フィボナッチ数列を初めて自然発現させた
箱を潰そうと思ってベリッと開いたら、そこにフィボナッチ数列が現れて、感動した。


d0002320_14524953.jpg
1.1.2.3.5.8.13

d0002320_15012772.jpg
1.1.2.3.5.8.13

d0002320_14525255.jpg
意識してやろうとするとできないものだがが、意外と出来た。



そういえば僕は小学生の時からずっと「数学者になりたい」と思っていた。方程式を解くのが好きで、解の公式とか自力で発見した方程式もいくつかある。算数はいつも100点で「300点満点くらいにしてくれないと実力がわからない」と不満だった。

ただ、小学生の頃から「数学者は一生遊んで暮らせるくらいのお金の余裕が無いと出来ない」と解っていた。芸術家+パトロンだったら何かしら作品売り上げが出せるけど、数学は一生かかっても成果ゼロの確率が高い。あと嫌われるので孤独。あ、孤独は好き。

20歳前後でプログラマのとき、少し数学者っぽい脳活動ができた。ただ好きすぎてやり過ぎて体調壊した。ビリヤドのとき三角関数がすごい役立った。数学はいまでも好きだしやりたい。けど数学と同じくらい、執筆や仕事で脳を使ってる。脳を使う人生で良かった。



# by nopain-nogain | 2018-02-16 14:53 | 趣味・あそび | Comments(8)
自然ドキュメント映像作品観たら不自然な偏りがあって不思議
海とか山とか動植物の美しい自然を写した映像作品が観たくて、そういうドキュメンタリーを選んで観た。そしたら海はイケメン&池女のサーフィン、山はイケメン&池女のおしゃれトレッキングだった。タイトルと内容をもう一度確認したがサーフィンでもトレッキングでもない、ちゃんと自然ドキュメント系。何だこれ?と思って違うのを観たら、またイケメンサーフィンで。違うの観たらまたおしゃれトレッキングで。結果4本みたのだが全部サーフィンとトレッキングだった。何だこれ?何なんだよ、死。





# by nopain-nogain | 2018-02-16 14:18 | 映像・音楽・本 | Comments(2)
iPhone写真とWindowsのタイムスタンプについて
iPhoneで撮った写真のタイムスタンプの仕様がバラバラで、整理ができない。一所懸命調べてやっと慣れた頃にiOSの更新が発生し、また仕様が変なふうに変わってしまう。

さらにWindowsのタイムスタンプも非常にわかりにくい。しかしWindowsは一度理解すればしばらく仕様変更しない。なので現時点のメモしておく。なお自分用のメモなので情報は正確ではない。

僕が管理するべきタイムスタンプは5つ。
・作成日時
・更新日時
・アクセス日時
・撮影日時
・日付時刻

作成日時は、作成した日時。コピーした場合、コピー元は不変でコピー先が変更。

更新日時は、内容編集などして上書きした場合に変更。

アクセス日時は、内容編集などして上書きした場合に変更。コピーした場合コピー元は不変、コピー先が変更。移動の場合、違うドライブに移動すると変更、同じドライブに移動すると不変。

撮影日時はカメラ・アプリのexif管理によるかな?基本的には写真撮った日時のはずだが、カメラによって動作が違うかも。いちばん発生しやすい例外は「撮影日時なし」かな。いろいろいじってるうちに撮影日時が消えてしまうことも多いので注意(消さないようにするのが疲れる)。

そして「日付時刻」だけは特別で、上記4つの代表的な扱い。写真の場合、まず撮影日時の値を取る。撮影日時が無い場合は作成or更新の古い方の値を取る。フォトショの場合は作成or更新の古い方の値を取る。txtファイルの場合は更新日時を取り、作成日時の値は参照しない。つまりファイル(拡張子)によって取る値がバラバラなので、一つ一つ調べるしか無い。しかもエクスプローラーやプロパティで表示されたり表示されなかったりするのだが、その条件が不明。これが表示されてる場合はソートなどで最優先されるらしい。これを表示する場合、毎回生成するので動作が遅くなるらしい。以上の条件からして日付時刻はユーザーが任意に変えられないはず。




ここまでのまとめ


・写真管理の場合は「撮影日付」を最も優先させる。ファイル名に日時を入れるのが確実だが、そうすると数が多すぎて管理が非常に難しい。あと連射だと1秒に数枚のファイルが発生するのでファイル名に時間を入れると並びが破綻する。

・普通の書類ファイルのタイムスタンプは、あまり気にしてない。なぜならファイル名に通し番号つけてて、内容には年月日を入れてるから。

・コピー時に「作成日よりも更新日が古い」という現象が容易に起こりうる。

・アプリによってどの日時を参考にしてるのか統一性がない。APIやISOでも推奨が見つからない。そのアプリごとに調べるしか無い。




d0002320_02382696.jpg
更新したならアクセスも変更されるべきだが、そうはならない。


d0002320_03105044.jpg
「日付時刻」は標準エクスプローラーで項目自体が表示されないこともある。条件不明。(フォルダ内が画像ファイルオンリーの場合だけ表示される??)


d0002320_02385326.jpg
アプリによって動作が変わる。自分にあった方法を探すしか無い。でもOSアップデートで根本から変わったりするので、死にたい。





つづくかも


# by nopain-nogain | 2018-02-16 02:23 | 道具 | Comments(0)
自分が消費者の立場に居ないことを知る
引っ越しに関係ある契約はもちろん、ついでにその他の契約もいったんリセットするためにイロイロ解約・契約をしている。

激安系は結局は損するので利用しない、もしくは確実に乗りこなせる商品だけ利用してる。これはリスク自己責任で失敗しても文句はない。しかし問題なのは、きちんとお金払ってるのに激安レベルの商品が多いこと。しかも一流企業までもが「からくり商法」になってる。これは困る。

僕のこれまでの契約は手堅く10年20年と続けてるので、最近のそういった「からくり」には接触がないし、寄ってきたものは徹底的に避けてる。必要なものは少々お金出しても正しい契約をしているし、買い物もほとんどネットか業者間で買ってる。なので、消費者目線になることがあまりなかった。

しかし今回引っ越しキッカケで久々に消費者市場に接し、世の中ってこんなことになってるのか、と驚く。久々にTV見るとショッピング番組の異常さに驚く。「いったいいつからこんな馬鹿げた商法が蔓延してるんだろう?」と疑問に想うのだが、即座に「そういうバカな商品を喜んで買う人が大勢いるから」という結論で合ってると想う。需要と供給。

中東かどこかの国で、国民全体がネットワークビジネスに熱くなり、国の経済が破綻した国があったな。いま日本もそれに近いよ。ポイント商法とかプレミアム会員とか実態のないものにお金や感情を動かすと、いずれ破綻する。「こんな簡単なことが解らない人達がどうして大勢いるのだろう?」っていう問いの答えは、ずっと見つからない。

お、めずらしく主張したな。やめた。

本当はどうでもいいの、他人なんて。あの人達がそれで良いならソレでいい。僕は、そういうからくり商売とその消費者から学ぶことによって、自分自身の商売が破綻しないように頑張ってる。

いま引っ越しで仕事ができない、仕事がしたい、仕事が楽しい。お客さんをガッカリさせたくない、喜んでもらいたい。そうしてるとリピータがつく。そして収入になる。僕もお客も満足できる。次の仕事につながる。こんな単純で素晴らしいサイクルに入れない人達がいまだに居るなんて・・・ってまた主張になった。やめよ。

ああー仕事できなくなって、あらためてこの仕事好きなんだな、って実感してる。幸せなことですよ。






この記事を書くキッカケは、強引に部屋に入ってくる営業とか、見積もりなのにいつのまにか正式契約にされてたりとか、ほとんど詐欺恐喝のレベルを有名企業がやってることにストレスと疑問を感じ、それを書きたかったんだけど。でも経営者目線と消費者目線の違いもあるしなぁ・・・という迷いから本文がブレた。だから途中で全消ししようとおもったが、あえて残そう。




# by nopain-nogain | 2018-02-13 14:20 | 引越し | Comments(6)
あまり写真
貼り忘れた写真など。

d0002320_14463868.jpg

d0002320_14463542.jpg




# by nopain-nogain | 2018-02-10 14:47 | カメラ・写真 | Comments(0)
ほしいもの
●仕事用チェア
365日ずっとデスクワークなのにいままで腰痛がなかったのがラッキーで。さいきんはケアしないと腰がシンミリする。というわけで自分にあった椅子を探してる。アーロンの豪華なやつは合わなかった。漫画家では有名なアーロンのポスチャーフィットとかいうシンプルで16万円のやつが良さそうだが、どこで試せる?試してみたい、でも高いなぁ。他に試乗して良かったのはデュオレスト4万円、これが一番の候補。いま椅子ないのでとりあえず3000円くらいので我慢しようか。腰に優しければいいのだ、だれか教えて。


●仕事用蛍光灯
天上のじゃなく、デスクライトみたいなやつ。手元をピンポイントで照らし、上から吊り下げのアーム式で、頭の左右で位置調整できて、演色性良いやつ。つまり理想は手術用の無影灯ライトなんだけど50万円とか。普通のZライトを天上から下げてみてはどうかな。だれか教えて。


●仕事部屋の仮眠布団
仕事部屋の床で寝るのが好き!でも今度の部屋は少し狭くなるから、どうしよう・・・って調べてみたら、漫画家や作家も仕事場の床で寝る人多いのな。そんで皆んな揃って「寝袋最高!」って言うの。だから僕も寝袋買おうとしてる。いいのか?!


●仕事用シロッコファン
いままで換気扇はプロペラ式だった、直噴できたから。こんどはダクトで取り回ししたいからシロッコファンだ、でもシロッコファンって性能詰めた使いかたしたことが無い。サイズも風量もわからない。プロペラ式でも静圧式ならダクト使えるらしい。勉強中。


●ベッドで寝ながら見れるモニターアーム
ヒキコモリの必需品。いままで硬い本棚からアーム伸ばして実現してた。こんどは取り外しができるようにしたいかな。ま、これは既製品がイロイロあるからゆっくり選べばいいか。


●乾燥機能付き洗濯機
いまの洗濯機壊れたらでいいか。もう異音してるけどな。


●エアコン3台
夏の繁忙期の前に買おう。


●仕事用・プリンタなどの棚
2x4で自作する予定。プリンタ6台あるからな。いつもの「早くやらなきゃ」って焦るんだけど、あっち行ってからでいいのに。アッチ行ったら時間たっぷり余るんだから。ついでにロフトも作る予定。


●仕事用・小部品の棚
20年間試行錯誤した結果。
d0002320_01020164.jpg
メタルラックはとても便利だったが、究極的に効率化された僕の動線には使いにくくなった。6個分のメタルラック。これは廃棄か、リサイクルに売る。


d0002320_00590482.jpg
結局、100円ショップのラックを天上まで連結させたのが一番良かった。ウチの商品数は1000を超え、仕事道具はその3倍以上あるのだが、目をつぶっててもどこに何があるか解る。欲しいものが一発でスパッと取れるし、一発でスッとしまえる。1ミリ単位で調整し1秒単位で効率化している。耐溶剤、耐湿気、加工できる、地震対策可、失敗したらそこだけ交換できる、どこでも売ってるなど。ただし似たようなラックがあるなかでも、このラックに限る。ほかのは強度が弱かったりで使えないのだ、そういう試行錯誤と失敗をくぐり抜けた、実用重視のプロフェッショナルな逸品。これを更に買い足す!


●レンタルトランク
欲しいものっていうか検討事案。1年に1回使うものとか万が一のために保管したい書類とかは、レンタルトランクに入れるのがいいよね。


●自炊用スキャナ
これは引越し前に買うかどうか悩んで悩みすぎて鬱になってたんだけど、友達が貸してくれた。使ってみて「もっと早く買うべきだった、悩んだ時間がもったいなかった」と知った。


●レンタルオフィス経営
シュレッダーとか高性能コピー機とかプロッターとかって、個人事業主は必須だけど常備じゃなくていいから、みんなで共有すればいいよね。だからレンタルオフィスを経営しようかと考えてる。友達が「コワーキングスペース良い」って言ってたのは、引越キッカケで、なるほどと理解した。あと特定商法なんとかのオフィス住所としても良いよね、いろいろ良いよね。共有するの。人脈にもなるし。


●産廃回収業者契約
毎日毎日、ゴミの仕分けが面倒。しかも分別ルールが間違ってるので正しい知識がある人にとって非常にやっかいでストレス。だったら産廃年間契約したほうがいいかな~まったくゴミのストレス無くなるし。まあ新居はゴミ業者が入ってて24Hゴミ出せるので、ストレスないかもな。


●番外・捨てたモノ
いろいろ捨てました。貧乏性なので「何かに使えるかも」というゴミ屋敷思考があるのですが、本当に必要なものだけでも結構な量なので。迷ったら写真を撮ると捨てることができました。


●余談
「1ミリ1秒の効率化」ってそこまで意識してやってるわけじゃない。しかし、なにかの拍子にちょっとズレただけでも「あれ?」ってなって、数秒のロスが出る。そんなときに「1ミリ1秒の効率化がいつのまにかできてるんだな」ってはじめて感じる。


つづく、かも。




# by nopain-nogain | 2018-02-09 00:54 | 道具 | Comments(3)
UPS-無停電電源装置とWindowsアップデートのリスク
引っ越しでイロイロ同時進行してたら、ついうっかり暖房や衣類乾燥機など一気に使ってしまい、過電流でブレーカーが落ちた。じぶんのミスでブレーカーを落とすのはこの部屋にきて初めてかな?つまり10年に1回あるかないか。慌ててPC確認するとUPSのおかげでPCは生きてる。そういえばUPSで延命するのも初めてかも。

さて、実際に「あと何分かあと何秒か、その短時間になにをすべきか?」って状況になって、入力中のデータを保存しアプリを終了させてアイドリング状態にした。そしてウィンドウズを正常終了させようとして、もっとも大切なリスクに気がついた。

もし、シャットダウンしたあと自動Windowsアップデートが始まったら、システム書き換えの最中にUPSバックアップが切れる可能性が高い。そしたらシステムの致命傷だ。UPSや雷など電源に不安があるときは、絶対にシャットダウンはしてはいけないということ。なんならPC動作中に物理的に電源コード抜いたほうがリスクが少ない。


d0002320_20291265.jpg
あともう一つ大切なのは、停電から復帰したときに家中の機材が一気に立ち上がろうとして、その過電流でブレーカー落ちる、という現象。これもPCには致命傷になる可能性がある。


d0002320_22345658.jpg
そういえばUPSを買ったのは2014年の雷で停電したのがキッカケ。それから一度もUPSに世話になったことはないかな。いちど雷で停電になったときがあったけど、そんときは雷がヤバイなと思って早めにPC電源落としてた。まま普段でも見えない瞬断は時々あるみたいだから、守ってくれてる安心感はあるよね。精神的に。


d0002320_22332108.jpg
ああそうだ、時間ができたらRAID組みたいな。定期バックアップしてるけど、HDDに対する精神的不安が大きいんだよね。データ保護というより精神安定のためにRAIDにしたい。




# by nopain-nogain | 2018-02-07 20:34 | 道具 | Comments(0)
貧乏だけど列に並ばない人生で良かった
僕は貧乏で心も卑しかった。自販機に手を突っ込んで取り忘れたお釣りを探してた。でも、行列に並ぶのは大嫌いだった。しかし今になって、貧乏から抜け出すためには行列に並ぶことは最も最悪の人生だということが、今になってよく分かる。同じ年齢の人が行列に並んでるのを観て、自分は自分の人生でほんとうに良かったと噛みしめる。

なぜ僕が行列にならぶことをしなかったのか、理由は解らない。


# by nopain-nogain | 2018-02-07 16:00 | 心理学 | Comments(0)
片栗粉の練習で餡かけニラ玉と、料理のブレイクスルー
猫舌なので餡かけ系は積極的に食べられないし、とうぜん作ることも無かったです。でも大量に余った片栗粉を捨てるのはもったいないので、片栗粉でとろみを付けるだけの練習をしました。

最初からレシピ通りにやったんだけど全然うまくできなくて。サラサラかダマか濁りになってしまう。あらためてネットでコツとかプロの動画をみて、5回位練習してやっと良い感じになった。結局いつものように、料理というより片栗粉(デンプン)の科学的な特徴を理解することで、上手くできるようになった。

で、いよいよ本番。ニラ玉を焼いて、丁寧に下処理した水溶き片栗粉を鍋に入れた瞬間「ピンポン!」で宅配便がきました。うー。しかたなくまた最初から作って、やっと完成。

d0002320_00440223.jpg
美味しくできた。ニラ玉が冷めていたせいか、トロットロの餡は猫舌の僕でも適温だった。



d0002320_00583291.jpg
ところで1年2年前はなかなか上手くできなかった料理だが、ここ最近はスッと成功するようになった。

今思い返すとあの頃は、クックパットの馬鹿な人たちに惑わされ、初心者向け料理本を買っても「適量」で、人間的な悪影響をウケてるのが良くなかった。その後、ネットでレシピを調べるにも信頼できる人(レシピ)を見分けられるようになってから、料理の成功率が上がった。

お酒もカメラも料理も仕事も「低レベルな人達の馴れ合い状態からいかに早く抜け出るか」がポイント。ってまぁいつも同じ結論になるよね。なにやるにしても一番大切なのは人間性だから。



# by nopain-nogain | 2018-02-07 01:10 | 飲む食べる | Comments(0)
よく見る夢のひとつ
よく見る夢は3つ有る。お母さんが出る嫌な夢と、口の中に陰毛が生える嫌な夢と、もう一つは「今いる住居の他に、忘れていたけどもう一つ別の場所に部屋がある」というちょっと嬉しい夢。

今の状況がそれ。旧居にいるのが当たり前だが、本当の住処はわりと立派な新居で、でもなぜか新居は自分の居場所じゃなく、別荘のような感覚。そのうえ新居があることをついつい忘れている時間が多い。そういう今。それは夢で見た感覚と似ている。

僕は小さい頃から「昨日と今日が同じではダメ。今日より明日は何かしら変化がないとダメ。それができないなら生きてる価値が無い」という強迫観念があった。記憶にあるかぎり幼稚園の時には確実にその感覚があった。

だから仕事も人間関係も生活基盤も、2年ごとに引っ越しを繰り返す人生だった、20代は。30代からは場所ではなく自分の内面を変化させることができたし、それをやりすぎて病気に固定された時期、その病気を武器に変える鍛錬も楽しくつづき、長くこの地に居た。この地に来たときと今では、自我は3週くらい廻って、全く別人。

しかし去年の夏くらいから変化やモチベーションが出せず鬱々としていて、今でも何かしらプレッシャーや劣等感を感じているのだが、新居という大変化があることを忘れている時間が多い。「何かやらなきゃ・・・あ、別の部屋があるんだった」これがよく見る夢のようである。

じゃあ新居に長くいると同じように焦燥感が襲ってくるのではないか?と考えると、何故かすでに格安の別荘(別部屋・別オフィス)を持とうとか、海外移住を考えてる。今度の新居は、居ながらにして外に出るベースになりうるという可能性を感じている。そういう柔軟性を持てたからこそ、持ち家を持つことに不安がない。20代のころなら場所が固定されることは死と同然と思っていたが、今は場所に固定されるほど自分が弱くない。それだけ自我が強くなった。それに今の場所と比べたら、いまよりも広がる感覚。

だからこのさきしばらくは変化の可能性に自信がある。が、小さい頃からなりたかった目標、趣味でお金を稼ぐ、平凡な人生は絶対ダメ、早起きや通勤はしたくない、時間に自由な生き方、そういった目標を全て達成した現在からすると、もひとつ上の大きい目標がたてにくい。

そういえば、よく見る夢で「明日会社行くのやだな」「遅刻ギリギリだけど起きるのやだな」っていうのはさいきん観なくなった。せっかく時間が自由なのに、ムダな夢だったなぁ。

あと「死んだら楽」っていうのは、ほぼ毎日。




「別の部屋があるのを忘れてた」っていう夢が現実になってる話でした。オチはない。




# by nopain-nogain | 2018-02-05 04:57 | 引越し | Comments(0)