね。



●北向きってなにかメリットあるだろうか?何も思い浮かばないなぁ。強いて言えば、ここからだと北関東の山脈が見える、くらいかなぁ。最近はエアコンも常備だし、デメリットも少なそうだけど。



●逆に、直上の写真に写ってるような、高級でも規模が大きすぎるマンションは、太陽に乏しい。ウチの三分の1くらいかな。ご近所の新築一軒家は、太陽ほぼゼロ。僕ならたぶんウツで死んじゃう、2年もたない。



●これほど太陽の話で盛り上がってるのは、僕がヒキコモリでずっと家にいることや、不眠症で今何時か分からないような不規則な生活だから。セロトニン不足のウツ人間は、太陽の光で健康が左右されるのを痛いほど知っている。



●ですから、健康的で一般的な会社勤めの人だとほとんど家に居なんだし、僕ほど喜ばないかもしれないなぁ、どうだろう。



●ここから昔話になります。そういえば前の前の家は一日中ほとんど日照が無く、しかもずっと雨戸締めてヒキコモってたので、鬱を激化させる大きい原因でもありましたね。

d0002320_04385794.jpg
雨戸閉めきりなので結局カーテン買わなかった。


●ココに引っ越して2年たった頃、大家さんに「いつ引っ越してくるんですか?」と聞かれた。それほど命薄かった。30歳代。死。ちなみに大家さんの家は目の前である。あああ思い出すと長文になるので割愛。



●そんなわけで心機一転、南向きの前居に引っ越した。のですが、せっかく日当たりが良くなったのに、すぐに窓に目張りしました。色を使う仕事なので、自然光で色味が変化すると仕事にならないのです。で、今の仕事部屋も引っ越してすぐに黒で目張りしました(笑)。まま、目張りしたのは半分で、あと半分は遮光ロールスクリーンで開閉できるようにしました。徹夜開けで朝日を見ると気持ち良いし、昼間は真っ暗にもできます。それにしても仕事部屋が居心地良すぎて困る。




●改めて前居の写真を見ると、空気の透明感が悪い。もしかしたら写真技術が原因かもしれないけど、肉眼で見ても今の空のほうがスカッとキレイなんだよなぁ。それとも精神的なものかなぁ。ちなみにココでは毎日キレイな朝焼け夕焼けが見れられるが、前居では週に1回くらいだったな。神奈川から東京、そんなに離れてないのに。




d0002320_03184530.jpg
東の部屋から花火が見れる。



d0002320_02535188.jpg
西の部屋からも花火が見れる。宅配ピザとビールで花火見物した。



d0002320_02561258.jpg
スカイツリーも見れる。でもこの写真は近所で撮ったもの。家からはまだ撮ってない、せっかくなのでちゃんと撮りたいと思うけど望遠レンズが未だに引越荷物に埋もれてて。





d0002320_01555599.jpg
部屋の奥の方まで入ってくる西日、時間とともに変化していく様子が、光のアートみたいで非常に気に入っている。





東から登る朝日、西に沈む夕日。これを見ているとき、幸せを感じる。






by nopain-nogain | 2019-05-07 02:11 | 引越し | Comments(0)